Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2016.7.12号(7/ 5発売)

特集:BREXIT 勝者と敗者

2016年7月12日号(7/ 5発売)

Cover Story

イギリスのEU離脱で分かれた勝ち組と負け組。未知の領域に突入した世界秩序はどこへ向かうのか

第1部 
ヨーロッパ 誰も見通せないブレグジット後の未来
■経済 EU離脱の代価は大きい? 4つの問いで占う未来
提言 戦略見直しの好機と捉えよ
第2部
ポピュリズム 英EU離脱の勝者と敗者は誰か
ロシア 夢のような投票結果にプーチンの笑い止まらず
米大統領選 トランプは「勝ち組」ではない
中国 欧州の混乱に乗じて習近平が得る漁夫の利
アフリカ 「最弱大陸」に忍び寄る多国間主義の終わり
テロ対策 指導者イギリスなき対テロ戦略
【PERISCOPE】
InternationaList
BRITAIN BREXIT後に勢いづくヘイトクライム
FREE TRADE 「TPP白紙論」を黙らせる方法
SAUDI ARABIA サウジに人権理事国の資格なし?
RUSSIA 「あの人」も反対するロシアの監視法案
PHILIPPINES 新大統領が中国と歩み寄りか
TURKEY ISISのグローバルテロ作戦が始まる
COLOMBIA 停戦がもたらす「100年の平穏」
BRITAIN 次期英首相レースの本命は「鉄の女」?
IRAQ ISIS撃退しても難民の苦悩は続く
Asia
CHINA 中国の歴史問題と言論の不自由
NORTH KOREA トップになった金正恩に恐れるものなし
U.S. Affairs
選対本部長解任でもトランプに影響がない理由
Business
初の死亡事故で問われるテスラの企業倫理
People
トムとテイラーの愛は本物?やらせ?、ほか
【FEATURES & ANALYSIS】
基地問題  沖縄神話の終わりの始まり
歴史  ハワイの歴史と重なる沖縄と日本
米中関係 米国スパイの個人情報が中国に?
温暖化 解けるアラスカが地球を壊す
科学 ゲリラ豪雨を育てるミクロの粒子
環境 もう天の川は見られない!?
医学 ガラス張りの腸で「第2の脳」を解明
【LIFE/STYLE】
Work 脱マルチタスクで生産性アップ
Kids 子供の大泣きは学びのチャンス
Kids 「ゲームで頭がよくなる」の衝撃
Movies 移民の成長を描く『ブルックリン』
Movies 『死霊館』続編は極上心理ホラー
Health ロマンチックな照明が高カロリーを招く
Health アプリの力で飲み過ぎを防げ
【DEPARTMENTS】
Picture Power 人間と自然が再びつながるビルの緑化

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    デーブが語る、『テラハ』木村花さんの死は何が問題だったのか

  • 4

    コロナ禍で制約を受けるアメリカの日常は、黒人にと…

  • 5

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

  • 6

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 7

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 8

    ミネアポリスの抗議デモが暴動に......略奪から店舗…

  • 9

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 10

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 1

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃…

  • 6

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 7

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 8

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 9

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 10

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 9

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!