コラム

ニューズウィーク的文章表現研究

2011年02月10日(木)11時19分

 どこの国の週刊誌であれ、読者に興味深く記事を読んでもらう工夫を怠りません。読者を惹きつけるためには、書き出しの一節が、とりわけ重要です。たまには、そんな観点から、ニューズウィークの記事を検討してみましょう。

 題材は、エジプトの動乱を伝える記事です。まずは、本誌日本版2月9日号の「独裁の悪夢を覚ますエジプトの怒り」です。

「エジプトと21世紀の世界をつなぐ通信インフラが1つ、また1つとダウンした。ツイッター、フェースブック、そして最後はすべてのインターネット接続が遮断された。ショートメールも使えなくなり、エジプト全土で無数の携帯電話が不通になった」

 エジプトで、ツイッターやフェースブックなどによって反政府デモが盛り上がったので、政府がこれを遮断した、という話の導入として、躍動感のある文章です。これぞ、読ませるための導入です。

 書き出しで、21世紀とをつなぐ話をした以上、記事の最後でも、これに触れるのが、よき記事のお約束です。そこで、こう書いています。

「日付が29日の土曜日に変わっても、インターネットも携帯電話もまだ通じない。それでもエジプトの人々は、21世紀とのつながりを断つつもりはない。」

 これで記事は完結しているのですが、よく読むと、違和感があります。現在のエジプトは、21世紀を迎えていないのでしょうか?

 通信インフラで21世紀とつながっているのだったら、通信インフラが断たれたエジプトの人々は、さて何世紀を生きているのでしょうか?

 この文章の背景には、エジプトは歴史の古い国という含意があります。それはいいのですが、まるで、エジプトは、時代に取り残された20世紀を生きているようにも読めてしまいます。文章のレトリックを考えすぎた挙句、「エジプトは遅れた国」というイメージを著者が持っていることがわかってしまいました。文章は恐ろしいですね。

 では、続いて2月16日号の「エジプト危機 その誤解と真実」を見ましょう。

「エジプトの首都、カイロ中心部のタハリール広場に近い路地は血まみれだった。窮地を救ったのはムスリム同胞団だ――路地の入り口で、エンジニアで政治活動家のマムドゥーハ・ハムザ(63)はそう語った。」

 書き出しは具体的な描写から。発言の主は匿名ではなく、実名で。それが記事に信憑性を与えてくれる。原稿執筆のイロハを守った書き出しです。

 この記事は、エジプト社会に隠然たる勢力を保持するムスリム同胞団に焦点を当てています。今回の反ムバラク行動でも大きな力を発揮したムスリム同胞団は、過激派の母胎になっているという見方もあります。パレスチナの原理主義過激派ハマスは、ムスリム同胞団の影響力の下で誕生しました。いくつもの分派が生まれ、アルカイダのメンバーに思想的影響力を与えている側面もあります。

 しかし、この記事は、ムスリム同胞団に関して、極めて楽観的な論調で書かれています。「エジプト国民は長年、ムスリム同胞団を間近で見てきた。開かれた平和的な政治体制が実現すれば、同胞団は近い将来、神秘的な集団でなくなるはずだ」と。

 確かにそうかも知れません。でも、神秘的でなくなった集団が、どんな集団なのか。それに対する分析が欠けていては、エジプトの今後を読み解く記事としては不十分です。内容の不十分さを、文章のレトリックで糊塗しようとはしていないのか。そんな厳しい感想を持ってしまいます。

プロフィール

池上彰

ジャーナリスト、東京工業大学リベラルアーツセンター教授。1950年長野県松本市生まれ。慶應義塾大学卒業後、NHKに入局。32年間、報道記者として活躍する。94年から11年間放送された『週刊こどもニュース』のお父さん役で人気に。『14歳からの世界金融危機。』(マガジンハウス)、『そうだったのか!現代史』(集英社)など著書多数。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

米最高裁への支持低下、中絶巡る判決で=ロイター/イ

ビジネス

米FTC、ウォルマート提訴 送金サービスの詐欺対策

ワールド

日米韓合同演習、「アジア版NATO」の前触れ=北朝

ビジネス

ゴールドマン、消費者部門で年間12億ドル超の損失見

MAGAZINE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

人気ランキング

  • 1

    【モナコ王室】夫婦不仲説をシャルレーヌ公妃が一蹴、キスする姿も

  • 2

    食料品がこんなに高い!?インフレが止まらないNYの実態

  • 3

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別カードを切るはず」と王室作家

  • 4

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 5

    「中の人」の視点で終わった『東京2020オリンピック …

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    世界が見るウクライナ戦争の姿はフェイク? 「戦争PR…

  • 8

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 9

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 10

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 3

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別カードを切るはず」と王室作家

  • 4

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 5

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 6

    【モナコ王室】夫婦不仲説をシャルレーヌ公妃が一蹴…

  • 7

    最も明るく、最も急速に成長するブラックホール発見…

  • 8

    【映像】夫婦と愛犬、すんでのところで猛追クマから…

  • 9

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

  • 10

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中