コラム

「行き過ぎた円安」の修正、更に続く可能性

2022年08月03日(水)15時00分

今年5月、G7サミットでの黒田日銀総裁...... REUTERS/Thilo Schmuelgen

<最近の大幅な円高の動きをみると、7月まで不確実に為替市場が動いた中で、日本銀行の徹底した金融緩和維持の対応が妥当であったとことが、改めて評価されるだろう......>

為替市場において、7月中旬に一時1ドル139円まで円安ドル高が進んだ後、月末までに大きく円高に動いた。そして今週8月に入ってから、一時1ドル130円台まで円高が進む場面があった。

円高ドル安のきっかけは、7月27日のFOMC(米連邦公開市場委員会)で、FRB(米連邦準備理事会)による利上げが早々に打ち止めになるとの期待が高まったことで、実際FOMC後に米長期金利が一時大きく低下した。ただ、ユーロドルをみると、FOMC後にユーロドルはややドル安になった程度で、為替市場全体で「ドル安期待」が大きく強まったようには思われない。

一方、日本側で円高要因を探しても、明確な材料は思い当たらない。なお、株式市場では、米国株は7月後半に大きく上昇しており、日本株は7月後半からほぼ横ばいで推移している。株式市場における資金フローの動きは、むしろドル高方向に作用している可能性がある。

日本銀行が金融緩和の修正を迫られるとの見方が強まったが......

7月後半の大幅な円高ドル安は、米国の長期金利低下とともに進んでいる。一方で、春先からのドル円と米長期金利の関係を遡り振り返ると、3月初旬には115円付近だったドル円が、6月初旬の135円付近まで約20円ドル高円安に動いた。この時までは、米10年金利は1.7%付近から3.5%まで上昇しており、米金利上昇によってドル高円安はかなり説明できた。

その後、米国金利は6月中旬にピークをつけ、原油安などでインフレ期待の低下をうけて低下した。一方ドル円は、7月中旬まで139円台までドル高円安が進み、米金利と方向性が異なる動きをみせており、米金利では説明できない円安が進んだ。

7月中旬まで、ドル高円安が続いた理由ははっきりしない。為替市場で時折観測されるバンドワゴン効果によって、自己実現的な円安期待が強まり1ドル140円に迫るまで円安が進んだとみられる。自己実現的な円安期待が強まった一つの要因は、メディア等で報じられているとおり、日本銀行が現行の金融緩和(YCC、イールドカーブコントロール)の修正を迫られ、日本の長期金利が上昇するとの見方が、海外投資家を中心に強まったことがあるだろう。

実際には、日本銀行が現行の金融緩和を徹底する姿勢は春先からほとんど揺らいでいないのだが、米欧の金利上昇の後追いで、日本の長期金利も上昇するとのシナリオに賭けるポジションが積み上がっていたとみられる。そして、日本の長期金利上昇に期待した投資家は、同時に円安が進むとの見通しを持っていたとみられ、この思惑が7月中旬までの自己実現的なドル高円安を後押しした可能性がある。

ただ、日本銀行の金融緩和への姿勢が全く揺るがないことが明らかになり、「年内にYCC政策の変更」を予想していた数少ない日銀ウォッチャーが見通しを修正する中で、海外投資家を中心に日本の長期金利上昇に賭けるポジションを維持することが難しくなったとみられる。

そして、日本銀行の金融緩和撤廃を促す、「自己実現的な円安が続く」との期待が剥落、7月半ばまでの「行き過ぎた円安」が修正されることになった。このため、米金利低下がドル安円高を加速させることになり、短期間で一気に130円台まで大きく円高が進んだと思われる。

プロフィール

村上尚己

アセットマネジメントOne シニアエコノミスト。東京大学経済学部卒業。シンクタンク、証券会社、資産運用会社で国内外の経済・金融市場の分析に20年以上従事。2003年からゴールドマン・サックス証券でエコノミストとして日本経済の予測全般を担当、2008年マネックス証券 チーフエコノミスト、2014年アライアンスバーンスタン マーケットストラテジスト。2019年4月から現職。著書「日本の正しい未来」講談社α新書、など多数。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

アングル:水のボトル6本で2000円、カナダ極北部

ビジネス

中国新規融資、7月は6790億元に急減 コロナや不

ワールド

ウクライナ「デフォルト状態」、S&Pとフィッチが格

ワールド

北朝鮮、マスク着用や距離確保の規制解除 「コロナ勝

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 2

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 3

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパーのパートも断られたシングルマザーに残された選択肢

  • 4

    【写真】発見された希少種と見られる甲殻類と、発見…

  • 5

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 6

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 7

    超人気インド人女優が公開した家族写真 プールサイ…

  • 8

    【動画】抜群のプロポーションも健在! ハイディ・ク…

  • 9

    ロシアの進軍を止める?最強兵器「ハイマース」

  • 10

    【動画】ロシア軍も押し返すハイマースのすべて

  • 1

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 2

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 3

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 4

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 5

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 6

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 7

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り…

  • 8

    台湾有事を一変させうる兵器「中国版HIMARS」とは何か

  • 9

    全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

  • 10

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 9

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 10

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中