Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2015.12. 1号(11/25発売)

特集:テロの時代 世界の転機

2015年12月 1日号(11/25発売)

Cover Story

130人の命を奪い、世界を震撼させたパリ同時襲撃事件。新時代に入ったテロと国際社会はどう戦うべきか

パリ同時テロ 新たに始まった果てしない戦い
視点 この戦いは「文明の衝突」ではない
キーワード 変化を読み解く5つのテロ新語
分析 動き始めた「スリーパー」の影
歴史 支配地を失えば過激化の道へ
EU 11.13が破壊するヨーロッパの理想
フランス社会 それでもパリっ子は人生を楽しみ続ける
【PERISCOPE】
InternationaList
CHINA APECで勃発した米中経済圏バトル
MALI ホテル襲撃事件で現れた「亡霊」
RUSSIA ロシアと欧米、共闘へのネック
NIGERIA あの残虐集団を抜いたボコ・ハラム
FRANCE ISISは化学兵器に手を出すか
GERMANY ドイツを圧迫する難民受け入れコスト
FRANCE 誤算だらけの中東介入がテロを生む
JAPAN 日本はサミットで対テロ戦争の陣頭に立て
PHILIPPINES APECで市民が「場外乱闘」
U.S. Affairs
シリア難民を拒否する法案の巧妙な中身
Business
パリ同時テロで拡散したデマとデマとデマ
遺伝子組み換えサケが食卓にのぼる日
Media
パリでもベイルートでも命の重さは同じ
【FEATURES & ANALYSIS】
環境 パリが気候変動のラストチャンスだ
テクノロジー 破壊された遺産を奪回せよ!
米大統領選 ヒラリーは「女」で勝負する
フード イギリスの国民食が「絶滅」の危機に
中国 同性愛者の「形婚」が増加中
【LIFE/STYLE】
Drinks 古代から続くビールの健康効果
Science 気候変動と性生活のアヤシイ関係
Movies 最期を考える『ハッピーエンドの選び方』
Books ティーンエージャーを殺しまくった男
Technology スマホで裸を見せ合う子供たち
Music まじめなロッカーは今も妻と二人三脚
Fashion 白シャツの迷宮に魅せられて
Products 留守宅の見張り番はかわいいフクロウ

MAGAZINE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

人気ランキング

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    走る車の中から子猫を投げ捨て!相次ぐ蛮行に怒りの捜査開始

  • 3

    ウェスト81センチの巨漢ネコ、パーフェクトボディ目指し監視下に置かれる

  • 4

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 5

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 6

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 7

    ホロコーストをめぐる歴史問題が欧州サッカーに飛び火

  • 8

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 9

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

  • 10

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 3

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 4

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤…

  • 5

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 6

    走る車の中から子猫を投げ捨て!相次ぐ蛮行に怒りの…

  • 7

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 8

    石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない…

  • 9

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 10

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 4

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 7

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 8

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 9

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 10

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!