コラム

オバマも呆れるEUの「トップレス病」

2010年02月03日(水)17時03分

 米政権は1月31日、5月にスペイン・マドリードで行われる米・欧州連合(EU)年次首脳会議にバラク・オバマ米大統領が出席しないと発表した。これを機に、またもや「オバマはヨーロッパを無視している」との声が高まりそうだ。

 今回の決定は理にかなったものだ。オバマは就任1年目に10回の外遊を行い、21カ国を訪問した。ヨーロッパもすでに6回訪れており、今秋にはポルトガルで開かれるNATO(北大西洋条約機構)サミットに出席する予定だ。

とはいえ、今回の決定はタイミングが悪かった。米・EU年次首脳会議の開催地スペインのホセ・ルイス・ロドリゲス・サパテロ首相は4日に訪米する予定で、さぞかし決まりの悪い思いでいるに違いない。

■新設のEU大統領はリーダー失格?

 しかしウォールストリート・ジャーナル紙が報じているように、オバマの欠席はある問題を浮き彫りにした。リスボン条約が批准され、前ベルギー首相のヘルマン・ヴァンロンプイがEU大統領(欧州理事会常任議長)に就任した今もなお、アメリカとの対話の窓口が誰なのか米政権が測りかねていることだ。


 米政府筋によれば、米・EU年次首脳会議の仕切り役が現EU議長国のスペインなのか、EU本部のあるベルギーなのか明らかでないため、混乱が広がっているという。

 米国務省のある高官は、12月にリスボン条約が発効して以来、EUの構造に変化が生じていると指摘した。今回の年次首脳会議は、EU大統領のポストが正式に確立され、EU本部がヨーロッパを代表する窓口として認められてから初のサミットになる。そこで米国務省は、今回の年次首脳会議のまとめ役がEU議長国のスペインのサパテロ首相なのか、ヴァンロンプイEU大統領とジョゼ・マヌエル・バローゾ欧州委員会委員長なのか、EU側に問い合わせていたという。

 アメリカが同会議への参加に二の足を踏んだのはこうした混乱が原因だと、別の高官は語った。


ニューヨーク・タイムズ紙は加えてこう報じた


 ヨーロッパの政府関係者は2日、ヴァンロンプイEU大統領とキャサリン・アシュトンEU外相が職務に就くにあたっての業務移行やスタッフ確保に苦戦していることを認めた。その間に、EU議長国のスペインがEUの議題やサミットの計画などで主導権を握り始めた。


 元米国務長官のヘンリー・キッシンジャーがかつて問いかけた有名な言葉がある。「ヨーロッパと話したいとき、誰に電話すればいいのだ?」。いまだに、この問いへの答えは見つかっていない。

──ジョシュア・キーティング
[米国東部時間2010年02月02日(火)21時34分更新]


Reprinted with permission from FP Passport, 03/02/2010. © 2010 by Washingtonpost.Newsweek Interactive, LLC.

プロフィール

ForeignPolicy.com

国際政治学者サミュエル・ハンチントンらによって1970年に創刊された『フォーリン・ポリシー』は、国際政治、経済、思想を扱うアメリカの外交専門誌。発行元は、ワシントン・ポスト・ニューズウィーク・インタラクティブ傘下のスレート・グループ。『PASSPORT:外交エディター24時』は、ワシントンの編集部が手がける同誌オンライン版のオリジナル・ブログ。

ニュース速報

ワールド

ミネソタ州黒人死亡、殺人容疑で元警官訴追 検察「最

ワールド

韓国、新型コロナ感染増加でレムデシビル輸入へ 欧州

ワールド

トランプ米大統領、香港の優遇措置撤廃を指示 国家安

ビジネス

米国株、S&P小幅高 トランプ氏は米中通商問題に言

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 2

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 3

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3…

  • 6

    コロナショックで孤立無援のイタリアが恨み節──加速…

  • 7

    ブラジル、新型コロナ感染爆発 1日で過去最多2万641…

  • 8

    ミネアポリスの抗議デモが暴動に......略奪から店舗…

  • 9

    米、香港への優遇措置もはや継続できず 中国による…

  • 10

    中国がWHOに送り込んだプロパガンダ宣伝マン

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 8

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 9

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 10

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!