コラム

GW、空港全身スキャンの心構え

2010年04月27日(火)17時05分


 4月26日、国交省は海外の空港で導入が加速している新型の「全身スキャナー」の日本での実用化に向け、課題を話し合うための専門家による初会合を開催した。成田空港では7月から約1カ月間、全身スキャナーの実証実験が行なわれる予定。だが乗客がブースに入ると衣服の下まで透視できるこの装置に対しては、「乗客の裸同然の画像を撮るなんてプライバシーの侵害だ」という批判も強い。

 日本での導入はまだでも、海外に行けば一足先にスキャナーデビューする可能性がある。GWに海外旅行を計画している人も多いはず。事実上の「ストリップ検査」と言われるだけに、ちょっとは心の準備が必要かと思い調べてみると・・・・・・。

 現在、全身スキャナーが導入されているのはオランダのスキポール空港(アムステルダム)、イギリスのヒースロー国際空港(ロンドン)とマンチェスター空港、フランスのシャルル・ド・ゴール国際空港(パリ)、イタリアのレオナルド・ダビンチ空港(ローマ)、カナダのピアソン国際空港(トロント)とバンクーバー国際空港など。これらの空港ではアメリカ行きの便に限って全身スキャナーを用いる場合がほとんどで、主要な検査としてではなく副次的に用いたりと、あらゆる乗客がスキャナーを通るということではないようだ。

 一方で、アメリカではこのスキャナーに出会う可能性が高くなる。米運輸保安局(TSA)によると、2010年3月時点でアメリカ国内で新型スキャナーを使用している空港の数は23に上る(来年末までに新たに1000台を購入予定)。だがアメリカの空港では、全身スキャナーの通過は乗客が任意に選べて強制ではなく、全身スキャナーの代わりに従来のように検査員の手による身体検査を選ぶこともできる(TSAによると、乗客の98%以上がスキャナーを選ぶ)。

 検査の仕方は従来の金属探知ゲートとそれほど変わらず、違うのはゲートの中で手を挙げて数秒間静止することくらい。そんなに構える必要はないのか――と思いきや、スキャナー体験者の話を聞くとそれほど単純ではないらしい。スキャナーに入って「アヤシイ」とされるのは、どうやらテロリストだけではないからだ。

 ジャーナリストのサンドラ・フィッシュが米政治ニュースサイト「ポリティクス・デイリー・ドットコム」に寄稿した体験談には、ギョッとするような事実が書かれていた。今年2月、米デンバー国際空港でフィッシュの身に起きた出来事を引用すると――。


 デンバー国際空港で従来のスキャナーを通過すると、TSAの男性職員が透明で円筒状の全身スキャナー(ミリ波を使用)に入るよう指示してきた。女性職員が、黄色の足跡の上に立って両腕を頭の上に挙げるようにと告げ、ヘッドセットのマイクにスキャン開始をささやいた・・・・・・彼女は私に、回転して緑の足跡の上に立ち、両腕を広げるようにと言った。もう1度スキャン。

 彼女は私に、スキャナーから出て少し待つようにと告げた。どこかの秘密の部屋で、ジーンズもカーディガンもタートルネックもすべて脱がされた私の体の映像を見ている誰かの言葉を待つようにと。うーむ。

 次に彼女は何かを調べると言って、手を使って私の左の乳房と胸郭を徹底的に捜査し始めた。

 実はフィッシュの左胸は、6年前の乳癌の術後に皮膚の移植とシリコンバッグで復元されたものだったのだ。


 私はこの女性職員に、自分の胸は乳癌の手術後に移植したものだと話した。彼女はこの情報を、マイクを通して見えない誰かに告げた。その数秒後、彼女は私を行かせてくれた。


 全身スキャナーに対する批判としては、肌の露出を避けるムスリム女性から裸同然の画像を得ることによる人権侵害や、衣服の下まで透視することで人工肛門や成人用のおむつ、ボディーピアスや豊胸まで露出させるという懸念が挙げられてきた。フィッシュの身に起きたことはこうした懸念が現実化した例にすぎないものの、実際の体験談は想像以上に生々しい。フィッシュによると、フィラデルフィアの空港でシャツをまくって人工肛門を露出させられた男性もいるという。

