ニュース速報

ビジネス

NY市場サマリー(26日)

2018年01月27日(土)07時29分

[26日 ロイター] - <為替> ドル/円が一時108円台前半に下落。その後はやや値を戻し108円台後半での取引。黒田日銀総裁の発言が材料視された。

黒田総裁は、スイスで開かれている世界経済フォーラム年次総会(WEF、ダボス会議)で、インフレ率が日銀が目標としている2%に達するのを阻む複数の要因が存在しているものの、賃金と物価は緩やかに上昇しており、目標に近づきつつあるとの認識を示した。

主要6通貨に対するドル指数<.DXY>は0.33%安の89.1。週間では1.6%の下落となる勢い。トランプ米大統領は25日、CNBCのインタビューで「ドルがさらに強くなり、最終的には強いドルが望ましい」と指摘し、当初のムニューシン米財務長官の発言は誤って解釈されたとの認識を示した。

ユーロ/ドルは0.15%高の1.2413ドル。前日は約3年ぶりの高値となる1.2536ドルをつけていた。UBSウエルスマネジメントはユーロ/ドルの6カ月見通しを従来の1.22ドルから1.28ドルに上方修正した。

<債券> 昨年第4・四半期の国内総生産(GDP)速報値や、日銀の黒田東彦総裁発言を受け、国債利回りが上昇した。

米商務省が発表したGDP速報値は年率換算で前期比2.6%増と、市場予想の3.0%増を下回った。ただ市場の反応は限られ、10年債利回りは1ベーシスポイント(bp)ほど押し下げられた。その後は堅調に推移し、投資家が景気基調になお自信を抱き、3月利上げの可能性を見込んでいることをうかがわせた。

日銀の黒田総裁が世界経済フォーラム年次総会(WEF、ダボス会議)で、インフレ率が日銀が目標としている2%に達するのを阻む複数の要因が存在しているものの、賃金と物価は緩やかに上昇しており、目標に近づきつつあるとの認識を示した。これを受け、米国債利回りは午後も高めに推移した。

米東部時間午後3時26分(日本時間27日午前5時26分)時点で、10年債利回りは2.660%と、前日終盤の2.621%を上回った。

2年債利回りは一時2.132%と、2008年9月以来の高水準をつけた。

<株式> 主要株価3指数がそろって終値で最高値を更新した。インテルや製薬アッヴィなどの一連の好決算が追い風となった。ドル安も相場を支えた。

インテルは10.55%高で終了。取引時間中には2000年10月以来の高値を更新した。前日引け後に発表した第4・四半期決算はデータセンター部門が好調で、利益と売上高がともに市場予想を上回り、高利益率のデータセンター事業へのシフトが奏功していることが浮き彫りとなった。

アッヴィも最高値を更新し、13.77%高で取引を終えた。四半期決算は利益が予想を上回ったほか、米法人税率引き下げを踏まえ、2018年通年の業績見通しを大幅に引き上げた。

アッヴィが主導し、S&Pヘルスケア株<.SPXHC>は2.17%上昇し、2016年11月以来の好成績となった。

同業ファイザーも4.78%高。欧州医薬品庁(EMA)の小委員会は、ファイザーとメルクが共同開発した糖尿病治療薬「ステグラトロ」の承認を勧告した。

朝方発表された2017年第4・四半期の国内総生産(GDP)の速報値は市場予想を下回ったものの、好調な企業決算が注目されたことで、市場の反応は限定的となった。

米コーヒーチェーン大手のスターバックスは4.23%安。前日引け後に発表した第1・四半期(10-12月)決算は、米州の既存店売上高が予想を下回る伸びにとどまったほか、2018年の世界既存店売上高の伸びが従来予想の下限にとどまるとの見通しを示した。

<金先物> 前日のトランプ米大統領による「強いドル」発言が響く形となり、4日ぶりに反落した。中心限月2月物の清算値は前日比10.80ドル(0.79%)安の1オンス=1352.10ドル。週間では1.43%上昇。

前日はドル安・ユーロ高などをはやし、2016年8月上旬以来約1年5カ月ぶりの高水準で清算値を確定していた。しかし、トランプ氏が米テレビとのインタビューで「ドル はより強くなる」などと発言したことが報じられると、対主要通貨でのドルの買い戻しが活発化。このため、ドル建てで取引される金塊は割安感が薄れたことで売られ、利益確定の動きも加わって、25日午後の段階で一時1343.70ドルまで下落していた。 この日早朝にかけては再びドルに下押し圧力がかかったため、金相場は下げ幅を縮小し たが、その後も軟調に推移した。

<米原油先物> 対ユーロでのドル安基調を背景に買われ、反発した。米国産標準油種WTIの中心限月3月物の清算値は前日比0.63ドル(0.96%)高の1バレル=66.14ドルだった。4月物は0.60ドル高の65.97ドルとなった。

外国為替市場では、この日も対ユーロでのドル安地合いが続いた。このため、ドル建て で取引される原油などの商品の割安感につながり、原油が買い進まれた。朝方は利益確定などの売りに押され、もみ合いとなっていたが、米株式相場が上げ幅を拡大する中、投資家のリスク回避姿勢が後退し、リスク資産とされる原油にも買いが入った。

(※関連情報やアプリは画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

  • 3

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表のミーガン・ラピノー

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    国歌斉唱で胸に手を当てる、なでしこジャパンに違和感

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    トランプ亜流にも劣る、韓国への素材輸出規制

  • 8

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 9

    韓国より低い日本の最低賃金 時給1000円払えない企…

  • 10

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    日本の重要性を見失った韓国

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 8

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!