コラム

テヘランのトイレは小便器なし、シャワーあり

2016年11月25日(金)14時45分
テヘランのトイレは小便器なし、シャワーあり

boggy22-iStock.

<政府関係者たちとのラウンドテーブルのためにイランを訪れた際、一番関心をもったのはトイレだった。男子用小便器がない。そして、水の噴き出すホースがあった> (写真はアラブ首長国連邦の空港にて)

 11月はじめにテヘランを訪れる機会があった。訪問の目的はイランの政府関係者たちとのラウンドテーブルへの参加だったのだが、こちらがその場で日本・サウジアラビア関係について話をしたもんだから、案の定、出席したイラン人から集中砲火を浴びてしまった。発表が終わったあとも、対アラブ・イスラーム諸国外交を専門とする人に捕まって、別室でコンコンと説教をされた。サウジアラビアのような人権を無視し、アルカイダやイスラーム国のようなテロ組織を支援する国をどうしておまえは支持するようなことをいうのだ、と。

 おまえにいわれたくないわ、とも思ったが、大人なのでそんなことはおくびにも出さず、しごく冷静な反論を心がけた(先方がそれで納得するとは思えなかったが)。イランの名誉のためにいっておくと、そのまえにサウジアラビアの外交関係者と会ったときも、朝から晩まで逆にイランの悪口ばかりで、これはこれで閉口するものであり、まあ、どっちもどっちというところであろう。

 わたしがイランで一番関心をもったのは、彼らの反サウジ感情の根深さもあったが、実は別のところにあった。尾籠な話で申し訳ないが、トイレのことである。政府系研究所で説教されたあと、トイレに行ったのだが、パッとドアを開けると、男子用小便器がない。全部個室なのだ。さては女子トイレとまちがえたかと焦ったが、落ち着いて見直せば、やはり男子用トイレだった。個室のなかは座り式の、いわゆる洋式便器もあれば、イラン式のしゃがみ込み式のものもあったが、いずれにせよ立って用を足す小便器がないのだ。そのときは、ふーんと思っただけだったのだが、その後気になって注意していると、どこにいっても、公衆トイレには、男子用小便器が存在しないのである。

 不思議に思って、イラン専門家でもある、テヘラン駐在の日本の商社マンに訊ねてみたら、イラン・イスラーム革命の指導者であった故ホメイニー師が革命直後、信者からの質問に答えるかたちで、立小便は内臓に負担を強いることでもありイスラーム法に照らし好ましくないとの宗教的な判断(ファトワー)を下したのだという。そこで、大だろうが、小だろうが、みんな座って用を足すべしということになり、国中の男子用小便器が破壊されたとのこと。

 変に納得してしまい、帰国後同僚のイラン専門家(女性)にその話をしたら、似たような話が最近の朝日新聞に出ていましたよというではないか(「イランの公衆トイレに定めあり 意外と柔軟、例外も多い」)。さっそく読んでみると、ホメイニー師や破壊という語は出てこないものの、イランで聞いたのとだいたい同じである。記事によると、イランのトイレでは以下のような細かい規定があるという。「トイレは左足から入る▽パンツを下ろすのは右、水洗いは左手▽トイレでは話さない▽頭も尻も聖地メッカに向けない▽水がなければ小石も使えるが、奇数個に限る......」

 ちなみに、この規定は、ホメイニー師の代表的著作、『諸問題解説の書』に出てくるものと似たような内容で、要はこのあたりが出元であろう。なお記事では「最新のショッピングモール」で小便器を見つけたとあるが、わたし自身は空港のラウンジでようやく発見することができた。また、インターネットで検索すると、イラン各地での小便器の目撃談を見つけることができる。小便器が現代のイランにまったく存在しないわけではない。

 小用のとき、立つか座るか、あるいはしゃがむか、スンナ派ではライバルのシーア派とは若干異なる立場をとる。彼らは預言者ムハンマドのハディース(言行録)を引き、預言者はしゃがんで小便をするのがふつうであったが、立って小便をすることもあったとし、しゃがんでするのがスンナ(預言者の慣行)だが、立ってするのもハラーム(禁止)ではないとする。おそらく、ホメイニー師も似たようなハディースに依拠していたのだと思うが、イランの場合、最高指導者の宗教判断が出てしまったので、それに逆らうことはできず、既存のトイレも含め、立ってする用の小便器がイスラーム共和国から駆逐されてしまったのかもしれない。それにしてもイランの最高指導者というのは、天下国家を論じるだけでなく、日常の、どうでもいいようなこまごまとしたことまで判断を下さねばならず、ほんとうに大変だなあと思う。

【参考記事】よみがえった「サウジがポケモンを禁止」報道

プロフィール

保坂修司

日本エネルギー経済研究所理事・中東研究センター長。
慶應義塾大学大学院修士課程修了(東洋史専攻)。在クウェート日本大使館・在サウジアラビア日本大使館専門調査員、中東調査会研究員、近畿大学教授等を経て、現職。早稲田大学客員教授を兼任。専門はペルシア湾岸地域近現代史、中東メディア論。主な著書に『乞食とイスラーム』(筑摩書房)、『新版 オサマ・ビンラディンの生涯と聖戦』(朝日新聞出版)、『イラク戦争と変貌する中東世界』『サイバー・イスラーム――越境する公共圏』(いずれも山川出版社)、『サウジアラビア――変わりゆく石油王国』『ジハード主義――アルカイダからイスラーム国へ』(いずれも岩波書店)など。

ニュース速報

ビジネス

低インフレの長期化、消費や投資に悪影響=レーンEC

ワールド

マレーシア国会、2021年度予算案可決 ムヒディン

ビジネス

中国人民銀、債券デフォルト防止策改善へ 金融政策よ

ワールド

スウェーデン中銀、量的緩和拡充 コロナ第2波で景気

MAGAZINE

特集:BTSが変えた世界

2020-12・ 1号(11/25発売)

常識を覆して世界を制した「現代のビートルズ」── 彼らと支える熱狂的ファン「ARMY」との特別な絆

人気ランキング

  • 1

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族の学校からハングルを抹消へ

  • 2

    「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中国の証拠動画

  • 3

    オバマ回顧録は在任中の各国リーダーを容赦なく斬りまくり

  • 4

    麻生大臣はコロナ経済対策を誤解している?「給付金…

  • 5

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 6

    ビルボード1位獲得のBTS──ダイナマイトな快進撃の舞…

  • 7

    グラミー賞ノミネートのBTSとその音楽がこんなにも愛…

  • 8

    スタートした政権移行作業、トランプはどうして認め…

  • 9

    劇場版『鬼滅の刃』は慌てて観るには値しない

  • 10

    次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と…

  • 1

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多めのウェア着ている選手が悪いのか?

  • 2

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 3

    オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たったひとつの希望」

  • 4

    【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天…

  • 5

    やはり、脳と宇宙の構造は似ている......最新研究

  • 6

    大統領選の「トランプ爆弾」不発に民主党はがっかり…

  • 7

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 8

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

  • 9

    オバマ回顧録は在任中の各国リーダーを容赦なく斬り…

  • 10

    それをあなたが言いますか? 菅首相の「ビジョン」…

  • 1

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 2

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 3

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除方法はこれ

  • 4

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 5

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 6

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 7

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 8

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 9

    トランプでもトランプに投票した7000万人でもない、…

  • 10

    オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たっ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!