コラム

@シリコンバレーJournal 瀧口範子

米ハイテク業界「引き抜き阻止」協定の裏にある拝金主義の病根

 シリコンバレーの大手テクノロジー企業が、互いに「引き抜き阻止」協定を結んで反トラスト法(独占禁止法)に問われ、和解が成立した訴訟が、今まっ

2012.01.31

インターネットへのアクセスは人権か?

 年明けから、「インターネットへのアクセスは人権か?」という議論が盛り上がっている。  ことの起こりは、昨夏に国連の特別報告書が、「インター

2012.01.18

アップルとグーグル、「ウェアラブル」のかたち

 アップルとグーグルが共に、「ウェアラブル・コンピュータ」の開発に取りかかっているとニューヨークタイムズが報じている。 「ウェアラブル・コン

2011.12.21

キャリアIQのプライバシー侵害騒動と「ビッグ・データ」の脅威

 デジタル・テクノロジーとプライバシーの問題が再燃している。  今回の舞台は携帯電話。シリコンバレーのベンチャー企業で、モバイル機器用の分析

2011.12.06

ジンガもフェイスブックも──腐敗する有望IPO企業

 テクノロジー業界にIPO(新規株公開)機運が戻ってきている。今後数ヶ月の間にIPOを計画している新興企業は、フェイスブックやイェルプ(レス

2011.11.18

電子書籍革命で攻めに転じた米出版社、守る日本の出版社

 いったい、電子書籍にはどんな価格が適正なのだろうか?  実は今のところ、その正解を知っている人間は誰もいない。電子書籍では日本の数年先を行

2011.11.02

ジョブズ後にテクノロジーの未来を指し示すのは誰か

 スティーブ・ジョブズが逝去して、今後のアップルの行方が取りざたされているが、心配なのはアップルの将来だけではないだろう。  ジョブズが舵を

2011.10.20

iPadの先を行くアマゾン「キンドル・ファイア」の革新性

 アマゾン・ドットコムが、とうとうタブレット型の多機能情報端末を発表した。  まだか、まだかと業界関係者が何ヶ月も前から待ちわびていたが、こ

2011.09.29

癒着だらけ、テック・ジャーナリズムの読み方

 新聞や雑誌など、メディア業界が売り上げの伸び悩みに苦しむ中、オンライン・メディアで成功を収めている業界がある。テック(テクノロジー)・ジャ

2011.09.22

ジョブズが去っても変わらないアップルのコアコンピタンスとは

 スティーブ・ジョブズが、とうとうアップルのCEOを退任する。  これについては、世界中でさまざまな報道が行われているが、「アップルは今後、

2011.08.31

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 2

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機を操作した可能性

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    ブラジル、食肉施設で約2400人が新型コロナ感染 南部…

  • 5

    警官と市民の間に根深い不信が横たわるアメリカ社会…

  • 6

    東京都「東京アラート」発動、レインボーブリッジ赤く…

  • 7

    中国請負の高速鉄道建設が工期遅延に予算超過 イン…

  • 8

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(1…

  • 9

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 10

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 4

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿…

  • 5

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 6

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 7

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 8

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 9

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危…

  • 10

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 3

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 9

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!