コラム

アキノはフィリピン大統領の器か

2010年05月11日(火)18時03分

 初の電子投票で行われたフィリピン大統領選は、故コラソン・アキノ大統領の息子、ベニグノ・アキノ上院議員が当選しそうだ。

 経済でも貧困撲滅でもなく汚職防止を第一目標に掲げたアキノが圧勝しそうなのは、9年半という長期に及んだアロヨ政権が、経済運営では01年から08年までの平均成長率5・1%というそれなりの成績を残しながら、フィリピンの宿痾とも言うべき汚職で何ら有効な手立てを打てなかったことをはっきりと示している。

 NGOの世界汚職ランキング調査によると、アロヨが副大統領から大統領に昇格した01年のフィリピンの順位は65位だった。それが正式に大統領に当選した04年は102位、09年は139位と年々悪化の一途をたどってきた。

 両親がマルコス長期独裁政権と戦ったアキノに、フィリピン国民が政界浄化を期待するのは分かる。だが政治的にクリーンであることと、国家を指導する能力とは必ずしも一致しない。

 アキノは98年に下院議員に当選して政界入りするまで会社員などとして過ごし、87年のクーデター未遂事件で5発の銃弾を受けた以外、目立った経歴はなかった。下院、そして上院議員に当選したあともこれと言った実績はなく、昨年8月の母コラソンの死去で急きょ野党自由党の大統領候補に浮上した。

 フィリピン紙マニラ・スタンダード・トゥデーの記者ジョジョ・ロブレスはコラムの中で、ビジネスマンとしてのアキノを知り、今も公式には彼を支援する人物の話を引用して、その政権運営能力を疑問視している。


 広まっているアキノのビジネスマンとして印象は、決断を避けたがる人物、ということだ。「彼は決断をしたがらない人物に見えた」と、ニュースソースは言う。「彼はたいてい他人に決断を譲り、そして『副産物』を待っていた」  

 つまりはこういうことさ、とニュースソースは言った。「要するに最も一緒に働きたくない種類の人物ということ。もし彼が勝ったら、誰か他の人物に『手綱』を握ってもらいたいね。さもないと、とんでもないトラブルに巻き込まれてしまう」

 日本では報じられていないが、選挙期間中、アキノはライバルのビリヤール陣営から「79年に精神鑑定を受けた」と指摘されていた(鑑定を担当したとされた心理学者がのちに否定)。

 精神鑑定は眉唾だとしても、こんな話が選挙のネタになるのは、アキノの大統領としての適性に対して有権者が大なり小なり不安感を抱えているからだろう。コラソンは政治手腕がないに等しい大統領だったが、フィリピンの民主化を進めるという時代の役割は果たした。だが現在のフィリピンは24年前とは違う。

 不安を感じながらも、民主化革命の立役者の死という勢いに乗ってその息子を大統領に押し上げてしまう――フィリピンの国民性は、マルコス政権と戦った政治家の妻だったというだけでコラソンを大統領にした86年当時と、あまり変わっていない。

 電子投票というデジタルな手法が取り入れられた選挙だったが、フィリピンという国の中身は相変わらずアナログなままらしい。

――編集部・長岡義博

プロフィール

ニューズウィーク日本版編集部

ニューズウィーク日本版は1986年に創刊。世界情勢からビジネス、カルチャーまで、日本メディアにはないワールドワイドな視点でニュースを読み解きます。編集部ブログでは編集部員の声をお届けします。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ロ朝が包括戦略条約、有事に相互支援 プーチン氏24

ビジネス

英CPI、5月は3年ぶり2%目標回帰 基調圧力なお

ワールド

マレーシアと中国、経済協力協定更新 デジタル経済な

ワールド

イスラエル、戦争法規違反の可能性 国連が報告書
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...ウクライナがドローン「少なくとも70機」で集中攻撃【衛星画像】

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 6

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 7

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 8

    「多くが修理中」ロシア海軍黒海艦隊の3分の1が「戦…

  • 9

    中国不動産投資は「さらに落ち込む」...前年比10.1%…

  • 10

    今回の東京都知事選を「イロモノ」の祭典にしないた…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 4

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 10

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story