Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍
『ニューズウィーク日本版』雑誌と書籍
2015.2.24号(2/17発売)

特集:ピケティ狂騒曲 ブームの賞味期限

2015年2月24日号(2/17発売)

Cover Story

世界中でベストセラーになった経済書『21世紀の資本』
富と格差をめぐる議論はどこまで深まっているのか

経済学 ピケティが起こした大論争の行方

トレンド ネタ化する学術書ブーム

世界の読み方 国境を越えるカリスマ人気

分析 ピケティは政治の文脈で読め

いまニューズウィーク日本版を定期購読すると、デジタル版で2007年以降のバックナンバー800冊が読み放題! パソコン・スマホ・タブレットでいつでも読めます。送料無料でご自宅・オフィスに。月額払いでも、1年一括払いでも15%OFF!

ギリシャ開き直り交渉術の勝算

ユーロ圏 経済は崩壊寸前なのに強気な新政権の落としどころは

対ISIS戦に長期化の兆し?

アメリカ政治 オバマの武力行使決議案は「泥沼の戦争」の始まりか
【PERISCOPE】
InternationaList
ENVIRONMENT 海を汚す大量のプラスチックごみ
SYRIA ISIS「脱走兵増加」で新たなテロが?
YEMEN イエメンに迫る国家崩壊の危機
ITALY マフィアの暴力がメディアを脅かす
GERMANY 
   「ツイッター検閲」をドイツが強める理由
NIGERIA ボコ・ハラム掃討を保身に使う大統領
SYRIA 中東全域に広がる怒りにISISが言い訳
THE UNITED STATES 
   富裕税よりイノベーションを
TERROR ISISの背後にうごめく神秘主義教団
UKRAINE 停戦合意で笑ったのはプーチン?
IVORY COAST コートジボワールの「歴史的勝利」
Asia
TAIWAN 墜落事故で露見したお粗末な操縦士事情
NORTH KOREA 政治標語が映し出す理想と現実
Business
パリ観光業に残る襲撃事件の傷痕
サムソンが火消しに躍起なスマートテレビの「疑惑」
HSBC秘密口座で世界に激震
スイスリークスの余波、中国元首相の娘にも
People
嘘つきキャスターはお笑いに転職したら?、ほか
【FEATURES & ANALYSIS】
経済 韓国政府が続ける外国企業いじめ
テクノロジー 新世代起業家は宇宙を目指す
社会的責任  iPhoneに潜む紛争メタル
軍事 ロシア軍を悩ます兵役逃れの嵐
環境 危険レベルに突入? 太平洋マグロの水銀汚染
【LIFE/STYLE】
Sports アメフトがサッカーの国にタッチダウン?
Sports 憧れのチアリーダーのブラック過ぎる待遇
Music 斬新すぎる超未来型グランドピアノ
Autos 新車のあの臭いはお断り!
Health ワクチン拒否の危険なツケ
Movies 全然泣けない『きっと、星のせいじゃない。』
Movies 『フォックスキャッチャー』の歪んだレスリング愛
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 3

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開

  • 4

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開する…

  • 5

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 6

    中国「浮かぶ原子炉」が南シナ海で波紋を呼ぶ...中国…

  • 7

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 8

    水上スキーに巨大サメが繰り返し「体当たり」の恐怖…

  • 9

    なぜ日本語は漢字を捨てなかったのか?...『万葉集』…

  • 10

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 10

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中