Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2015.12.22号(12/15発売)

特集:テロと狂気の時代

2015年12月22日号(12/15発売)

Cover Story

続発するISISのテロと欧米に広がる危険な排外主義。世界は「不安な時代」にどう立ち向かうべきか

米政治 排外主義の暴走とテロの悪循環
■マップ 世界に拡散したISISの恐怖
アメリカ 名もない夫婦が突き付けたテロの新たな顔
視点 テロの思想までは監視できない
Q&A ISISの脅威にアジアは結束せよ
東南アジア 非過激化工作でテロと戦う

「滅亡級」汚染でも変われない国

中国 温室効果ガス削減への取り組みを阻害する「抵抗勢力」とは
【PERISCOPE】
InternationaList
FRANCE 仏選挙の焦点は宗教と2人のルペン
INDIA 中国も仰天、インドの大気汚染
SYRIA ISISに加わる外国人戦闘員が倍増
RUSSIA ロシア国民は「自由」を満喫している?
GERMANY ドイツの難民受け入れが100万人に
EUROPEAN UNION 「ヘイト」見逃しと極右の伸長
CHINA 日本の緑化事業が遊牧民の自然を破壊する
GERMANY 試練を迎えた「平和国家」ドイツ
Asia
INDONESIA 就任1年、ジョコの成績表
CHINA 拷問や不当拘束がなくならない中国の闇
Business
二兎を追うアップル、企業哲学に崩壊の兆し
机のないホテルがこれからの常識?
ツイッターの迷走が止まらない
People
謎の新悪役が語る『SW』最新作の舞台裏、ほか
【FEATURES & ANALYSIS】
環境 緑の基金は地球を救えるか
アメリカ テレビ通販番組で銃を売るって?
RETROSPECT 2015
激動と希望の2015年を振り返る
Refugee Crisis╱World Affairs╱Terror╱
China╱Protests╱Newsmakers
【LIFE/STYLE】
Food 超高級レストランは値段に見合う?
Television ドラマ化で失われた英雄なき世界
Movies ギャングスタ・ラップの誕生秘話
Movies 次世代が受け継ぐロッキーの闘魂
Technology 母親代行テクノロジーに家事はお任せ

MAGAZINE

特集:残念なリベラルの処方箋

2019-7・ 2号(6/25発売)

日本でもアメリカでも存在感を示せない「リベラル」 対抗軸として政権担当能力を示す方法は?

人気ランキング

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    犬を飼うかどうかは遺伝子が影響を与えている

  • 3

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 4

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 5

    うろたえる韓国、北朝鮮の非核化交渉で脇役に

  • 6

    トランプの対中貿易戦争に巻き込まれた「勝ち組」と…

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 9

    南アフリカのランド、新興国通貨「売り」一番の標的に …

  • 10

    イランはなぜ米軍ドローンを撃墜したか その真の標的

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 3

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を50キロメートル走行

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    走る車の中から子猫を投げ捨て!相次ぐ蛮行に怒りの…

  • 6

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 7

    アメリカ心理学会「体罰反対決議」の本気度──親の体…

  • 8

    イランの無人機撃墜がアメリカにとって重大な理由

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 3

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 4

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 7

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 8

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 9

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!