最新記事
WNBA

批判浴びる「女子バスケ界の新星」を激励...ケイトリン・クラークを自身と重ねるレブロン「自分もその道を歩いた」

LeBron James Slams Caitlin Clark Haters, Compares Her Journey to His Own

2024年5月24日(金)08時30分
ノア・カムラス
ケイトリン・クラーク

アトランタ・ドリームとのプレシーズンマッチに出場したインディアナ・フィーバーのケイトリン・クラーク(5月9日、インディアナポリス) Grace Hollars-USA TODAY Sports via Reuters Connect

<WNBA大物ルーキーのケイトリン・クラークを支持するレブロン・ジェームズ。その言葉には経験者だからこその重みが>

レブロン・ジェームズがケイトリン・クラークに共感を寄せている。

【写真】【動画】ドラフトに「全身プラダ」で登場したケイトリン...過去にはCMでASMRも

2024年のWNBAドラフトで全体1位使命を受けたクラークは、女子バスケットボールに対する人々の見方を一人で一変させ、スポットライトを浴びている。

 

クラークはWNBAでまだ5試合しか出場していないが、彼女がもたらした視聴率や人気はこれまでのリーグでは見られなかったものだ。クラークがこのスポーツにもたらした影響については誰もが称賛すべきところだが、彼女は膨大な量の批判も受けている。

ジェームズはこの事態を嘆いている。JJ・レディックと自身のポッドキャスト番組「マインド・ザ・ゲーム」で、ジェームズはクラークに向けられる不敬について多くを語った。

「彼女がこのスポーツにもたらしているもので僕が気に入っているのは、もっとたくさんの人が(プレーや試合を)観たくなり、より多くの人がチャンネルを合わせたくなっているということだ」とジェームズは述べる。

「誤解しないでほしい。ケイトリン・クラークのおかげで、これからWNBAにはたくさんの素晴らしいことが起こるだろう。でも彼女自身としては、言われていることに巻き込まれるべきではない。ただ突き進んで、楽しんでほしい」

ジェームズには現在19歳の息子がいる。彼はNBAを目指しており、ブロニー・ジェームズはこの過程で批判の的となっている。ジェームズは息子に向けられる注目とWNBAのスターに向けられるそれに多くの共通点を感じているようだ。

「今の私はちょうどこの状態なんだ。息子が19歳で夢を追いかけているだけなのに、たくさんの敵意と憎しみを向けられているのを見ているから」とジェームズは語る。「プロスポーツでプレーするという夢を実現できる人間は本当に少数だ。なのに、いい年した大人たちがそれを阻止しようと何でもする。本当に奇妙なことだけどそういうものなんだ。ケイトリンがとても賢い選手であることを嬉しく思う」

クラークは批判に屈せず最初の5試合で素晴らしい成績を収めている。22歳の彼女は1試合平均17.8得点、4.6リバウンド、5.8アシストを記録し、すでにファンにとって印象的な瞬間をいくつも提供している。(※日本版編集部にて最新の試合の記録を反映しています)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

トランプ氏、ハリス氏と数回の討論会行う用意と表明 

ワールド

米俳優クルーニーさん、ハリス氏を支持 民主党大統領

ワールド

トランプ氏、訪米中のネタニヤフ氏と26日に会談へ

ワールド

米警護隊長官が辞任、トランプ氏銃撃巡り引責
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 2
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 5
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 6
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 7
    中国海軍、ロシアの手引きでNATOの海を堂々と正面突…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    「これは無理」「消防署に電話を」出入口にのさばる…
  • 10
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 6
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 10
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 6
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 9
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 10
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中