コラム

「プリゴジンの反乱」を抑えられなかったプーチン...国民に「弱くて無能」な姿が露見した指導者に迫るメルトダウン

2023年06月27日(火)17時29分
ワグネル創設者エフゲニー・プリゴジン

ワグネルが制圧したロシア軍の南部軍管区司令部から去るプリゴジン(6月24日) Alexander Ermochenko-Reuters

<ノンエリートの怒りを煽って人気を集めるプリゴジンはプーチンにとって厄介な存在に。プリゴジンは、進軍するワグネルを「市民は歓迎した」と強調>

「プーチンの料理番」ことエフゲニー・プリゴジン率いるロシア民間軍事会社ワグネルグループの部隊がモスクワの200キロメートル圏内に迫ったものの踵を返し、「プリゴジンの反乱」は24時間も経たないうちに幕を閉じた。情報機関、治安組織、軍、オリガルヒ(新興財閥)を対立させ分断統治するウラジーミル・プーチン露大統領のシステムは瓦解し始めた。

ベラルーシのアレクサンドル・ルカシェンコ大統領の仲介で免責され、同国に逃れたとされるプリゴジンはしばしの沈黙の後、テレグラムで26日「世界で最も経験豊富で戦闘態勢の整ったワグネルは7月1日に消滅する予定だった。露国防省と契約を結べば戦闘能力が失われることを知っていたため、契約を結ぶ者は誰もいなかった」と反乱の理由を語った。

「われわれへのミサイル、ヘリコプターの攻撃があり、ワグネルの戦闘員が殺傷された。攻撃されれば、われわれを破壊しようとする試みと受け止め、全軍で対応する。それは24時間続いた。部隊の一方はロストフに向かい、もう一方はモスクワに向かった。一日で780キロを走破した。沿道の軍事施設はすべて封鎖され、武装解除された」(プリゴジン)

「戦闘員は誰1人として強制参加させられたのではない。目的はワグネルの破壊を防ぎ、膨大な過ちを犯した者たちを裁くことだ。これは国民からの要求だった。進軍中に見かけた軍人は皆、私たちを支持してくれた。『正義の進軍』を止めたのはロシアの血を流したくないからだ。目的は抗議の意思を示すことで国家を転覆させるためではなかった」と弁解した。

「ロシアの都市を通り過ぎた時、市民は大歓迎した」

ルカシェンコはプリゴジンに手を差し伸べ、ワグネルが合法的に活動できる解決策を見つけることを申し出たという。「昨年2月に特別軍事作戦が開始された時点でロシア軍の訓練、士気、組織レベルがワグネルと同じであれば作戦は1日で終わっただろう。だからこそわれわれがロシアの都市を通り過ぎた時、市民は旗を掲げ、歓迎した」とプリゴジンは強調した。

「市民の多くは今も応援の言葉を寄せてくれる。ワグネルが生き残るための闘いとは別に、官僚主義や今日存在するその他の悪との闘いを支援してくれた」。反乱の背景には「正規軍」セルゲイ・ショイグ国防相、ワレリー・ゲラシモフ軍参謀総長と「非正規軍」プリゴジンの熾烈な権力闘争がある。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com
twitter.com/masakimu41

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

トランプ氏「ウクライナ存続は米にとって重要」、姿勢

ワールド

IMF、中東・北アフリカ成長予想を下方修正 紛争激

ビジネス

米国株式市場=ほぼ横ばい、経済指標や企業決算見極め

ビジネス

NY外為市場=ドル上昇、米指標やFRB高官発言受け
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    「毛むくじゃら乳首ブラ」「縫った女性器パンツ」の衝撃...米女優の過激衣装に「冗談でもあり得ない」と怒りの声

  • 3

    止まらぬ金価格の史上最高値の裏側に「中国のドル離れ」外貨準備のうち、金が約4%を占める

  • 4

    価値は疑わしくコストは膨大...偉大なるリニア計画っ…

  • 5

    「イスラエルに300発撃って戦果はほぼゼロ」をイラン…

  • 6

    中ロ「無限の協力関係」のウラで、中国の密かな侵略…

  • 7

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ…

  • 8

    中国のロシア専門家が「それでも最後はロシアが負け…

  • 9

    ヨルダン王女、イランの無人機5機を撃墜して人類への…

  • 10

    紅麴サプリ問題を「規制緩和」のせいにする大間違い.…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 3

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 4

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...…

  • 5

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 6

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 7

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 8

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無…

  • 9

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 10

    ハリー・ポッター原作者ローリング、「許すとは限ら…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story