 たしかに、保安検査員が乗客の衣服の下にまで目を光らせたくなる気持ちも分かる。各空港が全身スキャナーの導入を加速させたきっかけは、昨年クリスマスに起きた「パンツ爆弾」による米航空機爆破テロ未遂事件だ。さらにイギリスの治安当局者は、国際テロ組織アルカイダの自爆テロ志願者の女性たちが、豊胸手術と同様の手法で胸部に爆発物を埋め込む手術を受けたことを示す情報をつかんでいるという。

 フィッシュの担当医が「自分の患者からこのような体験談を聞いたのは初めてだ」と言うように、ここで紹介したのは稀なケースなのかもしれない。その一方で、スキャン後の乗客がむやみに止められる可能性も否定できない。シカゴ・トリビューンによると、女性の生理用ナプキンでさえスキャン画像に映し出されるらしいのだ(こうした場合は、TSA職員が乗客に「危険がないか」を確認するという。 「アヤシイ」人でも自己申告で検査を突破できるなんて、その効果の方がよっぽど怪しそうなものだが)。

 やはり、心構えをしておくに越したことはなさそうだ。スキャナーで止められたときに、「これは○○です」と英語で説明できるくらいの準備は。

――編集部・小暮聡子

関連記事:乗客を丸裸にする全身スキャナー

 このブログの他の記事を読む

プロフィール

ニューズウィーク日本版編集部

ニューズウィーク日本版は1986年に創刊。編集コンセプトは、世界と日本をさまざまな視点から見つめる「複眼思考」。編集部ブログでは国際情勢や世界経済、海外エンターテインメントの話題を中心に、ネットの速報記事や新聞・テレビではつかみづらいニュースの意味、解説、分析、オピニオンなどを毎日お届けしていきます。

ニュース速報

ビジネス

アングル:不正操作疑惑の恐怖指数、AIなど改善策導

ビジネス

焦点:米国、日本の自動車輸出削減・現地生産拡大を非

ワールド

焦点:米関税免除の代償に苦しむ韓国鉄鋼界、日本と明

ワールド

米司法副長官、トランプ大統領の解任発動提案 秘密録

MAGAZINE

特集:リーマンショック10年 危機がまた来る

2018-9・25号(9/19発売)

貿易戦争、新興国の通貨急落、緩和バブル崩壊...... 世界経済を直撃した未曽有の危機が再び人類を襲う日

人気ランキング

  • 1

    米関税免除の成功に沸いた韓国鉄鋼界 代償の割り当て枠で苦境、日本と明暗

  • 2

    沈みゆく船を見切ったアリババ会長ジャック・マーが電撃退任

  • 3

    中国婚活ブームの意外な仕掛け人は共産党

  • 4

    北方領土をめぐって交錯する日本とロシアの思惑

  • 5

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 6

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

  • 7

    沖縄県知事選挙に吹く、新しい風

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 10

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃…

  • 1

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度と戻らない状態に

  • 4

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

  • 5

    整形、年齢詐称、生存競争......中国ストリーミング…

  • 6

    酸攻撃に遭い地獄を見た女性「誰にも醜いとは言わせ…

  • 7

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 8

    自爆少女たちは爆弾と知らずに吹き飛ばされていた

  • 9

    中国、火鍋からネズミの死骸が出て株価暴落、損失1.9…

  • 10

    『アンネの日記』から明かされた「下ネタ」でアンネ…

  • 1

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 2

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 3

    絶対に手を出さないで――死に追い込むゲーム『モモ自殺チャレンジ』が無料サイトに登場し不安広まる

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    中国、火鍋からネズミの死骸が出て株価暴落、損失1.9…

  • 6

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 7

    性拷問、昏睡死......北朝鮮・外国人拘束のあこぎな…

  • 8

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 9

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 10

    ペットボトル入りミネラルウォーターの9割にプラスチ…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!