最新記事
スキャンダル

タイの漁師にブラジルの砂丘、他にも... フィリピン観光PRの新映像、一部国外で撮影されていた

2023年7月10日(月)17時30分
青葉やまと
ボラカイ島のビーチ

コロナ禍前に観光客で賑わうボラカイ島のビーチ(2018年4月) Erik De Castro-REUTERS

<現地ブロガーが指摘し、世界的なスキャンダルに。制作会社が撮影地を確認しないまま、数々の映像素材をつなぎ込んでいた>

【動画】物議を醸し、すでに削除されたフィリピン観光省のプロモーション映像

フィリピン観光省が新たにスタートした観光キャンペーン「Love the Philippines」の公式プロモーション映像において、フィリピン国外の映像が多数含まれていることが判明した。英BBCによると、制作元の現地広告代理店が謝罪。フィリピン観光省は動画の公開を取り下げ、現在映像を精査している。

このキャンペーンは6月27日に同国観光省が始動したもので、動画はその一翼を担うはずだった。問題の動画は、フィリピンの自然や文化などの魅力を1分45秒ほどで足早に紹介している。それぞれ1〜2秒程度のごく短いショットを編集でつなぎ込み、現地の観光スポットや訪れた旅行客らがアクティビティに興じる様子を次々に映し出すスタイルだ。

動画ではフィリピンの伝統舞踊や食文化、そしてスキューバ・ダイビングなど、国内各地のスポットで撮影された映像素材がふんだんに使用されている。しかしながら、こうした本来の映像のあいだに混ぜ込むようにして、ブラジルの砂丘で行われたバギー走行のアクティビティや、インドネシアのバリ島の美しい棚田の空撮ショット、そしてスイスの空港に降り立つ旅客機の映像などを使用していた。

バリ島で撮影された棚田や、ブラジルを駆けるバギー

動画は開始とともに、日の出や波しぶきなどの抽象的な映像をめまぐるしく映し出す。フィリピンとみられる都市部の空撮映像を経て、16秒時点で棚田の空撮ショットに切り替わる。斜面に構える水の張った田に空が反射する、美しい光景だ。だが、これはインドネシアのバリ島の棚田だ。

さらに、3つの短いショットを挟んだ3秒後の19秒時点では、朝日または夕陽を背景に、シルエット姿の漁師が水面に投網を打つ印象的な映像が挿入されている。これもフィリピンではなく、タイで行われている漁業の様子を撮影したものだ。

このほか判明しているものだけで、スイスの空港での着陸シーン、場所は特定できないが明らかにフィリピンのものではないイルカのジャンプシーン、ブラジルの砂丘を駆けるバギー、アラブ首長国連邦の映像など、フィリピン国外で撮影された映像が随所に混入している。

11年ぶりの新キャンペーンに冷や水

AFP通信は、「AFPのファクトチェック・チームが分析したところ、動画にはブラジル、インドネシア、スイス、アラブ首長国連邦の場所が映っていた」と述べ、国外の映像が使用されていることは事実であると裏付けている。

この問題は動画公開からわずか5日後の7月2日、フィリピンのブロガーであるサス・ロガンド・サソット氏がFacebookへの投稿を通じて最初に指摘した。同日AFPがこれを取り上げ、CNNやBBCなど海外の主要報道機関が続いている。

在オーストラリア・フィリピン人向けのニュースサイト「フィルタイムス」によると、新キャンペーンはパンデミックの収束にタイミングを合わせる形で、過去に11年間使用されてきた「It's more fun in the Philippines(フィリピンならもっと楽しい)」キャンペーンを一新するものだったという。

【20%オフ】GOHHME 電気毛布 掛け敷き兼用【アマゾン タイムセール】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:メダリストも導入、広がる糖尿病用血糖モニ

ビジネス

アングル:中国で安売り店が躍進、近づく「日本型デフ

ビジネス

NY外為市場=ユーロ/ドル、週間で2カ月ぶり大幅安

ワールド

仏大統領「深刻な局面」と警告、総選挙で極右勝利なら
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「珍しい」とされる理由

  • 2

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 3

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開

  • 4

    米モデル、娘との水着ツーショット写真が「性的すぎ…

  • 5

    メーガン妃「ご愛用ブランド」がイギリス王室で愛さ…

  • 6

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 7

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 8

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 9

    ロシア軍の拠点に、ウクライナ軍FPVドローンが突入..…

  • 10

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃が妊娠発表後、初めて公の場…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 7

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中