注目のキーワード

コラム

ロシア軍から首都を「死守」せよ! 抵抗組織リーダーが語る「キエフ攻防戦」の現実

2022年03月16日(水)11時55分
ウクライナ領土防衛軍

ウクライナ領土防衛軍 Mykola Tymchenko-REUTERS

<長くウクライナの民主化運動の先頭に立ってきた元高校教師アンドリー・レヴス氏が語る、首都キエフをめぐる戦闘の現状と今後の見通し>

[ロンドン発]ウクライナの首都キエフを攻めあぐむロシア軍は援軍や民間軍事会社ワグナーグループ、シリアの傭兵で兵力の補強を試みているが、今後1週間以内に大規模な攻撃を再開できる見通しは立っていない。2013~14年のマイダン革命で民主派の先頭に立ち、現在、ウクライナ軍とともに数十万人の市民抵抗運動を率いる元高校教師がどのようにキエフを死守しているのかについて語った。

自由ウクライナ抵抗運動創始者アンドリー・レヴスさん(42)は02年、母校の高校で歴史を教え始めた。04年のウクライナ大統領選では、ダイオキシン中毒により痘痕だらけの顔になった親米欧派ビクトル・ユーシェンコ氏陣営で本部長を務めた。開票の結果、親露派ビクトル・ヤヌコビッチ氏が当選するも、大規模な抗議活動「オレンジ革命」が起き、やり直し決選投票でユーシェンコ氏が大統領に選ばれる。

220316kmr_utd02.png

アンドリー・レヴスさん(左、筆者がスクリーンショット)

その後、地元新聞社で働き、07年から再び政治の世界に。マイダン革命でヤヌコビッチ政権との事実上の市街戦を経験したあとウクライナ最高議会議員となり、治安機関でも働いた。レヴスさんは英シンクタンク、王立国際問題研究所(チャタムハウス)のオンラインイベント「ウクライナ紛争 キエフの攻防」で現地の状況を報告した。「戦争中にあなたたちと話す機会があるとは思いもしなかった。全ての状況が非現実的に思える」と切り出した。

──いまキエフはどんな状況か

「14日に私がいたキエフのある地区は敵意に満ちていた。そして今日、私はこうしてロンドンや世界中の人々と話している。この数日、私たちは多くのことを乗り越え、生き延びてきた。ロシアはウクライナに対する態度を隠したことがない。マイダン革命に続くクリミア併合と東部紛争にそれは最もよく現れた。ウクライナが1991年末に独立し、民主的な政府が誕生してからロシアの態度は謎に包まれていた」

「しかし、プーチン氏は2000年に大統領になってから、ウクライナは破綻国家であり、人類の地政学上の過ちだと公言するようになった。彼の目的はウクライナ国家という国際関係における主体を破壊することだ。私たちは今、ロシアの軍事行動に直面している。これは通常の戦争ではない。80%の戦闘は情報空間で行われ、実際に戦闘が行われているのは残り20%に過ぎない」

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com
twitter.com/masakimu41

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

焦点:アフリカで深刻化する「生理の貧困」、学校諦め

ビジネス

米規制当局、バークシャーのオキシデンタル株最大50

ワールド

ウクライナ軍、遠方からロシア軍攻撃 前線から離れた

ビジネス

NY外為市場=ドル指数5週間ぶり高値、米利上げ予想

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:報じられないウクライナ戦争

2022年8月23日号(8/17発売)

450万人の子供難民危機と「人間の盾」疑惑 ── ウクライナ戦争の伝えられない側面

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【写真】石を使って自慰をするサル

  • 2

    【写真】すっかり大人の女性に成長し、際どい服装を着こなすジア

  • 3

    【映像】素手でサメを引きずる男性

  • 4

    【動画】中国軍の最強戦闘機「殲20マイティドラゴン」

  • 5

    石を使って自慰行為をするサルが観察される

  • 6

    【動画】Face IDが認識できなかった顔の男

  • 7

    【映像】バルセロナのビーチの魅力を語る観光客の後…

  • 8

    【動画】ノリノリで踊るマリン首相の映像と、各国政…

  • 9

    台湾が誇示した最新鋭戦闘機「F16V」と中国最強の「…

  • 10

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 1

    【写真】石を使って自慰をするサル

  • 2

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 3

    日本の郊外にあふれる「タダ同然の住宅地」 無責任な開発が生んだ「限界分譲地」問題とは

  • 4

    【写真】すっかり大人の女性に成長し、際どい服装を…

  • 5

    【映像】幻覚作用のある「マッドハニー」で酩酊する…

  • 6

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 7

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 8

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 9

    ロシアの進軍を止める?最強兵器「ハイマース」

  • 10

    【動画】ノリノリで踊るマリン首相の映像と、各国政…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【写真】石を使って自慰をするサル

  • 8

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 9

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチ…

  • 10

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中