Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2015.11.24号(11/17発売)

特集:スー・チーと民主主義

2015年11月24日号(11/17発売)

Cover Story

民政移管後初のミャンマー総選挙で野党が大勝。「闘士」アウン・サン・スー・チーはこの国をどう導くのか

ミャンマー 聖人スー・チー、政治家の真価
Q&A 「スー・チー政権」に期待し過ぎは禁物
■歴史 民主化の闘士を育てた苦難の道のり
評判 それでも国民が彼女を信頼する理由

シリア危機を解決できる国は

国際社会 解決に向け日本やインドが外交力を発揮すべきこれだけの理由

一人っ子政策に翻弄された人生

社会 アメリカに渡った中国人養子が直面する政策転換の衝撃と葛藤
【PERISCOPE】
InternationaList
FRANCE 警備強化中のパリで繰り返された悲劇
JAPAN ものづくり幻想がMRJの前途を阻む
RUSSIA ISISが予告する新たなロシア攻撃
NIGERIA 周辺国に飛び火したボコ・ハラムの野望
SPAIN カタルーニャ独立の甘過ぎる皮算用
MYANMAR ミャンマー軍部は力を持ち続ける
RUSSIA ドーピング疑惑とロシアの被害者意識
TAIWAN 台湾が中国の不沈空母に?
SINGAPORE SW公開まであと1カ月の熱気
Asia
INDONESIA ジョコAPEC欠席は外交軽視?
JAPAN 「援交3割」騒動で実を取った日本政府
U.S. Affairs
名門白人大学の差別問題が全米の騒動に
Business
アップル発、金融業界の大異変
People
ニューオーリンズの伝説を偲んで、ほか
【FEATURES & ANALYSIS】
ルポ 難民たちを待つ厳冬の試練
国際戦略 アフリカ投資はまだ遅くない
米大統領選 カジノの都に残ったトランプの爪痕
中東 観光大国トルコを揺さぶるテロの影
歴史 「分断の壁」の不毛な結末
健康 危ないのはベーコンだけじゃない
海洋資源 中国が食い尽くすカリフォルニアの珍魚
【LIFE/STYLE】
Movies フレミングの007よ、永遠に
Movies 前作で完結すべきだったクレイグ版ボンド
Movies 忍耐心が試される復讐劇『ラスト・ナイツ』
Trends マレーシアを席巻する電子たばこブーム
Health 子供のぜんそくは飼い犬が防ぐ?
Music ハープを抱えた個性派が沈黙を破る
Books ネットを飛び出したアマゾンの脅威度
Travel 本物の野生に出会えるジンバブエの辺境

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 2

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 8

    異常に低いロシアの新型コロナウイルス致死率 陽性…

  • 9

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 10

    東京都、3段階で休業解除へ 感染増加すれば東京アラ…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいっている不思議

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 6

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    反ワクチン派がフェイスブック上での議論で優勢とな…

  • 9

    韓国でまたも「慰安婦問題」 支援団体の不正会計疑…

  • 10

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!