最新記事

新型コロナウイルス

米感染拡大、アジア系住民がヘイト攻撃を恐れて銃器店に殺到

Asian Customers Are Buying Weapons Over Coronavirus Backlash Fears

2020年3月13日(金)13時15分
イワン・パーマー

在米のアジア系住民はヘイト攻撃の対象になることを恐れている(写真は台湾の観光施設) Tyrone Siu-REUTERS

<カリフォルニア、ワシントンの銃器店には通常の10倍のアジア系住民が銃を買い求めて来店>

新型コロナウイルスの感染拡大がアメリカでも深刻化する中、人種偏見による攻撃から身を守るために、多くのアジア系住民が銃を買い求めている。

ロサンゼルス近郊のサンガブリエルバレーで、銃器店「アルカディア・ファイアアーム&セイフティ」を経営するデビッド・リウは、店を訪れる客がここ数週間、普段の10倍になったと話している。

「まったくイカれている。3月3日と4日には、50人以上の客が来店して、(カリフォルニア州の)銃所持許可試験を受けて銃を買って行った。こんな小さな店では本当に異常なことだ」と、リウは本誌の取材に答えた。「どの客も、メディアが『アジア系、中国系は攻撃対象にされる』と言うので来ている」

昨年12月に中国・武漢で新型コロナウイルスの発生が確認されて以降、アメリカではすでに何人かのアジア系住民がヘイトクライム(憎悪犯罪)の対象になっている。

3月前半には、ニューヨークの地下鉄車内で、アジア系男性が他の乗客の男から消臭スプレーを吹きかけられた。男は「彼が私のすぐ隣に立っているからだ。離れろと言ってくれ」と叫び、ウイルスに空気感染するのを嫌がっている様子だった。

2月には、やはりニューヨークの地下鉄構内で、マスクを着けていたアジア系女性が暴行を受ける、ヘイトクライムと見られる犯罪が起きている。

「今こそ武器を手にするとき」

カリフォルニアの銃器店「アルカディア」は、アジア系アメリカ人が多く暮らす地域に店を構えている。

店の客の1人ダーク・チャンは、地元テレビ局の取材に、「(今が)まさに自分たちを守る武器を手にするときだ」と答え、以前だったら妻が銃を家には持ち込ませなかっただろう、と話した。「妻は、新型コロナウイルスの感染拡大を少々恐れている」

リウは、地元社会のパニックは、全米のいくつかの都市が感染拡大によって封鎖されるかもしれないというニュースが報じられるようになってさらにひどくなった、と話している。感染拡大に動揺しているのは、アジア系住民だけではない、と言う。

「銃の卸業者に確認したが、ほとんどの在庫が無くなっている。中華系だけでなく、アメリカ人全体が銃を買い込んでいる」と、リウは話している。「ほとんどの中華系住民は銃を持っていない。だから今、買っている」

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

焦点:鳥インフルの牛への感染広がる米ミシガン州、農

ワールド

北朝鮮の金氏、都市開発計画巡り高官ら処分 「無責任

ワールド

トランプ氏集会の犠牲者、銃弾から家族かばって死亡

ビジネス

英中銀は利下げを、インフレ再加速の可能性低い=ディ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 3
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然大きく揺れる機体を立て直す操縦士の映像が話題
  • 4
    シャーロット王女の的確なアドバイス...「ボスの風格…
  • 5
    タンポンに有害物質が含まれている...鉛やヒ素を研究…
  • 6
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 7
    トランプ氏「右耳上部を貫通」と投稿、演説中に銃撃.…
  • 8
    女優スキ・ウォーターハウス、出産後4カ月の紐ビキニ…
  • 9
    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…
  • 10
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 3
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 4
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレス…
  • 5
    ベルリンの上空に「ミステリーサークル」が現われた…
  • 6
    テネリフェ島で発見された70万年前のトカゲ化石、驚…
  • 7
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 8
    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…
  • 9
    ドネツク州でロシア戦闘車列への大規模攻撃...対戦車…
  • 10
    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 6
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中