Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2015.12.22号(12/15発売)

特集:テロと狂気の時代

2015年12月22日号(12/15発売)

Cover Story

続発するISISのテロと欧米に広がる危険な排外主義。世界は「不安な時代」にどう立ち向かうべきか

米政治 排外主義の暴走とテロの悪循環
■マップ 世界に拡散したISISの恐怖
アメリカ 名もない夫婦が突き付けたテロの新たな顔
視点 テロの思想までは監視できない
Q&A ISISの脅威にアジアは結束せよ
東南アジア 非過激化工作でテロと戦う

「滅亡級」汚染でも変われない国

中国 温室効果ガス削減への取り組みを阻害する「抵抗勢力」とは
【PERISCOPE】
InternationaList
FRANCE 仏選挙の焦点は宗教と2人のルペン
INDIA 中国も仰天、インドの大気汚染
SYRIA ISISに加わる外国人戦闘員が倍増
RUSSIA ロシア国民は「自由」を満喫している?
GERMANY ドイツの難民受け入れが100万人に
EUROPEAN UNION 「ヘイト」見逃しと極右の伸長
CHINA 日本の緑化事業が遊牧民の自然を破壊する
GERMANY 試練を迎えた「平和国家」ドイツ
Asia
INDONESIA 就任1年、ジョコの成績表
CHINA 拷問や不当拘束がなくならない中国の闇
Business
二兎を追うアップル、企業哲学に崩壊の兆し
机のないホテルがこれからの常識?
ツイッターの迷走が止まらない
People
謎の新悪役が語る『SW』最新作の舞台裏、ほか
【FEATURES & ANALYSIS】
環境 緑の基金は地球を救えるか
アメリカ テレビ通販番組で銃を売るって?
RETROSPECT 2015
激動と希望の2015年を振り返る
Refugee Crisis╱World Affairs╱Terror╱
China╱Protests╱Newsmakers
【LIFE/STYLE】
Food 超高級レストランは値段に見合う?
Television ドラマ化で失われた英雄なき世界
Movies ギャングスタ・ラップの誕生秘話
Movies 次世代が受け継ぐロッキーの闘魂
Technology 母親代行テクノロジーに家事はお任せ

MAGAZINE

特集:CIAが読み解くイラン危機

2020-1・28号(1/21発売)

40年にわたる対立の起源はどこにあるのか── 元CIA工作員が歴史と戦略の視点から分析

人気ランキング

  • 1

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 2

    文在寅の2032年夏季五輪(南北共同招致)計画に、アメリカから大批判「現実からズレすぎ」

  • 3

    世界最古級の「千年企業」が幾つも......日本の老舗の強さの根源は同族経営にあり

  • 4

    日本の高齢者のITスキルが、世界の中でも著しく低い…

  • 5

    「ゴーンは無罪の可能性高い」元特捜部検事が語る

  • 6

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 7

    放射線治療中、目が発光している様子がはじめて撮影…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    「ブラック・プリンセス」メーガン妃は人種差別の被…

  • 10

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 3

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メーガン妃の野心

  • 4

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモン…

  • 5

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

  • 6

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 7

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは…

  • 8

    文在寅の2032年夏季五輪(南北共同招致)計画に、ア…

  • 9

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 10

    日本の高齢者のITスキルが、世界の中でも著しく低い…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 4

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 5

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 6

    韓国の自動車が危ない?

  • 7

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 10

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク日本版試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!