コラム

アメリカの銃をめぐるパラノイア的展開

2016年02月23日(火)11時00分

「アメリカ連邦政府は権限を拡大し、民主主義を停止しようとしている」!?

 ここで焦点となるのが日本人には耳慣れない「Second Amendment=合衆国憲法修正第2条」である。共和党の大統領候補者であるトランプ氏、クルーズ氏、ルビオ氏、そしてブッシュ元知事はほぼおなじ口調で、
 「ヒラリー・クリントンが大統領になったら、憲法修正第2条は抹消されてしまう」
 と共和党の支持層に向かって煽動を続けてきた。その煽動に強く乗るアメリカ国民が相当数いるからだ。

 「アメリカ連邦政府は権限を果てしなく拡大し、民主主義を停止しようとしている。その第一歩が銃の規制によってじわじわと憲法修正第2条を無化していくことなのだ」という認識が一部で定着している。いくつかの州では特に根強い。

 それは銃社会ではない日本から見ると強迫観念に近い。ただし、日本では2014年の1年間を通しての銃による死亡人数が6人だった。いや、6人でも多すぎると考える日本人がいることだろう。いったん銃が蔓延し、銃の犯罪から身を守る最善の方法が銃を正しく使えること...という循環に陥ったアメリカでは常識が全く異なるのだ。

 無理な比較かもしれないが、数多くの日本人が憲法9条の改憲に強いアレルギーを示すのと似ていなくもない。仮に現在の解釈改憲ではなく、自公政権で改憲を実現したとする。「改憲の後には、ただちに戦争がやってくる」と信じている人々が日本のリベラル左派陣営の中に数多くいるのは周知のとおりだ。

 だが実際に中国なり北朝鮮なりと戦争が起きるまでには、あまりにたくさんの条件が満たされる前提が必要となる。多くのアメリカ人にとって「憲法9条騒ぎ」は仮定の中の仮定に対して過敏になっているかのように見えるだろう。何をやっているんだ、というぐらいに。どちらがおかしいのかを、ここではあえて問わないことにする。

 反対に、アメリカで銃の所持に関してせめて乱射事件が起こりにくいように規制強化しようと連邦政府が動くとどうなるか。火がついたような騒ぎになる。先のオバマ大統領による銃規制強化策を、すでにアリゾナ州議会で否決する動きがあった。「セカンド・アメンドメント=憲法修正第2条」の解釈によって銃を規制することですら、悪しき改憲、つまり、「憲法修正第2条の削除」というシナリオに直結すると考える政治家や市民が大勢いる。

 改憲がなされてしまい、アメリカ人が武器を携行できなくなるとどうなるのか?その先のシナリオがパラノイアとしか思えない論理展開になる。まず、アメリカ連邦政府は武器で自衛できなくなった市民に対して横暴になる。次いで州政府の権限を連邦が乗り越え、自治が消滅していく。最終的にはアメリカの憲法も民主主義も停止され、独裁国家となる。つまりアメリカがアサド政権のシリアのようになる...という流れだ。

 ない。そんなこと、ないですから。そう言ってあげたい、多くのアメリカ人に。でも聞いてくれない。一番聞いてくれないのが「ミリシア=民兵組織」と呼ばれる武闘派の人たちだ。

プロフィール

モーリー・ロバートソン

日米双方の教育を受けた後、1981年に東京大学に現役合格。1988年ハーバード大学を卒業。国際ジャーナリストからミュージシャンまで幅広く活躍。スカパー!「Newsザップ!」、NHK総合「所さん!大変ですよ」などに出演中。

ニュース速報

ビジネス

米金融街、新たな変異ウイルスや金利上昇などを懸念=

ビジネス

独自動車産業、新技術への投資なければ雇用崩壊=労組

ビジネス

米タペストリーの1─3月期、売上高が予想上回る 北

ビジネス

寄り付きの日経平均は小幅安、米雇用統計控え模様眺め

MAGAZINE

特集:韓国ドラマ&映画 50

2021年4月27日/2021年5月11日号(5/ 4発売)

韓国を飛び出し、世界で支持を広げ続ける「進撃の韓流」── いま見るべき映画&ドラマ50作を厳選して紹介

人気ランキング

  • 1

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーティー写真」の真相を告白

  • 2

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心肺機能を向上させると研究結果

  • 3

    アメリカでは子どもにどう英語を教えるのか?

  • 4

    死海文書に2人目の書き手、AIが見破る 筆跡から筋肉…

  • 5

    はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

  • 6

    コロナとさえ戦わない絶望の国ニッポン

  • 7

    カン・ハンナ「私のおすすめ韓国映画5本」とマブリー…

  • 8

    「心をえぐられた」「人生で一番泣いた」...ハリー杉…

  • 9

    北朝鮮の超エリート学院でコロナ感染、「赤い貴族」…

  • 10

    迫りくるもう一つの米中逆転

  • 1

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガンとの不和につながる「可能性は高い」

  • 2

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーティー写真」の真相を告白

  • 3

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 4

    はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

  • 5

    米FDA、メンソールたばこ禁止へ 当局が来年に基準案…

  • 6

    メーガンとハリーは「イギリス社会ののけ者」に、人…

  • 7

    アジア中が萌えた!王道ラブストーリーの韓国ドラマ…

  • 8

    「心をえぐられた」「人生で一番泣いた」...ハリー杉…

  • 9

    コロナとさえ戦わない絶望の国ニッポン

  • 10

    アメリカでビットコインの未来を決める判断が間もな…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 6

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 7

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 8

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 9

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 10

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
「韓国ドラマ&映画50」SNSキャンペーン 売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中