最新記事

世界のニュース50

牛のゲップだけでなく、稲作も──「メタンガス削減」に挑む、ベトナムの農家たち

2023年5月26日(金)13時45分
高木由美子(本誌記者)

TOM...foto-shutterstock

<意外に知られていないのは、稲作で大量のメタンガスが発生すること。世界有数の稲作地帯メコンデルタのベトナムでは、稲わらを有効活用した対策が始まっている>

地球温暖化につながる温室効果ガスの1つ、メタンの発生源といえば、畜牛のげっぷがよく知られている。

だが意外に知られていないのが、稲作でも大量のメタンガスが発生していること。

水が張られた田はメタンが生成されやすく、収穫後に放置された稲わらからもメタンが発生し、稲わらを焼却処分することでもメタンや二酸化炭素などが放出される。水田からのメタンは、人為的なメタン排出の12%を占めている。

対策に立ち上がったのが、稲作地帯である東南アジア・メコンデルタのベトナムだ。稲わらを有効活用してキノコや有機肥料を生産して販売したり、田に常時水を張らない「間断灌漑(かんがい)」を採用したりといった活動が活発化している。

2021年には、30年までに20年比で世界のメタン排出量を30%削減するとした「グローバル・メタン・プレッジ」が発足した。

稲作の盛んなベトナムやインドネシアをはじめ100カ国以上が参加し(排出量が特に多い中国やインドなどは不参加)、メタン削減に世界の注目が集まる。

ベトナムの稲作農家にとっては、地球環境に貢献できるだけでなく、水のコスト削減や副生産物による臨時収入などにもつながっているようだ。

【44%オフ 27840円】スピンバイク Pro フィットネスバイク【Amazon タイムセール】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

編集部よりお知らせ

ニューズウィーク日本版「SDGsアワード」

2023年6月1日(木)11時30分
ニューズウィーク日本版編集部SDGs室

bee32-iStock.

「ニューズウィーク日本版」ではこれまで、雑誌やムック、ウェブサイトで国内外のSDGs事例や最新情報を発信してきました。

本文を読む
SDGs

「@Press」とニューズウィーク日本版が、SDGsの「発信戦略」を語る対談セミナーを6/13(火)開催!

2023年6月5日(月)09時22分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部
SDGsイメージ

metamorworks/iStock

<SDGsへの取り組みを進める企業が増えてきたなかで、課題となっているのが「周知の方法」です。今回、情報発信をテーマにセミナーを行うことになりました。>

本文を読む
農業

ウクライナ、反転攻勢への徴兵で経験豊富な働き手失う農業 種まきや収穫に試練

2023年5月15日(月)10時32分
ウクライナ中部チェルカースィ州キシチェンツィ近郊の農場

ウクライナ中部チェルカースィ州で大規模な農場と牧場を経営するオランダ出身のキース・ホイジンガさんは、過去20年間で数多くの試練に見舞われてきたが、ロシアの侵攻で予想もしていなかった新たな問題を突きつけられた。写真は同州キシチェンツィ近郊の農場で1日撮影(2023年 ロイター/Valentyn Ogirenko)

ウクライナ中部チェルカースィ州で大規模な農場と牧場を経営するオランダ出身のキース・ホイジンガさん(48)は、過去20年間で数多くの試練に見舞われてきたが、ロシアの侵攻で予想もしていなかった新たな問題を突きつけられた。

本文を読む
トラベル

大自然に抱かれる癒やしと安らぎの旅へ...一度は訪れたい世界の旅行先11選

Natural Healing Spots

2023年5月12日(金)12時30分
アイリーン・ファルケンバーグ・ハル、ニコール・ウェイクリン
カラハリ砂漠の南部にある「ツワル・カラハリ」

カラハリ砂漠の南部にある「ツワル・カラハリ」は南アフリカ最大の私有の野生生物保護区 TSWALU KALAHARI

<自然の治癒力で心と体を解放する旅に出よう>

本文を読む
建築

環境に優しく、かつてない形状も可能に...3Dプリンターで丸ごと組み立てた「未来の建築物」たち

3D-Printed Buildings

2023年5月11日(木)18時26分
ジェームズ・ローズ(テネシー大学スマート構造研究所所長)
3Dプリント技術で建てられたハウス・ゼロ

3Dプリント技術で高強度コンクリートと木を組み合わせた「ハウス・ゼロ」を実現 PHOTO BY CASEY DUNN-LAKE | FLATO ARCHITECTS

