コラム

電子戦再考:米陸軍で「サイバー電磁活動」の検討が始まっている

2016年04月04日(月)16時45分
電子戦再考:米陸軍で「サイバー電磁活動」の検討が始まっている

サイバー電磁活動(CEMA)一般公開された米陸軍の「FM3-38:サイバー電磁活動」から

 映画007シリーズには時々荒唐無稽な兵器が登場する。それがおもしろさを引き立てるスパイスでもある。1995年に公開された『007 ゴールデンアイ』では、ソ連が開発したとする設定のEMP爆弾が登場する。

 EMPとは電磁パルス(electromagnetic pulse)のことで、EMP爆弾は、コンピュータなどを電磁的に壊したり、誤作動させたりすることが知られている。EMP爆弾はサイバー戦(cyber warfare)の前の電子戦(electronic warfare)の時代にはよく議論された。

消えたハワイの街灯

 1962年に米軍が太平洋でスターフィッシュ・プライム(Starfish Prime)と呼ばれる核実験を行ったが、それがEMP爆弾と同じ効果を引き起こし、実験場から1445キロメートル離れたハワイの街灯が消え、盗難警報器を鳴らし、マイクロ波通信回線を不能にした。1445キロメートルと言えば、だいたい東京から九州までの距離である。

 当時はまだパソコンが普及していない時代だったが、現代で同じことが起きれば各種コンピュータを不能にするなど広範な被害が出る可能性がある。街灯が消え、信号が止まり、電車が動かず、携帯も使えず、テレビやラジオも止まる。半導体チップをたくさん積んだ最近の自動車も動かないだろう。コンピュータの中に蓄積された電子データも消滅する。

電子戦への再注目

 最近、国際会議などでサイバーセキュリティの話をしていると、電子戦に言及する人が増えてきた。サイバー攻撃によって重要インフラストラクチャが狙われ、社会的な機能の喪失が懸念されているが、一つ一つのインフラにサイバー攻撃を仕掛けるよりも、EMPを使った方がまとめて一定地域の社会機能を全部奪えるではないかということである。

 ただし、問題はどうやってEMP爆弾による攻撃が行うかという点である。『007 ゴールデンアイ』では、ソ連が密かに開発した人工衛星が地上の標的めがけてビームを発射するように打ち込み、地上の機器を破壊していた。しかし、実際に人工衛星発射によるEMP爆弾が開発されているとは考えにくい。

高高度核爆発

 現実に使えるEMP爆弾として想定されてきたのは核の高高度核爆発である。高度100キロメートルを超えるような高いところで核爆発を発生させるとEMP爆弾になる。ということは、核兵器を持つと同時に、そうした高高度にそれを持っていく能力を持っていないといけないことになる。一般の旅客機が飛ぶのが10キロメートル(3万6000フィート)ぐらいだから、その10倍の高さまで運ぶにはロケットが必要になる。

 つまり、一般人が行える攻撃ではない。『007 ゴールデンアイ』でもソ連が作った兵器システムが悪者ハッカーに乗っ取られることになっているが、悪者ハッカーが最初から作れる兵器システムではない。すでに存在し運用されていれば、それに対するサイバー攻撃と乗っ取りは大きな懸念材料となるが、EMP爆弾を簡単に可能にする兵器システムで現在運用中のものはおそらくないだろう。

プロフィール

土屋大洋

慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授。国際大学グローバル・コミュニティセンター主任研究員などを経て2011年より現職。主な著書に『サイバーテロ 日米vs.中国』(文春新書、2012年)、『サイバーセキュリティと国際政治』(千倉書房、2015年)、『暴露の世紀 国家を揺るがすサイバーテロリズム』(角川新書、2016年)などがある。

ニュース速報

ワールド

ペンス米副大統領、南米諸国に北朝鮮との関係断絶を要

ビジネス

NAFTA再交渉開始、米国「微修正では済まない」と

ビジネス

英EU離脱、大半企業は現時点で戦略変更なし=調査

ビジネス

貿易収支、7月は4188億円の黒字 米向け自動車輸

MAGAZINE

特集:2050 日本の未来予想図

2017-8・15号(8/ 8発売)

国民の40%が65歳以上の高齢者になる2050年のニッポン。迫り来る「人口大減少」はこの国の姿をどう変える?

※次号8/29号は8/22(火)発売となります。

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コントロール法

  • 2

    北の譲歩は中国の中朝軍事同盟に関する威嚇が原因

  • 3

    英グラビアモデルを誘拐した闇の犯罪集団「ブラック・デス」とは何者か

  • 4

    韓国の文大統領、北朝鮮と米国の対立緊迫化で外交に…

  • 5

    軍入隊希望が殺到? 金正恩「核の脅し」の過剰演出…

  • 6

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 7

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 8

    北朝鮮の金正恩、軍からグアム攻撃計画受ける 決定…

  • 9

    米軍に解放されたISの人質が味わった地獄

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 1

    北朝鮮、グアム攻撃計画8月中旬までに策定 島根・広島・高知通過を予告

  • 2

    米朝舌戦の結末に対して、中国がカードを握ってしまった

  • 3

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コントロール法

  • 4

    軍入隊希望が殺到? 金正恩「核の脅し」の過剰演出…

  • 5

    英グラビアモデルを誘拐した闇の犯罪集団「ブラック…

  • 6

    北の譲歩は中国の中朝軍事同盟に関する威嚇が原因

  • 7

    トランプ「軍事解決の準備完全」、北朝鮮「核戦争の…

  • 8

    核攻撃を生き残る方法(実際にはほとんど不可能)

  • 9

    北朝鮮巡る軍事衝突のリスク非常に高い、ロシアは回…

  • 10

    海外旅行格差から見える日本社会の深い分断

  • 1

    マライア・キャリー、激太り120キロでも気にしない!?

  • 2

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 3

    日本の先進国陥落は間近、人口減少を前に成功体験を捨てよ

  • 4

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 5

    北朝鮮、グアム攻撃計画8月中旬までに策定 島根・広…

  • 6

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 7

    米朝舌戦の結末に対して、中国がカードを握ってしま…

  • 8

    対北朝鮮「戦争」までのタイムテーブル 時間ととも…

  • 9

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コ…

  • 10

    軍入隊希望が殺到? 金正恩「核の脅し」の過剰演出…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!