Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2020.11.24号(11/17発売)

特集:バイデンのアメリカ

2020年11月24日号(11/17発売)

Cover Story

就任100日でバイデン民主党新政権の内政・外交・経済そしてコロナ対策はこう動く

米新政権 バイデンの力を試す最初の100日
外交 新大統領の新外交で世界はこう変わる
人種問題 BLM運動を終わらせる方法
プロフィール 若者を魅了した若き日のバイデン
副大統領 「ハリス大統領」の現実味は?
【Periscope】
MYANMAR スーチー勝利で見えたミャンマーの分断
ARMENIA 支配地激減でアルメニアが苦渋の停戦
HONG KONG 民主派「壊滅」後に香港で起きること
UNITED STATES ファーストドーターのアシュリーって?
【Commentary】
視点 新型コロナは民主主義のチャンス──ジョシュア・キーティング
主張 他力本願外交で墓穴を掘る日本──楊海英
中国 香港を潰した習の次の標的──ゴードン・チャン
風刺画で読み解く「超大国」の現実 「トランプ爆弾」不発のがっかり──ロブ・ロジャース&パックン
経済ニュース超解説 バイデン勝利で潤う日本企業は── 加谷珪一
人生相談からアメリカが見える 息子の誕生日と父の死が重なって
本好きに捧げるホメない書評 「再編集」されたポピュリズム本──石戸諭
森達也の私的邦画論 冷酷で優しい『永い言い訳』── 森達也
【Features】
民主化 暗闇の中にある香港は炎の中で復活する
【Life/Style】
Music アリアナの原点回帰と大人目線
Books 名もなき人々の苦闘を漫画で伝える
Health 笑う門には福だけでなく記憶力も来たる
Movies 障害者にも新しい「物語」が必要だ
Movies 息苦しい時代を救う豚の芸術家
【Departments】
Perspectives
In Focus
Picture Power コザに漂う、記憶のかけら
News English & Letters
外国人リレーコラムTokyo Eye トニー・ラズロ 遠くの共和党支持者より近くの日本人

MAGAZINE

特集:202X年の癌治療

2020-12・ 8号(12/ 1発売)

ロボット手術と遺伝子診療で治療を極限まで合理化 ── 日本と世界の最先端医療が癌を克服する日

人気ランキング

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに来た王毅外相

  • 3

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す研究結果

  • 4

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 5

    夢の国ディズニーで働くキャストの本音

  • 6

    「夢の国」ディズニーの......リストラが止まらない

  • 7

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 8

    中国外務省報道官、オーストラリア兵士の偽画像をツイ…

  • 9

    アメリカ中西部にコロナ感染の大波 医療現場は崩壊…

  • 10

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、…

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

  • 3

    次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と見捨てられたイギリス

  • 4

    「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中…

  • 5

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 6

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに…

  • 7

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 8

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

  • 9

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 10

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、…

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 3

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 4

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除…

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 7

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 8

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 9

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 10

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!