Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2012.9.12号(9/ 5発売)

特集:アップルがスマホをダメにする?

2012年9月12日号(9/ 5発売)

Cover Story

競合他社を相手に特許訴訟を起こしまくる最強企業は
モバイル革命という夢をつぶそうとしている

モバイル 「進化より利益」がアップルの体質?

戦略 アップルがグーグルを訴えない本当の理由

裁判 素人集団が訴訟を左右する危うさ

法制度 ソフトウエア特許は百害あって一利なし

オバマ対ロムニー、もつれて終盤へ

米大統領選 党大会を無難にこなしたロムニーだが、決定打は放てないまま
宗教 「モルモン教徒大統領」へ入り乱れる思惑
外交政策 中身ゼロのロムニー外交
Newsbeast
Internationalist
Egypt イラン訪問で見えたエジプトの新外交
Turkey シリア難民を拒むトルコの言い分
Colombia コロンビア政府とゲリラの戦いに終止符?
Syria ゲイが独裁者アサドを支持するワケ
Palestine アラファト毒殺疑惑、イスラエルの関与は
Brazil  汚職大国の「世紀の汚職裁判」
Venezuela ライバルの人気上昇でもチャベスは強し
Asia
China 中国各地で崩壊する手抜きインフラの元凶
Pakistan 「核開発の父」カーンのポピュリズム作戦
U.S. Affairs
ロムニーが語った7つのキーワード
暴露本が明かすビンラディンの最期
過剰な金融緩和が予期せぬ結末を生む
Business
インドの本不足をキンドルが救う
カルトを超えた? アップルと信者の絆
Poeple
「脱ぎ魔」ガガが大暴走! ほか
FEATURES
社会 不安がアメリカを覆い尽くす
北朝鮮 中国と北朝鮮「暗黒の花嫁売買」
中国社会 病院という名の強制収容所
イスラエル 反アラブ感情とヘイトクライムの闇
スポーツ 早死にするのはどのスポーツ?
CULTURE
Fashion よみがえるアメリカの美神
Movies 『ディクテーター』の不似合いな恋
Food 今夜のワインは世界中からよりどりみどり
Art 21世紀を予言したある芸術家の軌跡
Want 大人の女子力をガツンとアップ

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪魔編集」がはびこる

  • 2

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 3

    バイデン陣営はこれで「ターボ全開」? 副大統領候補ハリス指名の意味

  • 4

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはな…

  • 5

    『ゴースト・オブ・ツシマ』でサムライ映画の世界を…

  • 6

    中国、輸入冷凍食品の包装に新型コロナウイルス 一…

  • 7

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 8

    スウェーデンは本当に「集団免疫」を獲得したのか …

  • 9

    新型コロナワクチンが開発されても、米国の3人に1人…

  • 10

    アメリカは長崎に2つ目の原爆を落とす必要があったの…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 3

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 6

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 7

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 8

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 9

    原爆投下75年、あの日アメリカが世界に核兵器をもた…

  • 10

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!