コラム

入植再開を機にパレスチナ和解?

2010年09月28日(火)16時12分

 イスラエルがパレスチナ自治区ヨルダン川西岸へのユダヤ人入植活動の凍結を延長しなかったことに対し、パレスチナのイスラム原理主義組織ハマスの最高幹部ハレド・メシャルは27日、最善の対応はハマスと対立するパレスチナ組織ファタハと和解することだと述べた。

 独DPA通信は次のように報じた。


 メシャルは、パレスチナ人同士で和解すれば交渉力が高まるとしたうえで、和解が国家的に必要であり、「シオニスト(イスラエル人)の強硬姿勢に対する最善の対応だ」と述べた。


 メシャルの主張には一理ある。パレスチナ人の半分しか代表せず、ガザ地区が存在しないかのように行動する指導部では、パレスチナの「最終的地位」をめぐるイスラエルとの交渉に限界がある。

 一方でイスラエルは、ハマスを含むパレスチナ連合と交渉する気はないだろう。メシャルが27日、ハマスは「不法な入植者を殺し続ける」と語ったことも、マイナス要因になる。ファタハとハマスの和解がイスラエルとパレスチナの和平交渉にどんな影響を与えるのかは、間もなく見えてくるだろう。

 その前にパレスチナ人には朗報が届くかもしれない。ハマスの広報担当者はクウェートの新聞に対し、「われわれは近くエジプトにおいて、パレスチナの国家的和解を祝うことになる」と語った。

 もちろん、以前にも同じような話があった。08年、ハマスとファタハはイエメンの仲介で和解に合意し、近く協議を始めると公言。ところが合意から1日もたたないうちに双方が心変わりした。09年9月、両者は再び合意に近付いたが、結局実現しなかった。今年1月、メシャルは訪問先のサウジアラビアで、「われわれは和解実現に大きく前進した。いま最終段階にいる」と報道陣に語った。

 今度こそ実現するのだろうか。これまでは合意に至る直前で決裂することが多く、今回もどうなるかは分からない。もしファタハとハマスが合意すれば、中東和平交渉の行方を左右することは間違いない。パレスチナ側の交渉者が正統性を高める一方、イスラエルは抵抗を強めるだろう。
 
──マックス・ストラッサー
[米国東部時間2010年09月27日(月)17時37分更新]

Reprinted with permission from "FP Passport", 28/9/2010. ©2010 by Washingtonpost.Newsweek Interactive, LLC

プロフィール

ForeignPolicy.com

国際政治学者サミュエル・ハンチントンらによって1970年に創刊された『フォーリン・ポリシー』は、国際政治、経済、思想を扱うアメリカの外交専門誌。発行元は、ワシントン・ポスト・ニューズウィーク・インタラクティブ傘下のスレート・グループ。『PASSPORT:外交エディター24時』は、ワシントンの編集部が手がける同誌オンライン版のオリジナル・ブログ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:メダリストも導入、広がる糖尿病用血糖モニ

ビジネス

アングル:中国で安売り店が躍進、近づく「日本型デフ

ビジネス

NY外為市場=ユーロ/ドル、週間で2カ月ぶり大幅安

ワールド

仏大統領「深刻な局面」と警告、総選挙で極右勝利なら
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「珍しい」とされる理由

  • 2

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開

  • 3

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 4

    メーガン妃「ご愛用ブランド」がイギリス王室で愛さ…

  • 5

    米モデル、娘との水着ツーショット写真が「性的すぎ…

  • 6

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 7

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    「ノーベル文学賞らしい要素」ゼロ...「短編小説の女…

  • 10

    ロシア軍の拠点に、ウクライナ軍FPVドローンが突入..…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃が妊娠発表後、初めて公の場…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 7

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story