コラム

地政学的には退屈なW杯組み合わせ

2009年12月07日(月)17時00分


運命の激突 地政学的に敵対する国同士の対戦が見られるのもW杯の醍醐味(写真は06年ドイツW杯準決勝)  Jose Manuel Ribeiro-Reuters


 私のような「国際派」のアメリカ人が白状すべきことではないのだが、実を言うと私はサッカー観戦がそれほど好きではない。スポーツはやっぱり、(アメリカン・フットボールやバスケットボールのように)展開が速くて次々と得点が決まり、テレビCMや運ばれてくるビールでたびたび中断されるくらいがいい。

 だが、サッカーでもワールドカップ(W杯)となると話は別だ。地政学上では憎きライバル同士の国が、殺し合うことも傷つけ合うこともなく(よほどのことがなければ)、公の場で火花を散らすのを見ることができるからだ。

 国連財団の専属ブロガー、マーク・レオン・ゴールドバーグが言うように、12月4日に行われたW杯南アフリカ大会の組み合わせ抽選会では、W杯の見どころを探る最初のチャンスが訪れた。この組み合わせを見るかぎり、国際的なバトルが期待できるゲームはあまりなさそうだ。

pass041209a.jpg

 1次リーグでは旧宗主国と旧植民地が対戦するゲームがある、とゴールドバーグは指摘する(ブラジル対ポルトガル、アメリカ対イギリス、スペイン対チリとスペイン対ホンジュラス)。だがこの国々の植民地支配はすべて何世紀も前の話なので、それほど険悪な関係にはない。

 出場国の中に北朝鮮が入っているのは興味深いが、決勝トーナメントまで勝ち進まないと韓国や日本、アメリカと対戦することはないだろう。

 決勝トーナメント1回戦では、ホンジュラス対ブラジル戦が見られる可能性もある。今年6月にクーデターで国外追放されたホンジュラスのホセ・マヌエル・セラヤ大統領を保護しているのが、ほかならぬブラジルの大使館だ。情勢次第で面白い試合になるだろう。旧ユーゴスラビアのセルビアとスロベニアの対決も見物だ。

 だがこれらの組み合わせを見ても、外交専門誌フォーリン・ポリシーのブロガーであるハーバード大学ケネディ行政大学院のスティーブン・ウォルト教授(国際関係論)が挙げた、「世界を揺るがした世紀のスポーツ対戦」リストに加えられることはなさそうだ。ベネズエラ対コロンビアや、ロシア対ポーランドの試合が見たいというのは、私たちのような国際問題を扱うブロガーの高望みに過ぎないのだろうか。

 W杯の展開でもっと気になることがある(サッカーにそれほど入れ込んでいない人たちにとっては、だが)。南アフリカでのW杯開催を危ぶんだ人々に、彼らの考えが間違っていたと証明できるだろうか。南アフリカの欠陥をさらすのではなく、目覚しい成果を披露する場にすることができるのか。

──ジョシュア・キーティング
[米国東部時間2009年12月04日(金)18時01分更新]

Reprinted with permission from "FP Passport", 04/12/2009. ©2009 by Washingtonpost.Newsweek Interactive, LLC.

プロフィール

ForeignPolicy.com

国際政治学者サミュエル・ハンチントンらによって1970年に創刊された『フォーリン・ポリシー』は、国際政治、経済、思想を扱うアメリカの外交専門誌。発行元は、ワシントン・ポスト・ニューズウィーク・インタラクティブ傘下のスレート・グループ。『PASSPORT:外交エディター24時』は、ワシントンの編集部が手がける同誌オンライン版のオリジナル・ブログ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

日鉄、ポンペオ氏をアドバイザーに トランプ前政権閣

ワールド

〔情報BOX〕米民主34議員、バイデン大統領に撤退

ワールド

世界的システム障害、航空便や医療など影響多岐に 脆

ワールド

日米の防空ミサイル増産協力、ボーイングの部品供給が
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 3
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニセ種は少なくとも数百人の手に
  • 4
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 5
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 6
    外国も驚く日本の子どもの貧困...見えていない現実を…
  • 7
    椅子もマンホールも爆発する中国「チャイナボカン」…
  • 8
    トランプのコア支持層MAGAに亀裂?副大統領候補バン…
  • 9
    暗殺未遂の瞬間...トランプ前大統領が奇跡的に「死を…
  • 10
    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 3
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 4
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 5
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 6
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 7
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 8
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 9
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 10
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story