コラム

公安機密リークと在日イスラーム教徒

2010年12月16日(木)11時08分

 ウィキリークス問題は、いまだ世界のあちこちに波紋を呼んでいるが、「情報流出」「暴露」といえば、日本でも気になる事件があった。

 先月末に第三書館から出版された「流出『公安テロ情報』全データ」がそれである。警視庁公安部から流出した「テロ情報」を満載した本だが、そこでは公安がどういう人物を「テロ」操作対象としているかを、写真や個人情報を一切隠さず掲載している。そしてそのほとんどが、日本にいるイスラーム教徒である。

 本が出たとたんに私がしたことは、真っ先に知った名前はないか、探すことだった。私の勤める東京外国語大学には、外国人留学生が多く学んでいるからである。二年前に政府が「留学生30万人計画」を打ち出して以降は、留学生の増加は一層顕著だ。そうした学生が困ったことになってはいないか、知り合いに嫌疑がかかっていないか・・・・。
 
 これまでもイスラーム教徒の学生が警察に疑われているのでは、と思われる例はあった。「たまたま知り合いになった警察関係の人が、しきりに展覧会やハイキングに誘ってくるのだけれど、なにかウラがあるのでは」とか、「公安関係の人に研究テーマをあれこれ尋ねられた」と訴えてくる。9-11事件を契機に欧米諸国で「イスラーム教徒=テロリスト」視されてきた彼らは、日本でも自分たちは疑われているのでは、と疑心暗鬼、不安に駆られた生活を強いられている。

 この流出データは、まさにそうした「疑心暗鬼」が具現化された内容だ。だがそれ以上に問題なのは、リークされたイスラーム教徒の個人情報が追い討ちのように活字ではっきりと公開されてしまったことである。データを暴露されたイスラーム教徒が出版社を訴えて仮処分申請を行い、裁判所は本書の出版差し止めを決定した。ただでさえ「周りの白い目」を懸念しながら生活する彼らにとっては、この情報公開は打撃だっただろう。

 もともとイスラーム教徒を「テロ」視した警察がけしからん、というのがこのリーク本の趣旨だ。だが、その結果「テロ」視されたイスラーム教徒の立場を追い込むことになっては、本末転倒ではないか。個人情報漏洩でイスラーム教徒が被るであろう被害を、彼らに代わって出版社が一手に引き受ける、との覚悟でもあればよいが、そうでもなさそうだ。

 私が一番悲しいのは、中東やイスラームを論じ語る知識人が、実は他の目的を論じるためにこれらの地域の人々とその問題をダシにしているのではないか、と思えることである。日本の警察の問題を暴くために、イスラーム教徒が公安の「テロ対策」の被害者であることを取り上げるが、そこではイスラーム教徒の存在は警察批判の材料として矮小化される。主張すべき議論ありきで、ある特定の地域、社会の人々の置かれた立場を自分の主張を正当化するために利用する、というアプローチには、強い憤りを覚える。それは問題の「ウィキリークス」にもいえることだ。

 第三書館は、過去に中東、イスラーム関係のたいへん優れた書籍を多く出版してきた出版社である。だからこそ今回の「リーク」事件は、とても心が痛む。

プロフィール

酒井啓子

千葉大学法政経学部教授。専門はイラク政治史、現代中東政治。1959年生まれ。東京大学教養学部教養学科卒。英ダーラム大学(中東イスラーム研究センター)修士。アジア経済研究所、東京外国語大学を経て、現職。著書に『イラクとアメリカ』『イラク戦争と占領』『<中東>の考え方』『中東政治学』『中東から世界が見える』など。最新刊は『移ろう中東、変わる日本 2012-2015』。

ニュース速報

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルス、世界の感染者1億1

ワールド

米エクソン、シンガポールの人員を7%削減 「前例な

ワールド

解任されたミャンマー国連大使、正統性を主張 米国が

ワールド

バイデン氏、タンデン行政管理予算局長の指名撤回

MAGAZINE

特集:人民元研究

2021年3月 9日号(3/ 2発売)

一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

人気ランキング

  • 1

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

  • 2

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラックホール 星図が作成される

  • 3

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 4

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 5

    人民元は2021年中に基軸通貨になるのか?

  • 6

    バイデン政権のシリア爆撃が、ロシア、シリア政府、…

  • 7

    秘蔵っ子辞任「縁故主義」のブーメランが菅政権に突…

  • 8

    聞こえてきた英連合王国分裂の足音

  • 9

    部下が適応障害? 親身に相談に乗り、仕事を減らし…

  • 10

    「庶民派」菅首相を突き刺した、家族スキャンダルの…

  • 1

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 2

    バブルは弾けた

  • 3

    がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチンは余って山積み──イギリスに負けたEUの失敗

  • 4

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こ…

  • 5

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 6

    トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に…

  • 7

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 8

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 9

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 10

    トルコ宗務庁がトルコの有名なお土産「ナザール・ボ…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 6

    バブルは弾けた

  • 7

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 8

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 9

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

  • 10

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!