コラム

イギリスのエネルギー価格、果てしない上昇の元凶は......

2019年03月01日(金)16時40分

政府が国民に乗り換えを促す、という奇妙な状態が何年も続いている。たとえば、料金明細を受け取るとき、会社側は明細書の目立つところに、弊社の他のプランに乗り換えればいくらくらい節約できますよ、と明記し、他社に乗り換えてよりお得な契約ができますよ、とも知らせなければならないことになっている(そこまでしても多くの人は乗り換えない)。そして残念なことに、政府は消費者の混乱を招く恐れがあるとして、エネルギー会社に「基本料金ゼロ」のプランを禁じるようになった。その結果、たとえば小さなアパートに一人暮らしする人など、エネルギー使用量がとても少ない人々が、かなりの料金上昇に直面した。

料金を安くするという狙いにおいては、プライスキャップは明らかに裏目に出ている。競争を阻害しているとさえいえるかもしれない。乗り換えをしない何百万もの人々は、どこか別のところならより安く済むことに「なんとなく気付いて」いる(でも年間で何百ポンドもの節約になることには気付いていない)。そしていま彼らは、政府がエネルギー企業による価格押し上げをどうにかして抑えようとしていることは「なんとなく気付いている」(でも、どうすれば実現できるのかには気付いていない)。

確かに、プライスキャップだけがエネルギー価格上昇の原因と言うわけではない(卸売り原価の上昇やポンド安で輸入価格が高騰、といった要素のほうがより大きな原因だ)。僕の場合、1年前に市場最安値だった会社から、今日、現時点での最安値の会社に乗り換えなければならなかった。結局、料金は約25%も上がり、もはや市場原理では説明できないけれど。あなたのおかげだ、英政府!

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

プロフィール

コリン・ジョイス

フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『「ニッポン社会」入門――英国人記者の抱腹レポート』(NHK生活人新書)、『新「ニッポン社会」入門--英国人、日本で再び発見する』(三賢社)、『マインド・ザ・ギャップ! 日本とイギリスの〈すきま〉』(NHK出版新書)、『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』(三賢社)など。アドレスはjhbqd702@yahoo.co.jp

MAGAZINE

特集:香港の出口

2019-8・27号(8/20発売)

拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

人気ランキング

  • 1

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安倍政権批判集会以上が参加か

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    韓国金融当局、独10年債利回り連動デリバティブを調査 莫大な損失の恐れ

  • 4

    日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済…

  • 5

    韓国人はなぜデモがそんなに好きなのか

  • 6

    日本政府、韓国サムスン向け半導体材料の輸出を再び…

  • 7

    乳がん細胞を脂肪細胞に変えることに成功:バーゼル…

  • 8

    「香港鎮圧」を警告する中国を困惑させる男

  • 9

    香港デモで資産価値の5分の1が吹き飛び、キャセイ航…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    日本の重要性を見失った韓国

  • 4

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

  • 5

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    世界が知る「香港」は終わった

  • 9

    日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済…

  • 10

    韓国人はなぜデモがそんなに好きなのか

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 6

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 7

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 8

    デーブ・スペクター「吉本」「日本の芸能事務所」「…

  • 9

    「韓国に致命的な結果もたらす」日韓の安保対立でア…

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!