<低コストで無駄なくスピーディー、環境にも優しい。自然と融合する「3Dプリント建築」の魅力>

本文を読む

ニュース速報

ワールド

原油先物上昇、サウジの独自減産表明受け

ワールド

中国軍、台湾海峡と南シナ海で「攻撃性増大」 米がリ

ビジネス

米SEC、バイナンスCEOら提訴 ビットコイン3カ

ビジネス

米ISM非製造業指数、5月は50.3に鈍化 支払い

MAGAZINE

特集:最新予測 米大統領選

2023年6月13日号(6/ 6発売)

トランプ、デサンティス、ペンス......名乗りを上げる共和党候補。超高齢の現職バイデンは2024年に勝てるのか

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    敗訴ヘンリー王子、巨額「裁判費用」の悪夢...最大2000万ドルも 「Netflixで稼いだ金を全部つぎ込むようなもの」

  • 2

    キャサリン妃が「ピンクのドレス」2着に込めた、「友人夫婦」とヨルダンへの敬意

  • 3

    メーガン妃が「絶対に誰にも見られたくなかった写真」、不仲が続く父家族が公開した1枚

  • 4

    嵐で破壊された米クルーズ船の乗客が撮影...浸水する…

  • 5

    【ヨルダン王室】世界がうっとり、ラジワ皇太子妃の…

  • 6

    どんぶりを余裕で覆う14本足の巨大甲殻類、台北のラ…

  • 7

    広島G7サミットで日本が失ったものは何か

  • 8

    「白米はよくない」? 健康と環境の両面で知ったこと…

  • 9

    ロシアの「竜の歯」、ウクライナ「反転攻勢」を阻止…

  • 10

    米軍、日本企業にTNT火薬の調達を打診 ウクライナ向…

  • 1

    ロシアの「竜の歯」、ウクライナ「反転攻勢」を阻止できず...チャレンジャー2戦車があっさり突破する映像を公開

  • 2

    「日本ネット企業の雄」だった楽天は、なぜここまで追い込まれた? 迫る「決断の日」

  • 3

    【画像・閲覧注意】ワニ40匹に襲われた男、噛みちぎられて死亡...血まみれの現場

  • 4

    米軍、日本企業にTNT火薬の調達を打診 ウクライナ向…

  • 5

    62歳の医師が「ラーメンのスープを最後まで飲み干す」…

  • 6

    「ダライ・ラマは小児性愛者」 中国が流した「偽情報…

  • 7

    【ヨルダン王室】世界がうっとり、ラジワ皇太子妃の…

  • 8

    敗訴ヘンリー王子、巨額「裁判費用」の悪夢...最大20…

  • 9

    どんぶりを余裕で覆う14本足の巨大甲殻類、台北のラ…

  • 10

    ウクライナ側からの越境攻撃を撃退「装甲車4台破壊、戦…

  • 1

    【画像・閲覧注意】ワニ40匹に襲われた男、噛みちぎられて死亡...血まみれの現場

  • 2

    世界がくぎづけとなった、アン王女の麗人ぶり

  • 3

    カミラ妃の王冠から特大ダイヤが外されたことに、「触れてほしくない」理由とは?

  • 4

    F-16がロシアをビビらせる2つの理由──元英空軍司令官

  • 5

    「ぼったくり」「家族を連れていけない」わずか1年半…

  • 6

    築130年の住宅に引っ越したTikToker夫婦、3つの「隠…

  • 7

    歩きやすさ重視? カンヌ映画祭出席の米人気女優、…

  • 8

    「飼い主が許せない」「撮影せずに助けるべき...」巨…

  • 9

    日本発の「外来種」に世界が頭を抱えている

  • 10

    チャールズ国王戴冠式「招待客リスト」に掲載された…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中