コラム

米朝首脳ハノイ会談はトランプの完敗だ

2019年03月07日(木)17時10分
米朝首脳ハノイ会談はトランプの完敗だ

会談は当初はなごやかなムードだったが、2日目の拡大会合後の予定は全てキャンセルされた Leah Millis-REUTERS

<金正恩は焦点の核放棄を回避し、トランプは手ぶらで疑惑捜査の待つアメリカへ>

ドナルド・トランプ米大統領の父親は60年代、息子がベトナム戦争に徴兵されるのを防ぐため、骨に異常があるとする偽の診断書を医師に依頼したという。それから半世紀、トランプはついにベトナムの首都ハノイを訪れた。目的は自分と同様に奇妙な髪形をした金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長との米朝首脳会談だ。

両首脳は2月22日夜にハノイの名門ホテルで一対一の会談に臨み、続いて夕食会を開いた。翌28日は午前中の首脳会談と閣僚などを加えた拡大会合を開いたが、その後の昼食会などの予定はすべてキャンセルされた。

会談前のトランプには2つの選択肢があった。制裁解除と在韓米軍の撤退という金の要求を実質的に丸のみして北朝鮮との間に「平和」を確立し、その後で北朝鮮の核開発計画の放棄に向かうか。あるいは、米朝首脳会談自体が関係改善の証拠だと主張して勝利を宣言し、手ぶらで帰国するか。

トランプと側近たちは後者を選択し、国内外の観測筋をけむに巻こうとした。本人の言い方によれば、何の合意もないまま「立ち去った」のだ。さらにハノイを早々に離れ、大統領の不正行為や汚職、弾劾に値する疑惑の捜査で盛り上がるアメリカに戻っていった。

これでトランプと側近たちは、勝利や望みどおりの「前進」を全て成し遂げたと主張できる。一方、金正恩はアメリカと対等の立場と核兵器を維持できる見通しを手にして平壌に戻る。韓国はアメリカの失敗を埋め合わせるため、引き続き南北関係の改善を進めるはずだ。

米朝首脳会談のテーマは、北朝鮮が核兵器とその開発計画を放棄するかどうかに絞られていた。アメリカの専門家は会談前、トランプが外交上の「勝利」に執着するあまり、北朝鮮側の形式的な「善意」の表明と引き換えに、在韓米軍の撤退や外交関係の正常化、貿易協定といった

具体的かつ大きな譲歩をするのではないかと懸念していた。昨年6月にシンガポールで行われた1回目の米朝首脳会談はまさにそうだった。トランプは金と会うことで同格の国際的地位を与え、核実験の停止と引き換えに米韓合同軍事演習を取りやめた(北朝鮮は会談前から核実験を停止していたし、多数の核爆弾と弾道ミサイルを既に開発済みだったので、実験の必要性も低下していた)。

もう1つ、北朝鮮側は朝鮮半島非核化の一環として核兵器を放棄するという長年の主張を繰り返したが、この文言は事実上、在韓米軍の撤退要求に等しい。

ハノイでの2度目の首脳会談失敗の理由は、表向き北朝鮮の核放棄とアメリカの制裁解除のどちらが先かをめぐる意見の相違のためだったとされている。記者会見を開いたトランプと北朝鮮外相の双方とも、制裁解除をめぐる対立を原因に挙げた。

プロフィール

グレン・カール

GLENN CARLE 元CIA諜報員。約20年間にわたり世界各地での諜報・工作活動に関わり、後に米国家情報会議情報分析次官として米政府のテロ分析責任者を務めた

MAGAZINE

特集:顔認証の最前線

2019-9・17号(9/10発売)

世界をさらに便利にする夢の技術か、独裁者のツールか── 新テクノロジー「顔認証」が秘めたリスクとメリットとは

※次号は9/18(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(2019年9月)

  • 2

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本との関わりは?

  • 3

    外国人への憎悪の炎が、南アフリカを焼き尽くす

  • 4

    アメリカ人労働者を搾取する中国人経営者

  • 5

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 6

    【韓国政治データ】次期大統領としての好感度ランキ…

  • 7

    2050年人類滅亡!? 豪シンクタンクの衝撃的な未来…

  • 8

    香港デモはリーダー不在、雨傘革命の彼らも影響力は…

  • 9

    「Be Careful to Passage Trains」日本の駅で見つけ…

  • 10

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 1

    タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配」の実態が明らかに

  • 2

    消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャッシュレス「護送船団」

  • 3

    「日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう」への反響を受け、もう一つカラクリを解き明かす

  • 4

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 5

    思い出として死者のタトゥーを残しませんか

  • 6

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

  • 7

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 8

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 9

    英国でビーガンが急増、しかし関係者からも衝撃的な…

  • 10

    韓国男子、性との遭遇 日本のAVから性教育での仏「過…

  • 1

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 2

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 3

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで…

  • 7

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 8

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 9

    韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

  • 10

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!