コラム

中国が日本制圧に要するミサイルは「647発」

2022年08月03日(水)11時25分
中国軍人

ILLUSTRATION BY AYAKO OCHI FOR NEWSWEEK JAPAN

<「お父さん、ミサイルは何発必要?」そんなジョークの裏に潜む軍拡中国の悪夢>

【想定】
中国人民解放軍の将官の家庭。息子が聞いた。

「ねえ、お父さん、オーストラリアを攻撃して制圧するには何発くらいのミサイルが必要なの?」

「そうだなあ。そんなことはよく分からないけれど、おそらく300発くらいじゃないかな」

「じゃあ、ドイツを制圧するためには?」

「どうだろう。もしかしたら、1000発以上は必要になるかもしれないね」

「ふうん。じゃあ日本は?」

父は間髪入れずに答えた。

「647発」

◇ ◇ ◇

息子の質問に対して詳細に即答する将官。どうやら日本に対する攻撃作戦は、随分と綿密に立てられているらしい。

「647発」どころか、現実はさらに厳しい。中国軍は既に日本全土を射程に収める中距離ミサイルを2000発ほど保有しているとされる。台湾有事の際、中国は日本国内にある米軍基地への先制ミサイル攻撃を想定しているともいわれる。

中国は最新鋭兵器、極超音速ミサイルの開発も進めている。マッハ5(音速の5倍)以上の速度で飛行し、複雑な軌道を描くこともできる極超音速ミサイルは、アメリカのミサイル防衛(MD)システムさえ回避できるという代物である。

そんな驚異的な進化を遂げる中国人民解放軍は陸軍、海軍、空軍、ロケット軍などから成り、中国共産党の指導下にある。つまり、「国軍」というより実際には「党の軍隊」とも言える。

一党独裁を続ける共産党の軍隊が世界最強になるという悪夢のような現実が、まさに刻々と近づいているのである。

中国における国防予算の膨張は世界中が危惧するところである。2022年の国防費は前年比7.1%増の約1兆4500億元(約26兆3000億円)。これは日本の防衛予算の実に4倍以上の額だ。

ウクライナ侵攻によって世界の目がロシアに向けられている今、中国は息を潜めながら各国の様子をうかがい、さらに力を蓄えている。

プロフィール

早坂 隆

ノンフィクション作家、ジョーク収集家。著書に『世界の日本人ジョーク集』『新・世界の日本人ジョーク集』(共に中公新書ラクレ)、『指揮官の決断――満州とアッツの将軍 樋口季一郎』『永田鉄山 昭和陸軍「運命の男」』『ペリリュー玉砕――南洋のサムライ・中川州男の戦い』(いずれも文春新書)、『すばらしき国、ニッポン』(文響社)、『昭和史の声』(飛鳥新社)など。最新刊は『世界の日本人ジョーク集 令和編』(中公新書ラクレ)。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

上海市、9月1日から学校再開 コロナ検査を毎日実施

ワールド

米議員団、台湾訪問 蔡英文総統と会談へ

ワールド

トランプ氏弁護士、6月に機密資料返却と表明=NYT

ワールド

北朝鮮、国連総長の非核化支持発言批判 「公平性と公

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 2

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 3

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパーのパートも断られたシングルマザーに残された選択肢

  • 4

    【写真】発見された希少種と見られる甲殻類と、発見…

  • 5

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 6

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 7

    超人気インド人女優が公開した家族写真 プールサイ…

  • 8

    【動画】抜群のプロポーションも健在! ハイディ・ク…

  • 9

    ロシアの進軍を止める?最強兵器「ハイマース」

  • 10

    【動画】ロシア軍も押し返すハイマースのすべて

  • 1

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 2

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 3

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 4

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 5

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 6

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 7

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り…

  • 8

    台湾有事を一変させうる兵器「中国版HIMARS」とは何か

  • 9

    全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

  • 10

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 9

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 10

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中