Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2015.12.15号(12/ 8発売)

特集:気候変動 地球の瀬戸際

2015年12月15日号(12/ 8発売)

Cover Story

温暖化対策を練るCOP21は未来を変えられるのか。気候変動の本質を理解するための知っておくべきポイント

気候変動 パリは地球の運命を変えられるか
■マップ 暑くなるだけじゃない!
対策 インドがカギを握る理由
提言 ゲイツが地球を救うには

左右が憎み合う狂気の合衆国

アメリカ社会 銃乱射事件を互いの糾弾に利用する保守とリベラルの病理
【PERISCOPE】
InternationaList
BRITAIN イギリスの空爆参戦でも出口なきシリア
ECONOMY 雇用統計改善で年内利上げは決定的
UNITED STATES 問題はテロ対策か甘い銃規制か
BRAZIL ルセフの弾劾は成立しない?
FRANCE テロ・バブルでオランド人気が急上昇
BRITAIN 砂糖飲料税で子供を肥満から守れ!
ARGENTINA 中南米左派政権の終焉の風
JAPAN 真珠湾で失った座標軸を取り戻すとき
FRANCE あるじなき靴の叫びはCOP会場に届くか
Asia
MALAYSIA 汚職疑惑の首相がデモ鎮圧法で反撃
PHILIPPINES 最有力候補の思わぬつまずき
Business
口の軽いスマート人形にくれぐれもご用心
ヤフーがヤフーを手放す?
Media
パリ同時テロの被害バンドが明かす惨状、ほか
People
ついに? やっと? コービー引退、ほか
【FEATURES & ANALYSIS】
中東 空爆だけではISISはつぶせない
人民元 国際通貨って何? 中国は猛勉強中
韓国 外国人労働者にHIV検査が必要か
ベネズエラ 南米の石油大国で国民が大脱走
イギリス ロンドン地下鉄は痴漢の温床?
社会 インド「聖なる牛」の闇市場
【LIFE/STYLE】
Movies 『スター・ウォーズ』を描き続けて
Movies 『独裁者と小さな孫』が伝える希望
Health ゲームの刺激と挑戦で鬱は攻略できるか
Food 現代人の健康を救う甘い味

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 2

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 3

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい」5つのスキル

  • 4

    カメラや望遠鏡が、紙のように薄くなる?光学素子が…

  • 5

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 6

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 7

    インド型変異株(デルタ株)は従来株と症状が違うの…

  • 8

    「研究所流出説」を甦らせた素人ネット調査団、新型…

  • 9

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 10

    無計画な植林が環境を破壊している 侵略種化や8割衰…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウンゴールで五輪に失敗した」

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

  • 5

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷…

  • 6

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 7

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 8

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 9

    歴史に置き去られた世界の廃墟たち...不気味で美しき…

  • 10

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 6

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 9

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 10

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中