コラム

恋の悩みはジュリエットに相談?

2011年02月16日(水)08時00分

 2月14日のバレンタインデー、みなさんはどう過ごされただろうか。毎年恒例だが、街を挙げてロマンチックに盛り上がったのがイタリア北部のベローナだ。

 「ベローナ・イン・ラブ」と銘打ち、街の広場には巨大なハートが現れ、街のシンボルであるランベルティの塔は真っ赤にライトアップされ、「アモーレ満載」のイベントやコンサートが開催された。というのもここは『ロミオとジュリエット』の舞台となった「愛の都」だから。地元当局もそのイメージ作りに力を入れているようだ。

 ジュリエットのモデルである娘の家(カプレティ家)は一般公開されており、有名なバルコニーやジュリエット像の前は多くの観光客でにぎわっている。この家に世界各国から、毎年5000通ものジュリエット宛ての手紙が届くのをご存知だろうか?

 そのほとんどが恋の悩みをつづっているのは予想通りとして、その一通一通に「ジュリエットの秘書」たちが返事を書いている、というのが面白い。イタリア語はもちろん英語やドイツ語、フランス語、スペイン語、日本語などに堪能なボランティアの女性たちが、すべての手紙と電子メールに返答しているという。彼女たちが属しているのは、市の援助を受ける「ジュリエットクラブ」という団体だ。

 そして毎年バレンタインデーには、1年間で最も魅力的な手紙に「Dear ジュリエット賞」が与えられる。手紙の中でどれだけ自分の感情を素直に表現したか、ジュリエットにどれほど親愛の情を抱いているかが評価されるそうだ。今年の受賞者は、イタリア人のバレンティーナ・ズィロッチ(19)、イギリス人のサラ・ジョージ(21)、アメリカ人のベス・ギレスピー(28)だった(下写真は受賞者3人と、ジュリエット宛てに届いた手紙)。

 「彼と出会ってから、彼のことを思わない時間は1時間もなかった。これっておかしい?」と書くギレスピーは、ニューヨークを離れてスペインで暮らそうかと考えているという。世界を知りたいし、新しい人々とも出会いたい。でもそれをいやがる母を置いてはいけない。私は長女だし......それにあなたも察している通り、ヨーロッパに行きたい大きな理由はイギリスにいる彼に近づけることだから......。

DSC01310_renamed_5868[1].jpg DSC01202_renamed_13048[1].jpg


 こんな手紙のやり取りを題材にしたのが、5月に日本公開される映画『ジュリエットからの手紙』(下写真)。ベローナを出発点としたクレア(バネッサ・レッドグレーブ)の初恋を探す旅、そしてソフィ(アマンダ・セイフライド)の現在進行形の恋が描かれる。

juliet_main[1].jpg

©2010 Summit Entertainment,LLC.All Rights Reserved.

 初恋探しなんて甘ったるい感傷といえなくもないし、結末が読めそうな展開であるのは確か。でも、イタリアの美しい景色と物語の軽快なテンポは心地よく、初夏の風のようにさわやかな作品だ。ソフィ役のセイフライドも、彼女に反発しながら引かれていくチャーリー役のクリストファー・イーガンも日本ではまだそれほど知名度が高くない。だからこそこの作品にはぴったり。

 かつて真実の愛と感じた愛なら、遅すぎることはありません――劇中、ソフィがジュリエットの秘書となってクレアに書いた手紙の言葉に素直にうなずけるのは、レッドグレーブのチャーミングさゆえか。

 ところで映画の冒頭、ジュリエット像の右胸に触れて写真を取る観光客の男性を見て「なんだ、あのエロオヤジは?」と思った――が、胸に触ると幸せになるとか、恋が成就するとかいう言い伝えがあるそうだ。

 恋に悩めるみなさんもジュリエットにアドバイスを求めてみては?


――編集部・大橋希

このブログの他の記事も読む


プロフィール

ニューズウィーク日本版編集部

ニューズウィーク日本版は1986年に創刊。世界情勢からビジネス、カルチャーまで、日本メディアにはないワールドワイドな視点でニュースを読み解きます。編集部ブログでは編集部員の声をお届けします。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ロ朝が包括戦略条約、有事に相互支援 プーチン氏24

ビジネス

英CPI、5月は3年ぶり2%目標回帰 基調圧力なお

ワールド

マレーシアと中国、経済協力協定更新 デジタル経済な

ワールド

イスラエル、戦争法規違反の可能性 国連が報告書
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...ウクライナがドローン「少なくとも70機」で集中攻撃【衛星画像】

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 6

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 7

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 8

    「多くが修理中」ロシア海軍黒海艦隊の3分の1が「戦…

  • 9

    中国不動産投資は「さらに落ち込む」...前年比10.1%…

  • 10

    今回の東京都知事選を「イロモノ」の祭典にしないた…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 4

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 10

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story