コラム

@シリコンバレーJournal 瀧口範子

米ハイテク業界「引き抜き阻止」協定の裏にある拝金主義の病根

 シリコンバレーの大手テクノロジー企業が、互いに「引き抜き阻止」協定を結んで反トラスト法(独占禁止法)に問われ、和解が成立した訴訟が、今まっ

2012.01.31

インターネットへのアクセスは人権か?

 年明けから、「インターネットへのアクセスは人権か?」という議論が盛り上がっている。  ことの起こりは、昨夏に国連の特別報告書が、「インター

2012.01.18

アップルとグーグル、「ウェアラブル」のかたち

 アップルとグーグルが共に、「ウェアラブル・コンピュータ」の開発に取りかかっているとニューヨークタイムズが報じている。 「ウェアラブル・コン

2011.12.21

キャリアIQのプライバシー侵害騒動と「ビッグ・データ」の脅威

 デジタル・テクノロジーとプライバシーの問題が再燃している。  今回の舞台は携帯電話。シリコンバレーのベンチャー企業で、モバイル機器用の分析

2011.12.06

ジンガもフェイスブックも──腐敗する有望IPO企業

 テクノロジー業界にIPO(新規株公開)機運が戻ってきている。今後数ヶ月の間にIPOを計画している新興企業は、フェイスブックやイェルプ(レス

2011.11.18

電子書籍革命で攻めに転じた米出版社、守る日本の出版社

 いったい、電子書籍にはどんな価格が適正なのだろうか?  実は今のところ、その正解を知っている人間は誰もいない。電子書籍では日本の数年先を行

2011.11.02

ジョブズ後にテクノロジーの未来を指し示すのは誰か

 スティーブ・ジョブズが逝去して、今後のアップルの行方が取りざたされているが、心配なのはアップルの将来だけではないだろう。  ジョブズが舵を

2011.10.20

iPadの先を行くアマゾン「キンドル・ファイア」の革新性

 アマゾン・ドットコムが、とうとうタブレット型の多機能情報端末を発表した。  まだか、まだかと業界関係者が何ヶ月も前から待ちわびていたが、こ

2011.09.29

癒着だらけ、テック・ジャーナリズムの読み方

 新聞や雑誌など、メディア業界が売り上げの伸び悩みに苦しむ中、オンライン・メディアで成功を収めている業界がある。テック(テクノロジー)・ジャ

2011.09.22

ジョブズが去っても変わらないアップルのコアコンピタンスとは

 スティーブ・ジョブズが、とうとうアップルのCEOを退任する。  これについては、世界中でさまざまな報道が行われているが、「アップルは今後、

2011.08.31

MAGAZINE

特集:パックンのお笑い国際情勢入門

2019-8・20号(8/ 6発売)

世界のニュースと首脳たちをインテリ芸人が辛辣風刺──日本人が知らなかった政治の見方お届けします

※次号は8/20(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    世界で最も有名なオオカミ「OR-7」を知っているか?

  • 5

    「日本は代が変わっても過去を清算せよ」金正恩が安…

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    世界が知る「香港」は終わった

  • 8

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 9

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 10

    9.11を経験したミレニアル世代の僕が原爆投下を正当…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断国家の世論割れる

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 9

    世界が知る「香港」は終わった

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 3

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 6

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 7

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!