コラム

GW、空港全身スキャンの心構え

2010年04月27日(火)17時05分


 4月26日、国交省は海外の空港で導入が加速している新型の「全身スキャナー」の日本での実用化に向け、課題を話し合うための専門家による初会合を開催した。成田空港では7月から約1カ月間、全身スキャナーの実証実験が行なわれる予定。だが乗客がブースに入ると衣服の下まで透視できるこの装置に対しては、「乗客の裸同然の画像を撮るなんてプライバシーの侵害だ」という批判も強い。

 日本での導入はまだでも、海外に行けば一足先にスキャナーデビューする可能性がある。GWに海外旅行を計画している人も多いはず。事実上の「ストリップ検査」と言われるだけに、ちょっとは心の準備が必要かと思い調べてみると・・・・・・。

 現在、全身スキャナーが導入されているのはオランダのスキポール空港(アムステルダム)、イギリスのヒースロー国際空港(ロンドン)とマンチェスター空港、フランスのシャルル・ド・ゴール国際空港(パリ)、イタリアのレオナルド・ダビンチ空港(ローマ)、カナダのピアソン国際空港(トロント)とバンクーバー国際空港など。これらの空港ではアメリカ行きの便に限って全身スキャナーを用いる場合がほとんどで、主要な検査としてではなく副次的に用いたりと、あらゆる乗客がスキャナーを通るということではないようだ。

 一方で、アメリカではこのスキャナーに出会う可能性が高くなる。米運輸保安局(TSA)によると、2010年3月時点でアメリカ国内で新型スキャナーを使用している空港の数は23に上る(来年末までに新たに1000台を購入予定)。だがアメリカの空港では、全身スキャナーの通過は乗客が任意に選べて強制ではなく、全身スキャナーの代わりに従来のように検査員の手による身体検査を選ぶこともできる(TSAによると、乗客の98%以上がスキャナーを選ぶ)。

 検査の仕方は従来の金属探知ゲートとそれほど変わらず、違うのはゲートの中で手を挙げて数秒間静止することくらい。そんなに構える必要はないのか――と思いきや、スキャナー体験者の話を聞くとそれほど単純ではないらしい。スキャナーに入って「アヤシイ」とされるのは、どうやらテロリストだけではないからだ。

 ジャーナリストのサンドラ・フィッシュが米政治ニュースサイト「ポリティクス・デイリー・ドットコム」に寄稿した体験談には、ギョッとするような事実が書かれていた。今年2月、米デンバー国際空港でフィッシュの身に起きた出来事を引用すると――。


 デンバー国際空港で従来のスキャナーを通過すると、TSAの男性職員が透明で円筒状の全身スキャナー(ミリ波を使用)に入るよう指示してきた。女性職員が、黄色の足跡の上に立って両腕を頭の上に挙げるようにと告げ、ヘッドセットのマイクにスキャン開始をささやいた・・・・・・彼女は私に、回転して緑の足跡の上に立ち、両腕を広げるようにと言った。もう1度スキャン。

 彼女は私に、スキャナーから出て少し待つようにと告げた。どこかの秘密の部屋で、ジーンズもカーディガンもタートルネックもすべて脱がされた私の体の映像を見ている誰かの言葉を待つようにと。うーむ。

 次に彼女は何かを調べると言って、手を使って私の左の乳房と胸郭を徹底的に捜査し始めた。

 実はフィッシュの左胸は、6年前の乳癌の術後に皮膚の移植とシリコンバッグで復元されたものだったのだ。


 私はこの女性職員に、自分の胸は乳癌の手術後に移植したものだと話した。彼女はこの情報を、マイクを通して見えない誰かに告げた。その数秒後、彼女は私を行かせてくれた。


 全身スキャナーに対する批判としては、肌の露出を避けるムスリム女性から裸同然の画像を得ることによる人権侵害や、衣服の下まで透視することで人工肛門や成人用のおむつ、ボディーピアスや豊胸まで露出させるという懸念が挙げられてきた。フィッシュの身に起きたことはこうした懸念が現実化した例にすぎないものの、実際の体験談は想像以上に生々しい。フィッシュによると、フィラデルフィアの空港でシャツをまくって人工肛門を露出させられた男性もいるという。

 たしかに、保安検査員が乗客の衣服の下にまで目を光らせたくなる気持ちも分かる。各空港が全身スキャナーの導入を加速させたきっかけは、昨年クリスマスに起きた「パンツ爆弾」による米航空機爆破テロ未遂事件だ。さらにイギリスの治安当局者は、国際テロ組織アルカイダの自爆テロ志願者の女性たちが、豊胸手術と同様の手法で胸部に爆発物を埋め込む手術を受けたことを示す情報をつかんでいるという。

 フィッシュの担当医が「自分の患者からこのような体験談を聞いたのは初めてだ」と言うように、ここで紹介したのは稀なケースなのかもしれない。その一方で、スキャン後の乗客がむやみに止められる可能性も否定できない。シカゴ・トリビューンによると、女性の生理用ナプキンでさえスキャン画像に映し出されるらしいのだ(こうした場合は、TSA職員が乗客に「危険がないか」を確認するという。 「アヤシイ」人でも自己申告で検査を突破できるなんて、その効果の方がよっぽど怪しそうなものだが)。

 やはり、心構えをしておくに越したことはなさそうだ。スキャナーで止められたときに、「これは○○です」と英語で説明できるくらいの準備は。

――編集部・小暮聡子

関連記事:乗客を丸裸にする全身スキャナー

 このブログの他の記事を読む

プロフィール

ニューズウィーク日本版編集部

ニューズウィーク日本版は1986年に創刊。編集コンセプトは、世界と日本をさまざまな視点から見つめる「複眼思考」。編集部ブログでは国際情勢や世界経済、海外エンターテインメントの話題を中心に、ネットの速報記事や新聞・テレビではつかみづらいニュースの意味、解説、分析、オピニオンなどを毎日お届けしていきます。

MAGAZINE

特集:日本人が知らない自動運転の現在地

2019-2・19号(2/12発売)

都市と暮らしと経済を根本から変えるテクノロジー 自律走行車の完成が間近まで迫っている

人気ランキング

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーンの妻たち

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 5

    女性に挨拶もできやしない!? でもやっぱり「職場で…

  • 6

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 7

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 8

    日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──…

  • 9

    「自分はゴミだと信じていた」里子が、グラミー賞ノ…

  • 10

    『ボヘミアン・ラプソディ』動員1000万人目前! 放…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

  • 5

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 6

    「英国を丸裸にするEU離脱はもう止めて」ケンブリッ…

  • 7

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 8

    南極の氷河の下に巨大な空洞が発見される

  • 9

    地球温暖化で鳥類「血の抗争」が始まった──敵を殺し…

  • 10

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐待の日々

  • 4

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 7

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 8

    恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

  • 9

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 イン…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!