最新記事

BOOKS

イバンカの実母、トランプ前妻イバナの笑える子育て本

Raising Trump

2017年11月7日(火)16時10分
ルース・グラハム

(左から)ドン・ジュニア、イバナ、イバンカ、エリック Ben Hider/GETTY IMAGES

<イバンカたちトランプの3人の子供を立派に育て上げた――前妻イバナが自画自賛本で語るセレブの非常識ライフ>

ドナルド・トランプ米大統領の最初の妻イバナ・トランプが子育て本を執筆中だと明かしたのは今年3月のこと。2番目、3番目の妻を口汚くこき下ろしたり、トランプとの結婚生活にまつわるおいしいエピソードを明かすだろうと、ゴシップ好きは色めき立った。

10月に刊行された新著『トランプ家の子育て(Raising Trump)』は、そんな期待にもちょっとだけ応える内容だ。イバナはトランプの2番目の妻であるマーラ・メイプルズを「ショーガール」呼ばわりし、自身の結婚生活が破綻した経緯も詳しく書いている。

刊行に合わせたインタビューで、イバナは自分がトランプの最初の妻だから「ファーストレディー」と呼ばれる資格があると主張。これには本物のファーストレディー、メラニアもむっとして、イバナの発言は「自己宣伝の騒音」だと切って捨てた。

そもそもイバナの本に「自己宣伝の騒音」以上のものを期待するのが無理な話。「こんなに素晴らしい子供たちを育てたのは私の功績と言っていい」と、イバナは序文で自画自賛している。「子供たちが大学を卒業するたびに、私は元夫に言った。『さあ完成品ができたわよ。後はあなたに任せるわ』と」

トランプの上の3人の子供たち、つまりドン・ジュニアことドナルド・トランプJr.とイバンカ、エリックのような「立派な人」をどう育てたのか、世の母親は知りたがっている――イバナはそう思っているようだが、大きな勘違いだ。甘やかされたセレブの母親が書いた育児本など誰が読む気になるだろう。

とはいえ、この本の一番のサプライズは離婚騒動の知られざる内幕ではない。驚くことにこの本は、ゴシップに興味がない人が読んでも十分楽しめる。

トランプと同じ価値観

最初の数章は、自身の出身国である共産主義時代のチェコスロバキアの現実を生々しく伝えている。タイツを手縫いした話や「コンクリートの箱」のような公営住宅の描写、何をするにも賄賂をせびられ、冬に備えてニンジンを砂に埋めて貯蔵するような困窮生活......。

「常にトップになるしか選択肢はなかった。たった1回のミスで一生浮かばれなくなる。それが紛れもない現実だった」と、イバナは書いている。「家族以外は誰も信用できなかった」

スキー選手になれたおかげで、イバナは鉄のカーテンの向こう側をのぞくチャンスをつかんだ。60年代のウィーンで、彼女は資本主義社会の豊かさに目を奪われ、自分もいつかきっと「ケーキとシャンパンとぴかぴかの新車と毛皮のコート」を手に入れるのだと心に誓った。

その夢がかなったのは周知のとおり。金髪美女のイバナは首都プラハからカナダに移住。ファッションモデルの仕事でニューヨークを訪れ、その晩トランプと出会う。トランプは彼女をスキー旅行に誘い、「僕と結婚しないと人生を棒に振ることになる」とプロポーズしたという。

イバナは共産圏のチェコの貧しさ同様、80年代のニューヨークのバブリーな生活も詳しくつづっている。かつてウィーンで毛皮のコートに魅せられた少女は、ニューヨークの有名な毛皮デザイナー、デニス・バッソのミューズとなり、ミンクのコートを着てマンハッタンでセレブ生活を満喫するようになった。

ニュース速報

ワールド

EU、制裁逃れ巡り一部の北朝鮮国民を渡航禁止などの

ワールド

中国、WTO加盟巡る米見解に反論 「米国こそ世界貿

ワールド

米下院がつなぎ予算を可決、政府機関再開へ

ビジネス

アングル:ドル急落の背景と今後の見通し

MAGAZINE

特集:科学技術大国 中国の野心

2018-1・30号(1/23発売)

豊富な資金力で先端科学をリードし始めた中国 独裁国家がテクノロジーを支配する世界

*雪による配送遅延について

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 2

    シリアで流行した皮膚が溶ける「奇病」のワクチン開発に光が!?

  • 3

    インドの女子大生がレイプ防止パンティを開発

  • 4

    「骨タイプのおやつ」で死亡する犬が急増 米政府機…

  • 5

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせ…

  • 6

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 7

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 8

    欧州初、ドイツで寄生虫の卵のサプリメントが合法的…

  • 9

    モランボン楽団団長、まるでメラニア夫人と韓国騒然

  • 10

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 1

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 2

    日本の2社しか作れない、世界の航空業界を左右する新素材

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 5

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせ…

  • 6

    子ども13人を劣悪な環境で監禁拷問した両親を逮捕 …

  • 7

    インドの女子大生がレイプ防止パンティを開発

  • 8

    シリアで流行した皮膚が溶ける「奇病」のワクチン開…

  • 9

    ウディ・アレン「小児性愛」疑惑を実の息子が告発

  • 10

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 1

    北朝鮮による電磁パルス攻撃の現実味

  • 2

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 3

    決断が日本より早い中国、でも「プチ大躍進」が悲劇を生んでいる

  • 4

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 5

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 6

    金正恩がアメリカを憎悪するもっともな理由

  • 7

    韓国大統領が中国で受けた、名ばかりの「国賓待遇」

  • 8

    南北会談で油断するな「アメリカは手遅れになる前に…

  • 9

    ビットコイン調整の陰で急騰する仮想通貨「リップル…

  • 10

    iPhoneXは期待外れ

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月