コラム

恋の悩みはジュリエットに相談?

2011年02月16日(水)08時00分

 2月14日のバレンタインデー、みなさんはどう過ごされただろうか。毎年恒例だが、街を挙げてロマンチックに盛り上がったのがイタリア北部のベローナだ。

 「ベローナ・イン・ラブ」と銘打ち、街の広場には巨大なハートが現れ、街のシンボルであるランベルティの塔は真っ赤にライトアップされ、「アモーレ満載」のイベントやコンサートが開催された。というのもここは『ロミオとジュリエット』の舞台となった「愛の都」だから。地元当局もそのイメージ作りに力を入れているようだ。

 ジュリエットのモデルである娘の家(カプレティ家)は一般公開されており、有名なバルコニーやジュリエット像の前は多くの観光客でにぎわっている。この家に世界各国から、毎年5000通ものジュリエット宛ての手紙が届くのをご存知だろうか?

 そのほとんどが恋の悩みをつづっているのは予想通りとして、その一通一通に「ジュリエットの秘書」たちが返事を書いている、というのが面白い。イタリア語はもちろん英語やドイツ語、フランス語、スペイン語、日本語などに堪能なボランティアの女性たちが、すべての手紙と電子メールに返答しているという。彼女たちが属しているのは、市の援助を受ける「ジュリエットクラブ」という団体だ。

 そして毎年バレンタインデーには、1年間で最も魅力的な手紙に「Dear ジュリエット賞」が与えられる。手紙の中でどれだけ自分の感情を素直に表現したか、ジュリエットにどれほど親愛の情を抱いているかが評価されるそうだ。今年の受賞者は、イタリア人のバレンティーナ・ズィロッチ(19)、イギリス人のサラ・ジョージ(21)、アメリカ人のベス・ギレスピー(28)だった(下写真は受賞者3人と、ジュリエット宛てに届いた手紙)。

 「彼と出会ってから、彼のことを思わない時間は1時間もなかった。これっておかしい?」と書くギレスピーは、ニューヨークを離れてスペインで暮らそうかと考えているという。世界を知りたいし、新しい人々とも出会いたい。でもそれをいやがる母を置いてはいけない。私は長女だし......それにあなたも察している通り、ヨーロッパに行きたい大きな理由はイギリスにいる彼に近づけることだから......。

DSC01310_renamed_5868[1].jpg DSC01202_renamed_13048[1].jpg


 こんな手紙のやり取りを題材にしたのが、5月に日本公開される映画『ジュリエットからの手紙』(下写真)。ベローナを出発点としたクレア(バネッサ・レッドグレーブ)の初恋を探す旅、そしてソフィ(アマンダ・セイフライド)の現在進行形の恋が描かれる。

juliet_main[1].jpg

©2010 Summit Entertainment,LLC.All Rights Reserved.

 初恋探しなんて甘ったるい感傷といえなくもないし、結末が読めそうな展開であるのは確か。でも、イタリアの美しい景色と物語の軽快なテンポは心地よく、初夏の風のようにさわやかな作品だ。ソフィ役のセイフライドも、彼女に反発しながら引かれていくチャーリー役のクリストファー・イーガンも日本ではまだそれほど知名度が高くない。だからこそこの作品にはぴったり。

 かつて真実の愛と感じた愛なら、遅すぎることはありません――劇中、ソフィがジュリエットの秘書となってクレアに書いた手紙の言葉に素直にうなずけるのは、レッドグレーブのチャーミングさゆえか。

 ところで映画の冒頭、ジュリエット像の右胸に触れて写真を取る観光客の男性を見て「なんだ、あのエロオヤジは?」と思った――が、胸に触ると幸せになるとか、恋が成就するとかいう言い伝えがあるそうだ。

 恋に悩めるみなさんもジュリエットにアドバイスを求めてみては?


――編集部・大橋希

このブログの他の記事も読む


プロフィール

ニューズウィーク日本版編集部

ニューズウィーク日本版は1986年に創刊。世界情勢からビジネス、カルチャーまで、日本メディアにはないワールドワイドな視点でニュースを読み解きます。編集部ブログでは編集部員の声をお届けします。

ニュース速報

ワールド

感染再拡大の兆しあれば適切に措置、五輪でも同様=加

ビジネス

前場の日経平均は大幅続落、早期の米利上げ思惑でリス

ワールド

日米韓、北朝鮮巡りきょう協議 米特使が訪韓

ワールド

米・アフガン両大統領が25日に会談、タリバンは「無

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代わりに飲み始めたものとは?

  • 2

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 5

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 6

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 7

    本気で国の未来をビットコインに賭けたウクライナ...…

  • 8

    ディズニー映画から「本物の悪役」が姿を消したのは…

  • 9

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 10

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 3

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 4

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 5

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 6

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 9

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 10

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 8

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 9

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 10

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中