Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2015.12. 8号(12/ 1発売)

特集:戦線拡大するテロとの戦い

2015年12月 8日号(12/ 1発売)

Cover Story

トルコ軍のロシア機撃墜で複雑化する対ISIS戦争──。テロとの戦いの行く末と複雑に絡む大国の思惑とは

対テロ戦争 暴虐ISISとの新たな戦い方
治安 対テロ戦争はフランスを変えたか
影響 撃墜事件が砕く11.13後の連帯
主張 トルコとEUは今こそ「蜜月」を
ネット デジタル時代のサイバー聖戦
視点 シリアが火種の第三次大戦がついに始まる?

汚職の連鎖はリオ五輪も蝕む

ブラジル 暴かれる大手ゼネコンと政府の長年にわたる「ただれた関係」
【PERISCOPE】
InternationaList
EUROPEAN UNION 欧州が難民締め出しへ
MALI フランスが直面するもう1つの対テロ戦争
BRITAIN ムスリム女性を狙う憎悪犯罪が急増
FRANCE 公安当局の身元調査は抜け穴だらけ
PHILIPPINES 次期政権も中国と対決姿勢?
CHINA 「無法」中国をカネで黙認する国際社会
ARGENTINA 中南米左派を揺さぶる政権交代
UNITED STATES 米軍「航行の自由作戦」再開か
CHINA 中国軍の大改革と「軍縮」の狙い
Business
ファイザー「節税合併」の$$$
アリババの買収で香港英字紙の編集権は
People
パリ同時テロの被害バンドが明かす惨状、ほか
【FEATURES & ANALYSIS】
エジプト アラブ「独裁の冬」の復活
環境 偽りのエコ都市から脱皮する
農業 食後のコーヒーが贅沢品になる日
米社会 地球を救え!子供たちの公民権訴訟
宇宙開発 宇宙での「中国外し」は限界
【LIFE/STYLE】
Games ビデオゲームは現代最高の芸術だ
Movies チャーリー・ブラウンに訪れる予想外の幸せ
Kids 「宗教は道徳心を育てる」は本当か
Food ピーナツバターの危険な誘惑
Health 脳と不眠の複雑な関係
Music 音楽業界の救いの女神アデル
Music 偽物続出ストラディバリウスの見分け方

MAGAZINE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

人気ランキング

  • 1

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤ったか

  • 2

    石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない理由

  • 3

    タンカー攻撃、イラン犯行説にドイツも異議あり

  • 4

    本物のバニラアイスを滅多に食べられない理由――知ら…

  • 5

    難民を助ける「英雄」女性船長を、イタリアが「犯罪…

  • 6

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 7

    「土に触れると癒される」メカニズムが解明される

  • 8

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 9

    中国政府を悩ませる2つの「雨」──1つは香港、もう1つ…

  • 10

    老後資金二千万円問題 100年あんしん年金の最大の問…

  • 1

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 2

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 3

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 6

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 7

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 10

    日本の重要性を見失った韓国

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 8

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 9

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 10

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!