コラム

「ブラジルは治安が悪い」って誰が言った?

2014年06月22日(日)14時46分

 日本代表の第2戦のギリシャ戦をナタルで見て、ものすごくストレスがたまった。スタジアムを出て、わりとすぐにタクシーを見つけたので、つかまえて乗る。行き先は宿ではなく、近くのピザ店にお願いする。

 前日にも来た店である。なぜまた来たかというと、宿から徒歩圏にある店のなかでいちばん評判がいいからだ(というより、宿から徒歩圏にある唯一まともなレストランだからというべきか)。

 翌日、ナタルからサンパウロまで飛行機で向かう。フライトは午後3時50分発。だが前日にスタジアムへ向かったときに利用したバスの運行状況を思い起こすと、いろいろ心配なので、午前11時にタクシーを宿に呼んでもらうようお願いする。

 タクシーはちゃんと午前11時に来てくれる。1時間ほどでナタル空港に着く。バタバタと作った感のある新空港で4時間近くコーヒーなどを飲み、ワールドカップの中継を見ながら暇をつぶす。あわてるよりは逆にいい。ここまでナタルでは、危ないことが何ひとつなかった。

 飛行機はサンパウロに着く。サンパウロは大変な都会だ。この街のホテルは春にあわてて確保したのだが、とてもいい場所にあることがわかった。

『地球の歩き方』にも書いてあるが、オスカーフレイレ通りという「サンパウロで最も流行に敏感なストリート」まで、ホテルから5分で行ける。東京にたとえて、僕はオスカーフレイレ通りを「表参道」と呼ぶようになった。

 表参道の異名のとおり、オスカーフレイレ通りは歩いていて気持ちが高まるストリートだ。世界的なブランドの店のほか、サンダルの「ハワイアナス」や服の「オスクレン」などブラジルを代表するブランドの旗艦店がここに設けられている。ハワイアナスでビーチサンダルを、オスクレンでTシャツを買う。買い物をすると、海外旅行がいっそう有意義に思えるのは、なぜなのだろう。

 夕食の時間になる。使い慣れない言葉なので緊張してしまうけれど、サンパウロの「レストランシーン」は時間が遅い。開店が午後8時くらい。前日金曜日の9時ごろに街に出てみたら、めぼしい店の前にはかなり長い行列ができていた。だから今夜は、めざすレストランに開店時間に行ってみることにする。

 超都心にある「Spot」というそのレストランの開店時間は、なんと午後8時。その時間を狙って行ったのに、ウェイティングリストに名前を連ねることになる。

 テーブルが空くまでバーで飲む(こんなことをしたのは、人生で初めてかもしれない)。フルーティーなミディアムボディのフランスワインをいただいているうちに、「テーブルが開いたのでご案内します」と、女性スタッフが言いに来てくれる。

 日本にいたら口にするはずのないような、おしゃれな食事をいただく。値段はそれなりだが、べらぼうに高いわけではない。なによりご機嫌なアメリカンロックがBGMにかかっていて、気持ちのいい店だ。

 ブラジルに来て9日目。当初の緊張がすっかり体と頭から抜けたことに気づく。思い起こせば、この国の初日にレシフェの空港に着いた直後、タクシーに乗った僕は、運転手の言い値が「25・・」と聞こえたので、「それは25ブラジルレアルか、25米ドルか」などという質問をけんか越しの口調で言っていた。その間、脚を外に出してドアが閉まらないようにしていた。

 明らかに過剰反応だった。その後、タクシーの運転手はみんなといっていいほど親切で、きちんとした仕事をしてくれていることがわかってきた。

プロフィール

森田浩之

ジャーナリスト、編集者。Newsweek日本版副編集長などを経て、フリーランスに。ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)メディア学修士。立教大学兼任講師(メディア・スタディーズ)。著書に『メディアスポーツ解体』『スポーツニュースは恐い』、訳書にサイモン・クーパーほか『「ジャパン」はなぜ負けるのか─経済学が解明するサッカーの不条理』、コリン・ジョイス『LONDON CALLING』など。

ニュース速報

ワールド

ロシア、日本人ジャーナリストを追放 軍事機密入手を

ワールド

IS、イスラエル攻撃呼び掛け トランプ氏の中東和平

ワールド

新型肺炎で中国主席と緊密に連携、いかなる支援も提供

ビジネス

新型コロナウイルスは撲滅可能、原油市場を注視=サウ

MAGAZINE

特集:私たちが日本の●●を好きな理由【中国人編】

2020-2・ 4号(1/28発売)

日本と縁を育んできた中国人一人一人の物語── 本音の「日本論」から日中関係を見つめ直す

人気ランキング

  • 1

    「空白の8時間」は何を意味するのか?──習近平の保身が招くパンデミック

  • 2

    習近平「新型肺炎対策」の責任逃れと権謀術数

  • 3

    中国が新型ウイルスに敗北する恐怖

  • 4

    アウシュビッツから75年、ホロコースト記念碑で新た…

  • 5

    パンデミックが世界を襲ったとき、文明再建の場所と…

  • 6

    新型肺炎の最大の犠牲者は中国の貧困層

  • 7

    【動画】NBAがコービー・ブライアントに捧げた唯一無…

  • 8

    「中国人」とひとくくりにする人たちへ──日本との縁…

  • 9

    新型コロナウイルスでも台湾をいじめる中国

  • 10

    「金正恩のタワマン、いずれぜんぶ崩壊」......建設…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 3

    世界最古級の「千年企業」が幾つも......日本の老舗の強さの根源は同族経営にあり

  • 4

    文在寅の2032年夏季五輪(南北共同招致)計画に、ア…

  • 5

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 6

    日本の高齢者のITスキルが、世界の中でも著しく低い…

  • 7

    ゴーン裁判、レバノンで継続の可能性も 日本側と40日…

  • 8

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは…

  • 9

    「王室離脱」騒動の只中にメーガン妃の「ダメ父」が…

  • 10

    人種差別と偏見にまみれたイギリスから、ヘンリー王…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 4

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 5

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 6

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 7

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 8

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 9

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 10

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク日本版試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!