コラム

バラバラ死体事件に揺れるイタリア総選挙 ベルルスコーニ元首相がキングメーカーに

2018年02月08日(木)13時30分
バラバラ死体事件に揺れるイタリア総選挙 ベルルスコーニ元首相がキングメーカーに

バラバラ死体事件の報復?アフリカ出身の男性を次々と狙い撃ちする事件が発生(2月3日、伊マチェラータ) REUTERS

<イタリア中西部で発見された18歳女性のバラバラ死体事件が3月4日投票の総選挙の行方を左右するかもしれない。地中海を渡ってやって来る難民に対する嫌悪と排外主義がますます強まっているからだ>

[ロンドン発]1月29日昼過ぎ、ローマ出身のパメラ・マストロピエトロさん(18)はイタリア中西部マチェラータにあるリハブ(薬物依存症回復施設)からスーツケース1つに身の回りのものを詰め込んで抜け出した。お金や携帯電話、身分証明書は施設に預けたままだ。

昨年10月から施設で暮らしていたため、ヘロインが欲しくて仕方なかった。ロングヘアのパメラさんはスリムでキュートな女性。通りがかった中年男の車に乗り込み、ガレージに敷かれた毛布の上で若い体を売った。ヘロインを買う、たった50ユーロのために。

翌朝、中年男はパメラさんを車に乗せ、最寄りの駅まで送った。てっきりローマに帰ったと思っていた彼女は31日、道路脇に放置された2つのスーツケースから無残なバラバラ死体となって発見される。首や臓器はまだ見つかっていない。

パメラ・マストロピエトロさん(ラウラ・ボルドリーニ下院議長のツイッターより)


2日後、難民申請が認められず、警察に出頭を求められていたナイジェリア人男性が逮捕され、自宅から血の着いた衣服や肉切り包丁、キッチンナイフが発見された。男性は「女が薬の過剰摂取で死んだので驚いて逃げ出した」と犯行を否認した。

難民への逆恨みが爆発

捜査当局はヘロイン密売に関係していたとみられるもう1人の行方を追っている。ナイジェリア男性は殺人で立件できず、釈放される可能性もある。衝撃的な事件は思わぬ方向に急展開していく。

2月3日、マチェラータでナイジェリアやガーナ、マリ出身の男性5人、女性1人がイタリア国旗をまとったスキンヘッドの男(28)に次々と銃撃された。幸い命に別状はなかったが、1人は重体。男は中道左派の与党・民主党支部にも発砲した。

現行犯逮捕される前、スキンヘッドの男は「イタリア万歳」を叫び、ファシスト式敬礼をした。「かわいそうなパメラの弔い合戦だ」と供述。自宅からはアドルフ・ヒトラーの『わが闘争』が見つかった。昨年の地方選で右派・北部同盟から立候補し、落選していた。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com

ニュース速報

ワールド

原油先物は小幅上昇、中国が通商協議で米国に代表団派

ワールド

カンボジア下院選、与党が全議席獲得 野党弾圧で海外

ビジネス

トヨタ、中国で生産能力12万台拡張を計画 販売拡大

ワールド

中国商務次官、通商協議のため8月末に訪米=中国商務

MAGAZINE

特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

2018-8・14号(8/ 7発売)

日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

※次号は8/21(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 2

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行した人がいた

  • 3

    死んだ人の遺骨も、ブッダと同じ「仏」と呼ばれるのはなぜか

  • 4

    「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 9

    中国大手32社が「不審死&経営難」海南航空と同じ運…

  • 10

    元米兵捕虜が教えてくれた、謝罪と許しの意味

  • 1

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 2

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 5

    「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

  • 6

    「いっそ戦争でも起きれば」北朝鮮国内で不気味な世…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 9

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行し…

  • 10

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 1

    アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

  • 2

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 5

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 6

    怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 9

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

  • 10

    異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲ま…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
メディアプロモーション局アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!