コラム

ブラウンはブレアにはめられた?

2010年03月09日(火)11時00分

 3月5日、ゴードン・ブラウン英首相が03年のイラク戦争への参戦決定のプロセスを検証する独立調査委員会の公聴会で証言した。この公聴会にはトニー・ブレア前首相も1月29日に出席し、参戦を「後悔していない」と自信たっぷりに語っていた。

 ブラウンも、ブレア政権時代のナンバー2として責任が追及されたうえ、戦死者の遺族からは財務相として「十分な資金を提供しなかったために、兵士を危険にさらした」との批判にさらされている。

 ブラウンは公聴会で自身の決定の正当性を主張したが、6月までに行われる総選挙への影響は避けられないだろう。一時期ほどではないにしろ、現時点では野党・保守党に支持率でリードされている状況は変わっていない。そもそもブラウンの証言は総選挙後に行われる予定だったが、委員会の予定変更によってこの日の登場となった。

 そんなピンチのブラウンを尻目に前日の3月4日、ブレアが自身の政治生活を綴った『The Journey』を9月に出版することが発表された。契約金は数百万ポンドにもなると言われる、ベストセラー間違いなしの回顧録だ。

 この回顧録、07年にはすでに出版が決定していたが、すでにそのときから今年の総選挙が終わるまでは発売されないだろうと見られていた。その理由の1つは、この回顧録では長年イギリスでは噂され続けてきたブレアとブラウンの「政権禅譲密約」について語られると見られていたことだ。

 野党時代のブレアとブラウンはどちらも83年に初当選した「同期」ということもあって、一時は事務所を共有するほどの盟友だったという。そんな2人が94年に当時の労働党党首ジョン・スミスの急死を受けて結んだとされるのが、噂される密約だ。当時は次期党首の最有力候補だったブラウンが党首選に出馬せず、ブレア支持に回るのと引き換えに、ブレアが政権を取れば2期目にはブラウンにその座を譲るというものだった。

 結局、この密約はブレアが2期目の途中で政権を譲らずにブラウンの不満を招き(07年には辞任してブラウンが跡を継いだが)、2人の間に確執を生むことになったと言われている。そのあたりの事情が、ブレアの回顧録でどう語られるのかは分からないが、実際にブレアはかつてブラウンと確執があったことを認めている。ブラウンも今年2月のテレビ番組で、密約の存在を認めた。

 10年にもわたって首相を務め、引退後も講演会に回顧録出版にとボロ儲けのブレアと、なんだか貧乏くじを引かされたような形のブラウン。さすがに密約を結んだ時点でブレアがこんな未来を予想していたわけではないだろうが、2人を見ているとうまく世の中の流れを自分の下に引き寄せられるかどうかも政治家の力量なのだと思わずにいられない。


このブログの他の記事も読む

プロフィール

ニューズウィーク日本版編集部

ニューズウィーク日本版は1986年に創刊。世界情勢からビジネス、カルチャーまで、日本メディアにはないワールドワイドな視点でニュースを読み解きます。編集部ブログでは編集部員の声をお届けします。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

韓国LGエナジー、24年売上高見通し引き下げ EV

ワールド

北朝鮮のごみ風船、飛行機の離発着に影響 建物屋上で

ビジネス

日産、今期営業益5000億円に下方修正 販売は予想

ビジネス

英当局、ファイザーの新型コロナワクチン承認 JN.
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに
  • 4
    【夏休み】お金を使わないのに、時間をつぶせる! 子…
  • 5
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 6
    日本の若者はなぜ結婚をしなくなったのか? 「不本意…
  • 7
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 8
    年金財政は好転へ...将来は「年金増額」の可能性大な…
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    中国の一帯一路構想の象徴だった「フォレストシティ…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 10
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 6
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 9
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 10
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story