コラム

大ヒット曲「イスラエルが嫌い」の歌手が亡くなった

2020年01月20日(月)12時30分
大ヒット曲「イスラエルが嫌い」の歌手が亡くなった

ドバイのレストランで「イスラエルが嫌い」を歌うシャァバーン(YouTubeより)

<エジプト人の歌手、シャァバーン・アブドゥッラヒームが亡くなった。「エジプシャン・ドリーム」の体現者だった。他にも、シートベルトの歌やオバマ大統領の歌、豚インフルエンザの歌を歌ったが、どんな人物だったのか>

エジプト人の歌手、シャァバーン・アブドゥッラヒームが昨年12月3日、亡くなった。享年62。死因は心不全だそうだ。11月末にサウジアラビアの首都リヤードで開かれたイベントに車椅子で登場したので、びっくりしたが、それからわずか1週間足らずで亡くなるとは、これまた驚かされた。

11月末、リヤードのイベントに登場したシャァバーンについてのサウジアラビア娯楽庁長官のツイート


シャァバーンのことを知っている日本人などほとんどいるまい。わたしはエジプトの専門家ではないが、彼の代表作である「イスラエルが嫌い(アナ・バクラフ・イスラーイール)」が大ヒットしているときに、ちょうどエジプトに住んでいたこともあり、彼の死は感慨深い。

ドバイのレストランで「イスラエルが嫌い」を歌うシャァバーン


今でも、何かのきっかけで、この歌と、やはり当時大ヒットしていたムハンマド・ムニールの「ソーヤソー」という歌がフラッシュバックすることがある。両方とも、一度はじまると、えんえんと脳内でサビの部分がリフレーンをつづける、癖になる曲だ。

ムハンマド・ムニールは「マリク」(英語のKingに相当するアラビア語)と呼ばれる現代エジプト音楽の大御所なのに対し、シャァバーン・アブドゥッラヒームはそれとは対極にある歌手であった。

1980年から結婚式などで歌っていたが、それでは食べていけず、クリーニング屋でアイロンをかける職人(マクワギー)をしていたのが、「イスラエルが嫌い」で一躍スターダムに伸し上がった。文字どおり「エジプシャン・ドリーム」の体現者である。

スターといっても、華やかさにはほどとおい。いや、正確にいうと、服装はいつもド派手のピカピカであったが、風貌は田舎のおじさんという感じ(ただし、彼はカイロ生まれ)。かなり太めで、お世辞にもかっこいいとはいえないだろう。

彼の歌は「シャァビー」と呼ばれるジャンルだ。シャァビーはアラビア語で「民衆の」といった意味になり、直訳すれば、民謡とかフォークソングになるだろう。彼のあだ名、「シャァブーラー」もおそらくここからきているのだろうと思うのだが、あまり自信はない。

だが、彼の歌は、ニュアンスとしては民謡やフォークソングとはかなりちがう。かといってポップスや演歌とも異なる。いずれにせよもっとお笑いの要素が濃く、しいていえば、吉幾三の「俺はぜったい!プレスリー」や「俺ら東京さ行ぐだ」みたいな感じだろうか。

プロフィール

保坂修司

日本エネルギー経済研究所理事・中東研究センター長。
慶應義塾大学大学院修士課程修了(東洋史専攻)。在クウェート日本大使館・在サウジアラビア日本大使館専門調査員、中東調査会研究員、近畿大学教授等を経て、現職。早稲田大学客員教授を兼任。専門はペルシア湾岸地域近現代史、中東メディア論。主な著書に『乞食とイスラーム』(筑摩書房)、『新版 オサマ・ビンラディンの生涯と聖戦』(朝日新聞出版)、『イラク戦争と変貌する中東世界』『サイバー・イスラーム――越境する公共圏』(いずれも山川出版社)、『サウジアラビア――変わりゆく石油王国』『ジハード主義――アルカイダからイスラーム国へ』(いずれも岩波書店)など。

ニュース速報

ビジネス

23年度借換債収入が再び過去最大、157兆円超と想

ワールド

ロシア、欧米によるナワリヌイ氏釈放要求を拒否

ワールド

英国のワクチン配布、メーカーの生産に遅れ=担当相

ワールド

ワクチン接種体制を強化、担当に河野行政改革相を起用

MAGAZINE

特集:トランプは終わらない

2021年1月19日号(1/13発売)

全世界があきれる米議会占拠事件をあおったトランプがこれからも影響力を失わない理由

人気ランキング

  • 1

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 2

    入院できないコロナ自宅療養者が急増 重症化を察知するパルスオキシメーターは必須アイテムだ

  • 3

    菅首相、1分に1回以上口にする「ある口癖」 言葉が心に届かず不安にさせる理由とは

  • 4

    暴君・始皇帝を賛美する中国ドラマ──独裁国家を待ち…

  • 5

    英首相ジョンソン、和歌山沖定置網のクジラ捕獲に懸…

  • 6

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 7

    「#ジョンインちゃん、ごめんね」 養父母による虐待死…

  • 8

    メルケル独首相が、ツイッターのトランプアカウント…

  • 9

    窮地の文在寅に金正恩から「反日同盟」の危険な誘惑

  • 10

    「現代版スターリン主義者」習近平が踏み出した相互…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(英規制当局)

  • 4

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 5

    「生意気な青二才」「お前が言うな」批判も浴びた金…

  • 6

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 7

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 8

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 9

    議会乱入の暴徒が叫んでいた「ハング・ペンス(ペン…

  • 10

    米議事堂乱入に中国は「狂喜」するが......信じたい…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    台湾最新のステルス哨戒艦、中国は「ヘリ1機で沈没さ…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 10

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!