最新記事
テクノロジー

「技術の正しい使い方」 ホームレス化のリスクが高い住民を、AIがいち早く「発見」し救い出す 米試験導入

2024年4月20日(土)09時35分
ホームレス化を未然に防ぐAI技術

4月15日、 昨年6月に家賃の支払いが遅れ、大家からロサンゼルスの賃貸住宅を夫とともに退去してもらうと言われたベレアナ・サンチェスさんは、目に見えないアルゴリズムの力によって救いの手を差し伸べてもらった。写真はロサンゼルスのアパート。2022年1月撮影(2024年 ロイター/Carlos Barria)

昨年6月に家賃の支払いが遅れ、大家からロサンゼルスの賃貸住宅を夫とともに退去してもらうと言われたベレアナ・サンチェスさん(33)は、目に見えないアルゴリズムの力によって救いの手を差し伸べてもらった。

サンチェスさんのピンチを見つけ出したのは、ロサンゼルス郡が12カ月以内にホームレスになる危険がある住民を探し出すために試験的に導入した人工知能(AI)だったのだ。

このAIは同郡の刑務所や病院、各種セイフティーネットプログラム、ホームレス動向、児童養護制度などのデータを分析し、路上に放り出される恐れがあるとみなされる10万人のリストを作成している。

自治体当局はそのリストに基づいて相談に乗ったり、現金まで支給したりして人々が「お手上げ」になるのを防ぐ。

実際、サンチェスさんも郡の担当部門から至急連絡してほしいとの手紙を受け取り、すぐに担当職員と話ができて、さまざまな医療福祉プログラムに加入するとともに、金銭的支援を受けて家賃や自動車の修理費などをねん出した。

サンチェスさんはトムソン・ロイター財団に「あのままならば恐らく、私は家を追い出されていた。私と夫は窮地に陥っていて、前に進むにはどうすべきか分からなかった」と振り返る。

AIを活用するロサンゼルス郡の実験が始まったのは2021年。ロサンゼルスを含む幾つかの都市では緊急事態宣言を出すほどホームレス危機への対応が難しくなっている中で、別の地域でもより小規模な形でそうした取り組みが進行している。

ロサンゼルスの場合、ホームレス予防部門がこれまでに対応した数百人のうち、約87%はプログラム終了後も家に住み続けられている、と郡の厚生局でホームレス予防に従事するダナ・バンダーフォード氏は説明した。

バンダーフォード氏は「彼らが危機に直面しているのを発見して電話をすると、彼らは『どうやって私を探してくれたのかは知らないが、来週にも家を失いそうで何をすべきか分からない』と回答する。われわれはどこからともなく出現し、介入して危機を解決できる。本当に誇らしい」と話す。

カナダのカルガリーでも、ホームレスのリスクを予知する上でAIが使われている。このプロジェクト開発を支援しているカルガリー大学のジェフリー・メシア氏は、ロサンゼルス郡の実験は事態を一変させる力を秘めていると評価。「ちょっとした分岐点になると期待している。助けを必要とする人々を特定する上で、機械学習が適切な役割を果たした初めての事例だ」と指摘した。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

独GDP改定、第1四半期は前期比+0.2% 速報と

ビジネス

テスラ上海工場、モデルY生産を2桁削減 需要低迷

ビジネス

ニデック、350億円の自己株取得枠 発行済み株式の

ビジネス

午後3時のドルは157円前半、3週ぶり高値圏で底堅
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決するとき

  • 2

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレドニアで非常事態が宣言されたか

  • 3

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」...ウクライナのドローンが突っ込む瞬間とみられる劇的映像

  • 4

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 5

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 6

    韓国は「移民国家」に向かうのか?

  • 7

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 8

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 9

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 10

    国公立大学の学費増を家庭に求めるのは筋違い

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 5

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 6

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 7

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 8

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 9

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 10

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 4

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 5

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 8

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 9

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中