コラム

表参道はシャンゼリゼになれない

2013年07月02日(火)14時47分

今週のコラムニスト:レジス・アルノー

〔6月25日号掲載〕

 アナ・ウィンターといえば、現代ファッション界で最も有名な人物だ。米版ヴォーグの編集長であり、大ヒットした小説および映画『プラダを着た悪魔』のモデルになった人物だ。

 ファッション業界の人間として、アナ・ウィンターは日本のことをよく知っている。日本人がどれくらい洗練されているか、世界のファッションがどれほど日本文化の影響を受けているかも理解している。だから2011年3月に東日本大震災や原子力発電所の事故の発生を知ったとき、彼女は愛するこの国のために自分は何をしたらいいだろうと考えた。

 そして彼女は、東京の表参道でファッションショーを行うことを決意した。日本の復活を示すとともに東京と日本をたたえる世界的なイベントになるはずだった。ウィンターは有名で才能あふれるモデルやデザイナー、ブランドの経営者に電話をし、11年秋の実現を目指してショーの準備を始めた。

 その頃の東京は、世界から見捨てられたような状態だった。表参道で働く人々はこの計画に大喜びした。石原慎太郎都知事(当時)もこのアイデアを高く評価した。だが問題が1つあった。警視庁だ。「忙しいからと、にべもなく拒絶された」と、ある関係者は言う。

 結局、日本の人々を励ますとともに日本の対外イメージを高め、観光業の売り上げに貢献したはずのイベントは実現しなかった。今後も実現しないだろう。「アメリカの都市なら、警察はそんなケチくさいことは言わないと思う。表参道では、警察がイベント開催のハードルになっている」と、アメリカ帰りで表参道でショップを経営する人物は言う。

 表参道は日本がいかに現代的でオープンであるかの象徴だ。大正時代に整備された表参道は、無秩序で狭い東京の都心部では珍しく、きちんとした設計に基づいて造られた大通りだ。ケヤキ並木は歩行者に涼しい影を落としている。ガイド本の多くは表参道を「日本のシャンゼリゼ」と紹介している。

■ホテルも映画館も造れない街

 だが実は、表参道は日本の後進性の象徴でもある。そこがパリのシャンゼリゼとの違いだ。

 シャンゼリゼは創造と商業の地だ。ショップや劇場、映画館に引き付けられ、たくさんの人々が昼夜を問わず訪れる。アーティストたちはその作品によってファッションブランドに影響を与え、ブランドの従業員や客はシャンゼリゼのショーや映画を見に行く。アートとビジネスの緩い結び付きがシャンゼリゼの独自性を生み出しているのだ。

 残念ながら、表参道は長いショッピングモールにすぎない。買い物客たちの単調な流れを邪魔するイベントといえば、冬の「セント・パトリックス・デイ・パレード東京」くらいのものだ。

 表参道は、たぶん日本で最もばかげた法規制の対象になっている。映画館や劇場といった娯楽施設やホテルを造ることが禁じられており、深夜以降のバーの営業も認められていない。この規制は1964年の東京オリンピックを機に導入された。当局はオリンピックスタジアムの周辺にラブホテルができるのを恐れ、一帯を「文教地区」に指定したのだ。

 この規制は現在も生きている。世界トップクラスの高級ホテルがアジアで最も名の知られた通りで営業できず、世界最高のアーティストやプロデューサーも舞台を上演することができない。それが可能なら毎年、国内外から洗練された客を呼び寄せることができたのに。

 実際のところ、表参道はその個性ゆえに今も人々に愛されている。だが買い物客はいつか、バッグやシャツ以外のものも提供してくれる別の場所に行ってしまうだろう。日本が観光振興に本気で取り組むつもりなら、まずはこんな無意味な規制を撤廃するべきだ。

プロフィール

東京に住む外国人によるリレーコラム

・マーティ・フリードマン(ミュージシャン)
・マイケル・プロンコ(明治学院大学教授)
・李小牧(歌舞伎町案内人)
・クォン・ヨンソク(一橋大学准教授)
・レジス・アルノー(仏フィガロ紙記者)
・ジャレド・ブレイタマン(デザイン人類学者)
・アズビー・ブラウン(金沢工業大学准教授)
・コリン・ジョイス(フリージャーナリスト)
・ジェームズ・ファーラー(上智大学教授)

ニュース速報

ワールド

米新政権、EUアルミ・鉄鋼関税撤回を=在米EU大使

ワールド

日米首脳が電話会談、同盟強化で一致 菅首相の早期訪

ワールド

IOC、東京五輪成功へ完全にコミット=バッハ会長

ワールド

重篤なアレルギー反応例が減少、ファイザー製コロナワ

MAGAZINE

特集:バイデン 2つの選択

2021年2月 2日号(1/26発売)

新大統領が狙うのはトランプ派との融和か責任追及か オバマ路線は継承するのか見直すのか

人気ランキング

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 3

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 4

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 5

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 6

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 7

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 8

    自らの恩赦見送ったトランプ、今後待ち受ける民事・刑…

  • 9

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプを…

  • 10

    未来を見通すインパクト投資は、なぜテスラではなく…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 3

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 4

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル…

  • 5

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 6

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 9

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 10

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!