最新記事

英王室

ヘンリーはやはり騎士道精神あふれる愛情深い王子...メーガンへの振る舞いに称賛の声

Prince Harry 'Prince Charming' Moments With Meghan Markle Caught on Camera

2023年3月31日(金)19時10分
ジェームズ・クロフォード=スミス

ヘンリー王子とメーガン妃(2022年7月) Brendan McDermid-Reuters

<夫妻の様子をまとめた動画には「ヘンリー王子は文字通りチャーミングな王子」とのキャプションが添えられている>

英ヘンリー王子による、妻のメーガン妃への「紳士の振る舞い」の様子をまとめた動画がネットで拡散され、「愛情深い」「素晴らしいカップル」といった賞賛の声が多く上がっている。

■【動画】騎士道精神と妻への愛に溢れたヘンリー王子の優しい振る舞い

このロイヤルカップルに対しては、昨年12月からネットフリックスで配信されている全6話のドキュメンタリー番組や、1月に出版されたヘンリー王子の自伝『スペア』など、メディアを使った数百万ドル規模のプロジェクトが始まって以来、ソーシャルメディアで関心が高まっている。

TikTokのユーザー「harryandmeghan_」が投稿したのは、結婚後に公の場に登場した際の2人の映像で、「ヘンリー王子は文字通りチャーミングな王子」とのキャプションが添えられている。これを見たユーザーからは、夫妻が人前で見せた愛情表現に賞賛の声が集まった。

「彼が繊細な花のように彼女を扱っているのが素敵! 騎士道精神をフルに発揮している」とあるユーザーはコメント。

別のユーザーも「彼の母親のように優しくて思慮深く、愛情深い」「自分のことのようにうれしい。素晴らしいカップルだ。彼らはお互いを理解しており、それが唯一大切なことだ」などとコメントしている。

動画は、ヘンリー王子がメーガン妃の「手を取ってエスコートする様子」を捉えた映像を集めたもので、その多くは、結婚後初の本格的な外遊で、フィジー、トンガ、オーストラリアなど南太平洋を歴訪した際のものだ。

夫妻にとって苦い記憶の海外歴訪

実はこの海外訪問は、その後の2人にとって重要な意味を持つことになったものだ。ヘンリー王子は、この歴訪を機に、彼の家族や英国のタブロイド紙によるメーガン妃を見る目が変わったと述べている。

2020年の電撃的な王室離脱後に夫妻が初めて行った暴露インタビューでは、ヘンリー王子は司会のオプラ・ウィンフリーに対し、家族から支持されていないと感じ、タブロイド紙からも攻撃されていると主張。この時の海外訪問で、メーガン妃が他の経験豊かな王族に勝る能力を示したことが原因ではないかと示唆した。

「私の父、兄、ケイト(キャサリン妃)、その他すべての家族は、(メーガン妃を)本当に歓迎していた」とヘンリー王子はウィンフリーに語った。しかし、オーストラリアや南太平洋を訪問した後、すっかり変わってしまった」

するとメーガン妃は、「アーチーの妊娠を発表した時で、あれは私たちの初めての外遊だった」と振り返った。

ヘンリー王子はさらに、「彼女(メーガン妃)が仕事の面でいかに優れているかを、家族が知った最初の機会でもあった」と述べ、「それが記憶を呼び起こした」と話した。

ネットフリックスの番組では、ヘンリー王子はこうも指摘している。「脇役であるべき人が結婚して、脚光を浴びたり、その仕事をするために生まれてきた人よりも優れていたりすると問題になる。人々を動揺させ、均衡を崩すのだ」

今回拡散されている動画には、2019年に開催された子供を支援するイベント「WE Day」や「ウェルチャイルド・アワード」で、ステージに上がった夫妻の姿も収められている。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

中国工業企業利益、1─4月は前年比20.6%減 需

ワールド

インド太平洋経済枠組み、供給網強化で合意 米主導で

ワールド

米債務上限引き上げ基本合意、31日に議会で採決へ

ワールド

アングル:米大学入試の「人種考慮」変わるか、最高裁

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:愛犬の心理学

2023年5月30日号(5/23発売)

アメリカ最新研究が明らかにするイヌの潜在的知力と飼い主へのホンネ

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【画像・閲覧注意】ワニ40匹に襲われた男、噛みちぎられて死亡...血まみれの現場

  • 2

    歩きやすさ重視? カンヌ映画祭出席の米人気女優、豪華ドレスからチラ見えした「場違い」な足元が話題に

  • 3

    韓国アシアナ機、飛行中に突然乗客がドアをこじ開けた!

  • 4

    F-16は、スペックで優るロシアのスホーイSu-35戦闘機…

  • 5

    ロシアはウクライナを武装解除するつもりで先進兵器…

  • 6

    「英語で毛布と言えないなら渡せない」 乗客差別と批…

  • 7

    ワニ40匹に襲われた男、噛みちぎられて死亡...血まみ…

  • 8

    【ヨルダン王室】ラーニア王妃「自慢の娘」がついに…

  • 9

    「ピンクのワンピース」に込めた、キャサリン妃の子…

  • 10

    大事な部分を「羽根」で隠しただけ...米若手女優、ほ…

  • 1

    「ぼったくり」「家族を連れていけない」わずか1年半で閉館のスター・ウォーズホテル、一体どれだけ高かったのか?

  • 2

    F-16がロシアをビビらせる2つの理由──元英空軍司令官

  • 3

    【画像・閲覧注意】ワニ40匹に襲われた男、噛みちぎられて死亡...血まみれの現場

  • 4

    築130年の住宅に引っ越したTikToker夫婦、3つの「隠…

  • 5

    歩きやすさ重視? カンヌ映画祭出席の米人気女優、…

  • 6

    ロシアはウクライナを武装解除するつもりで先進兵器…

  • 7

    韓国アシアナ機、飛行中に突然乗客がドアをこじ開けた…

  • 8

    おそろいコーデ、キャサリン妃の「頼れる姉」ソフィ…

  • 9

    ジャニー喜多川の性加害問題は日本人全員が「共犯者…

  • 10

    「英語で毛布と言えないなら渡せない」 乗客差別と批…

  • 1

    世界がくぎづけとなった、アン王女の麗人ぶり

  • 2

    「高い」「時代遅れ」 あれだけ騒がれた「メタバース」、早くもこんなに残念な状態に

  • 3

    カミラ妃の王冠から特大ダイヤが外されたことに、「触れてほしくない」理由とは?

  • 4

    「ぼったくり」「家族を連れていけない」わずか1年半…

  • 5

    F-16がロシアをビビらせる2つの理由──元英空軍司令官

  • 6

    【画像・閲覧注意】ワニ40匹に襲われた男、噛みちぎ…

  • 7

    築130年の住宅に引っ越したTikToker夫婦、3つの「隠…

  • 8

    日本発の「外来種」に世界が頭を抱えている

  • 9

    チャールズ国王戴冠式「招待客リスト」に掲載された…

  • 10

    「飼い主が許せない」「撮影せずに助けるべき...」巨…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中