コラム

安倍首相はロシアの「有益な愚か者」か プーチン大統領のプロパガンダ戦争

2018年05月17日(木)13時00分
安倍首相はロシアの「有益な愚か者」か プーチン大統領のプロパガンダ戦争

クレムリンで日本の安倍晋三首相との会談に向かうプーチン露大統領(2017年4月) Sergei Karpukhin- REUTERS

[ロンドン発]「英国に到着したロシア人から空港でいわれなきチェックや質問を受けたという苦情が数週間前から電話で寄せられるようになった」。アレクサンドル・ヤコヴェンコ駐英ロシア大使は5月16日、こう英メディアに訴えた。

英イングランド南西部ソールズベリーで2カ月前、ロシアの元二重スパイ、セルゲイ・スクリパリ氏と娘のユリアさんが猛毒の神経剤ノビチョクで暗殺されそうになった事件を引き金に英国とロシアの関係は冷戦以降、最悪の状態に陥っている。

ロシアで逮捕され、スパイ交換で英国に定住したセルゲイ氏は危篤状態を抜け出したものの、今も病院で治療を受ける。一方、ユリアさんは退院して安全な場所に身を隠している。

セルゲイ氏は最近まで旧ソ連圏諸国のチェコやエストニアの情報機関にロシアのスパイ情報を提供していたと英紙が報じると、在英ロシア大使館は「ソールズベリー事件にロシアが関与したという証拠は何一つない。英情報機関はロシアに罪をなすりつけるため、必死に動機をでっち上げている」と即座に反論した。

セルゲイ氏の姪は二度にわたって英政府に査証の発行を拒否された。姪は電話でユリアさんと話したという内容をメディアに流したが、ユリアさんは「私と父の代わりに話す人はいない」とのコメントを発表し、姪との面会を拒否している。

ロシア大使館が連続ツイートで印象操作

在英ロシア大使館はツイッターで「さて査証拒否の理由は次の3つのうちどれ?(1)申請のミス(2)スクリパリ父娘を隔離するため(3)姪の安全を守るため」と問いかけた。回答すると(1)10%(2)78%(3)12%という結果(回答者は筆者を含め586人)が表示される仕掛けだ。

大使館はツイッターで「否定」「撹乱」「非難」を繰り返し、ソールズベリー事件との関係をうやむやにしようとしている。ロシアの在外公館はウラジーミル・プーチン大統領が主導する「ハイブリッド戦争」の完全なプロパガンダ・マシンと化している。

kimura180516.jpg
記者会見するヤコヴェンコ駐英ロシア大使(筆者撮影)

筆者が取材した4月20日の記者会見で、ヤコヴェンコ大使は「シリアで化学兵器による攻撃を受けたとされる子供の映像はデッチ上げ」「ソールズベリー事件で英国は意図的に証拠を隠滅している」と立て板に水のごとくロシア側の言い分を語り続けた。

英南部ポートダウンの国防科学技術研究所で製造されたノビチョクがセルゲイ氏とユリアさんに注射された可能性を示唆したと受け取れる発言もあった。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com

MAGAZINE

特集:5Gの世界

2019-3・26号(3/19発売)

超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

人気ランキング

  • 1

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【名画の謎を解く】

  • 4

    四川省出身のチャイナラッパーが世界に大躍進

  • 5

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 6

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 7

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    「この国に銃は必要ない」ニュージーランドで銃の自…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 3

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 4

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 5

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 6

    性転換外科医が患者の性器写真を綿々とインスタに投…

  • 7

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    許せない! オランウータン母子襲われ子は栄養失調…

  • 10

    北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 3

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 4

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 5

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 8

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 9

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 10

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!