コラム

バハレーン紀行(1):抗議デモは終わったか?

2012年04月02日(月)16時48分

 「アラブの春」から一年を経て、選挙や政治改革を経て新しい政権がどうなったか、これからどうなるのか――。エジプトやチュニジアの選挙結果にメディアは注視しているし、衝突が現在進行中のシリアの情勢は、未だ日々国際世論を騒がせている。

 しかし、一年経ってすっかり忘れ去られた「未完の春」がある。それは、バハレーンだ。王政下で限定的な政治参加しか認められていないバハレーンでは、数年前から民主化要求運動が高まったが、2010年の議会選挙を前に反対派が多数逮捕されるなど、弾圧が続いていた。そこで起きたのが「アラブの春」である。デモでは若者を中心にさまざまな層が集まり、首都中心にある真珠広場を占拠した。だが、バハレーン王政の不安定化を恐れたサウジアラビアなど周辺諸国が即座に介入し、運動は早々と鎮圧された。

 今頃はきっと、すっかり大人しくなってしまったのだろうなあ、と思いつつ、先月、バハレーンを訪れた。たしかに、真珠広場は閉鎖され、国のシンボルでもあった真珠タワーは無残にも取り壊されてしまっていて、一年前の騒動を思い起こさせるものはない。だが、一歩郊外に足を踏み入れると、今でもところどころでデモが続いている。機会あって今回、そのデモのひとつを目撃することができたのだが、これがなかなか、興味深かった。

 訪れたマナーマ郊外の村は、シーア派住民の村であった。バハレーンは人口の八割近くがシーア派だが、王政下で彼らの多くはさまざまな面で疎外されている。

 一年前、政府に抗議の声を上げた人々が「シーア派」だったということが、バハレーンの「春」の早々の鎮圧につながった。「シーア派=イラン」という印象が、周辺のスンナ派王政諸国に警戒心を抱かせているのは昔からだが、なんといっても近年は、「核開発」問題でイランの地域大国としての存在がきな臭くなっている。特にサウジは、昨年10月に発覚した在米サウジ大使暗殺計画でイラン政府の関与を疑い、米政府を巻き込んで緊張が高まった。そのイランが、同じシーア派のバハレーン住民を扇動して湾岸の宗派対立を煽っているのでは、というのが、サウジの懸念だったのだ。なんといっても、バハレーンはサウジと、全長25kmのハイウェイ(コーズウェイ)でつながっている。この橋は、国内で酒の飲めないサウジ人が週末「一杯」やりに行くルートになっているのが現実なのだけれど、酒飲は目を瞑っても「シーア派革命思想」まで一緒に入り込まれたら困る、というわけだ。

 だが、いわれるようにバハレーンのシーア派住民のデモは、本当に「イランの手先」によるものなのだろうか。実際にデモを目撃してみて一番印象的だったのが、「外国の支援があったら、もっとちゃんとしたデモになっているんじゃないのか?」ということだった。それだけ手作り感満載の、素人デモだったのである。

DSC_0068_opt.jpg

 主として村の住民が組織して村の中だけを練り歩く、小規模だがコミュニティの結束力は強い。多くの住民が積極的に参加するだけではなく、参加しなくてもたいてい窓や玄関を開けて、デモ隊が行き過ぎるのを見ている。俄か井戸端会議などが始まったりして、それだけ見ていると、なんだかお祭り感覚だ。しかも、女子供の参加がびっくりするほど多い。半数以上じゃないかと思える。しかも、家族に連れられて、というのでもない。10歳代、20歳代始めの若い女性たちが果敢にスローガンを叫ぶのである。

DSC_0072_opt.jpg


 彼女らは何を叫んでいたのか。なぜ若い女性たちが立ち上がったのか。
残念。スペースが尽きてきたので、それについては、次週に続けることにしよう。

プロフィール

酒井啓子

千葉大学法政経学部教授。専門はイラク政治史、現代中東政治。1959年生まれ。東京大学教養学部教養学科卒。英ダーラム大学(中東イスラーム研究センター)修士。アジア経済研究所、東京外国語大学を経て、現職。著書に『イラクとアメリカ』『イラク戦争と占領』『<中東>の考え方』『中東政治学』『中東から世界が見える』など。最新刊は『移ろう中東、変わる日本 2012-2015』。

ニュース速報

ワールド

北朝鮮の元クウェート大使代理、昨年9月に脱北=韓国

ビジネス

独IFO業況指数、1月は予想以上の悪化 景気停滞へ

ビジネス

日本電産、営業利益予想を上方修正 巣ごもりで高付加

ビジネス

日本経済、21年度末か22年度初頭にコロナ前の水準

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 2

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプをドローンが狙う画像掲載

  • 3

    英変異株で致死率は65%も跳ね上がった 新局面を迎えた対コロナ戦争【コロナ緊急連載】

  • 4

    ワシントンの夜空に現れた「光の柱」の意味

  • 5

    文在寅大統領の対日姿勢が柔軟路線に変わった理由

  • 6

    EU復帰はあり得ない──イギリスの将来を示すスイスの…

  • 7

    バイデン、分断の厳しさにさっそく直面 テキサス州「…

  • 8

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてし…

  • 9

    新型コロナウイルス、重症化する人としない人は「口の…

  • 10

    自らの恩赦見送ったトランプ、今後待ち受ける民事・刑…

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 3

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 4

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 5

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 6

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 7

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 8

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 9

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 10

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプを…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 6

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 7

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 8

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 9

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 10

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!