コラム

オバマも呆れるEUの「トップレス病」

2010年02月03日(水)17時03分

 米政権は1月31日、5月にスペイン・マドリードで行われる米・欧州連合(EU)年次首脳会議にバラク・オバマ米大統領が出席しないと発表した。これを機に、またもや「オバマはヨーロッパを無視している」との声が高まりそうだ。

 今回の決定は理にかなったものだ。オバマは就任1年目に10回の外遊を行い、21カ国を訪問した。ヨーロッパもすでに6回訪れており、今秋にはポルトガルで開かれるNATO(北大西洋条約機構)サミットに出席する予定だ。

とはいえ、今回の決定はタイミングが悪かった。米・EU年次首脳会議の開催地スペインのホセ・ルイス・ロドリゲス・サパテロ首相は4日に訪米する予定で、さぞかし決まりの悪い思いでいるに違いない。

■新設のEU大統領はリーダー失格?

 しかしウォールストリート・ジャーナル紙が報じているように、オバマの欠席はある問題を浮き彫りにした。リスボン条約が批准され、前ベルギー首相のヘルマン・ヴァンロンプイがEU大統領(欧州理事会常任議長)に就任した今もなお、アメリカとの対話の窓口が誰なのか米政権が測りかねていることだ。


 米政府筋によれば、米・EU年次首脳会議の仕切り役が現EU議長国のスペインなのか、EU本部のあるベルギーなのか明らかでないため、混乱が広がっているという。

 米国務省のある高官は、12月にリスボン条約が発効して以来、EUの構造に変化が生じていると指摘した。今回の年次首脳会議は、EU大統領のポストが正式に確立され、EU本部がヨーロッパを代表する窓口として認められてから初のサミットになる。そこで米国務省は、今回の年次首脳会議のまとめ役がEU議長国のスペインのサパテロ首相なのか、ヴァンロンプイEU大統領とジョゼ・マヌエル・バローゾ欧州委員会委員長なのか、EU側に問い合わせていたという。

 アメリカが同会議への参加に二の足を踏んだのはこうした混乱が原因だと、別の高官は語った。


ニューヨーク・タイムズ紙は加えてこう報じた


 ヨーロッパの政府関係者は2日、ヴァンロンプイEU大統領とキャサリン・アシュトンEU外相が職務に就くにあたっての業務移行やスタッフ確保に苦戦していることを認めた。その間に、EU議長国のスペインがEUの議題やサミットの計画などで主導権を握り始めた。


 元米国務長官のヘンリー・キッシンジャーがかつて問いかけた有名な言葉がある。「ヨーロッパと話したいとき、誰に電話すればいいのだ?」。いまだに、この問いへの答えは見つかっていない。

──ジョシュア・キーティング
[米国東部時間2010年02月02日(火)21時34分更新]


Reprinted with permission from FP Passport, 03/02/2010. © 2010 by Washingtonpost.Newsweek Interactive, LLC.

プロフィール

ForeignPolicy.com

国際政治学者サミュエル・ハンチントンらによって1970年に創刊された『フォーリン・ポリシー』は、国際政治、経済、思想を扱うアメリカの外交専門誌。発行元は、ワシントン・ポスト・ニューズウィーク・インタラクティブ傘下のスレート・グループ。『PASSPORT:外交エディター24時』は、ワシントンの編集部が手がける同誌オンライン版のオリジナル・ブログ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:メダリストも導入、広がる糖尿病用血糖モニ

ビジネス

アングル:中国で安売り店が躍進、近づく「日本型デフ

ビジネス

NY外為市場=ユーロ/ドル、週間で2カ月ぶり大幅安

ワールド

仏大統領「深刻な局面」と警告、総選挙で極右勝利なら
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「珍しい」とされる理由

  • 2

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開

  • 3

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 4

    メーガン妃「ご愛用ブランド」がイギリス王室で愛さ…

  • 5

    米モデル、娘との水着ツーショット写真が「性的すぎ…

  • 6

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 7

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    「ノーベル文学賞らしい要素」ゼロ...「短編小説の女…

  • 10

    ロシア軍の拠点に、ウクライナ軍FPVドローンが突入..…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃が妊娠発表後、初めて公の場…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 7

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story