コラム

サルコジW不倫騒動のお粗末バトル

2010年04月07日(水)11時00分

 フランスのサルコジ大統領夫妻がW不倫疑惑、との話題がヨーロッパのメディアを騒がせたのはつい数週間前のこと。サルコジの相手は環境相で空手の国内チャンピオンでもあるシャンタル・ジュアノ、奥さんのカーラ・ブルーニが夢中になっているのは有名歌手のバンジャマン・ビオレ、と、ちょっと聞いただけでも嘘くさい話に尾ひれがついて広がった。噂の出どころはオモシロ半分のツイッターの記述だったという。

 あまりのばかばかしさにコメントする価値もない、とマスコミの追及にも無視を決め込んでいたサルコジだが、イライラしていたことは間違いない。先日、サルコジは「根も葉もないうわさを広めた」としてある人物に報復措置(!)を取ったという。その人物とは、サルコジ政権のスター閣僚だったラシダ・ダティ元司法相だ。

 ダティはモロッコ出身の父親とアルジェリア出身の母親の間に生まれた移民2世。ヨーロッパ系以外の移民としては初めての入閣で注目を浴びたので、若くて写真栄えする黒髪のダティに見覚えのある人も多いだろう。その後も強引な手法で司法改革を進めたり高価なオートクチュール好きで批判を集めたり、と話題には事欠かなかった。09年には父親が誰かを明かさずに独身のまま女児を出産、その5日後に公務に復帰して物議を醸した。ダティを重用したサルコジも次第に彼女を疎ましく思うようになったようで、ダティは09年6月の欧州議会選挙への出馬をきっかけに司法相を辞任した。

 そのダティが、W不倫騒動の噂の元凶だとサルコジは決めてかかったらしい。英デイリー・メール紙によれば、3月14日、仏地方選挙の第1回投票で与党惨敗のニュースを見ていたサルコジは、テレビでダティがサルコジ批判をするのを目にし、不倫騒動の件での疑惑も相まって怒りを爆発させたという。その場で警視総監に電話をかけ、今すぐダティから運転手付き公用車と公費のボディーガードを取り上げろ、と命令した。まだテレビ局のスタジオにいるうちに命令を受けたボディーガードの1人は、ダティにこう言ったという。「すみませんマダム、帰らなければいけないんです――上からの命令で」。

 信憑性のかけらもなかった噂も噂だが、サルコジの対応も小さい。根も葉もないW不倫のストーリーは、ものすごく低レベルな形で終結したようだ。

――編集部・高木由美子

このブログの他の記事も読む

プロフィール

ニューズウィーク日本版編集部

ニューズウィーク日本版は1986年に創刊。世界情勢からビジネス、カルチャーまで、日本メディアにはないワールドワイドな視点でニュースを読み解きます。編集部ブログでは編集部員の声をお届けします。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ニューカレドニアの非常事態宣言、28日解除へ 仏大

ワールド

南ア大統領、総選挙控え雇用対策など強調 与党の求心

ワールド

フーシ派が100人超の「囚人」解放、誘拐された民間

ビジネス

インフレ予想押し上げには成功、2%にアンカーする必
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 2

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 3

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 4

    カミラ王妃が「メーガン妃の結婚」について語ったこ…

  • 5

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    胸も脚も、こんなに出して大丈夫? サウジアラビアの…

  • 10

    少子化が深刻化しているのは、もしかしてこれも理由?

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 5

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 6

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃…

  • 7

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 8

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 9

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 10

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像を…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story