コラム

マジックマッシュルームをアルコール依存症の治療へ 転用の歴史と問題点

2022年08月30日(火)11時25分
マッシュルーム

アメリカでは合法化に向けた動きも活発に(写真はイメージです) Yarygin-iStock

<古くは『今昔物語』にも登場。うつや頭痛に効くとして近年注目を集めているマジックマッシュルームだが、今度はアルコール依存症の治療に役立つ可能性が示唆された>

近年、アメリカやイギリスでは、違法ドラッグのマジックマッシュルームをうつや頭痛などの治療に役立てようという試みが注目を集めています。

マジックマッシュルームは、シロシビンやシロシンという成分によって主に幻覚症状を示す毒キノコの総称です。世界中に広く自生し、200種以上あります。一般の摂取を厳しく取り締まっている国が多いですが、幻覚症状の重症化や死亡はまず起こらないと考えられていることから、適量投与で薬として転用できないか期待されています。

24日に科学専門誌『JAMA Psychiatry』に掲載された研究では、シロシビンが新たにアルコール依存症の治療に役立つ可能性があると示唆されました。最新の研究とマジックマッシュルームの歴史を概観します。

被験者の飲酒量は8カ月以内に83%減

日本人の飲酒人口は約6000万人です。世界保健機関(WHO)の算出によると、このうち、自らの意思で飲酒行動をコントロールできないアルコール依存症の患者数は26人に1人、実に230万人にも及ぶと推計されています。

アルコールによる健康被害は、急性アルコール中毒など飲酒が直接関わるものだけでなく、肝疾患や長期的な生活習慣病にも及びます。米国内の全死亡例の99%以上が登録されている疾病予防管理センター(CDC)によると、同国では毎年9万5000人がアルコールの過剰摂取が原因で死亡していると言います。アルコール依存症とアルコールによる健康障害は、想像以上に身近で深刻です。

今回、ニューヨーク大グロスマン・メディカルスクールが率いる研究チームは、アルコール依存症の男女93人を対象にシロシビンの効能に関する実験を行いました。参加者は、検査前の12週間で4分の3以上の日は飲酒しており、さらに2分の1以上の日は大量飲酒(男性で5杯以上、女性で4杯以上)をしていました。

実験の結果、心理療法とともに2回のシロシビン投薬を受けた人の飲酒量は8カ月以内に83%減りました。対して、偽薬の抗ヒスタミン剤を投与された人の飲酒量は51%減りました。

シロシビンの投与を受けた被験者には、頭痛や吐き気、不安感といった軽度の副作用が偽薬を与えられた人たちよりも多く見られましたが、自殺願望や激しい嘔吐といった重大な事象の発生に差異はなかったと言います。

同大ランゴーンサイケデリック医学センターのミハエル・ボーゲンシュッツ所長は、「シロシビンによるアルコール依存症治療の効果は、既存の薬物で報告されたものよりも大きく、重大な安全上の問題も検出されなかった」と語ります。ただし、「シロシビンには血圧や心拍数の上昇や、トリップなどの精神作用があることから、慎重な監督下での服用が重要だ」とも付け加えました。

プロフィール

茜 灯里

作家・科学ジャーナリスト。東京大学理学部地球惑星物理学科、同農学部獣医学専攻卒業。東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。博士(理学)、獣医師。朝日新聞記者、国際馬術連盟登録獣医師などを経て、現在、立命館大学教員。サイエンス・ライティング講座などを受け持つ。文部科学省COI構造化チーム若手・共創支援グループリーダー。第24回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞。デビュー作『馬疫』(光文社)を2021年2月に上梓。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米金利、制約的な水準達成へ「道のりまだ長い」=セン

ビジネス

FRB、24年まで利下げ着手せず=NY連銀総裁

ビジネス

FRB、一段の利上げ必要 失業率は上昇へ=NY連銀

ビジネス

アングル:中国コロナデモで冷え込む市場、海外勢は早

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:台湾半導体 王国に迫るリスク

2022年12月 6日号(11/29発売)

急成長で世界経済を席巻するTSMC。中国から台湾を守る「シリコンの盾」に黄信号が?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが、子供を対象にして大炎上

  • 2

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 3

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 4

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    父親は「連続殺人鬼」 誰も耳を貸さなかった子供の訴…

  • 7

    自分を「最優先」しろ...メーガン妃、ヘンリー王子へ…

  • 8

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 9

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 10

    うつ病とは「心のバッテリー」が上がること...「考え…

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は震え、姿勢を保つのに苦労

  • 3

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統領、2年前の「仕返し」か

  • 4

    飛行機の両隣に肥満の2人! 「悪夢の状況」をツイー…

  • 5

    うつ病とは「心のバッテリー」が上がること...「考え…

  • 6

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが…

  • 7

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 8

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 9

    父親は「連続殺人鬼」 誰も耳を貸さなかった子供の訴…

  • 10

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 3

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    狂ったプーチン、軍事侵攻の目的は「非ナチ化」から…

  • 6

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    「セクシー過ぎる?」お騒がせ女優エミリー・ラタコ…

  • 9

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

  • 10

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中