最新記事

北朝鮮情勢

北の核武装解除には米軍の地上侵攻必要 爆撃で済ませるための情報なく

2017年11月6日(月)18時45分
ジョン・ホルティワンガー

米ジョンズ・ホプキンズ大の北朝鮮分析サイト「38ノース」が発表した10月の報告書は、もし北朝鮮とアメリカの間で軍事衝突が起き、北朝鮮が韓国の首都ソウルと東京を核攻撃した場合、両都市で死者が最大210万人に上ると推計した。

米議会調査局が10月下旬に発表した別の報告書は、米朝戦争が起きた場合、通常兵器しか使用しない場合でも、最初の数日で最大30万人が死亡すると推計した。「朝鮮半島で軍事衝突がエスカレートすれば、韓国と北朝鮮で2500万人以上が戦闘の影響を受ける恐れがある。それには少なくとも10万人のアメリカ人も含まれる」

リューは北朝鮮との戦争だけでなく、戦後についても懸念する。

「戦争が終わった後の計画は白紙状態だ。難民発生に伴う人道危機にどう対処するのか。中国との関係はどうするのか」とリューは言う。「米朝戦争が終われば、韓国が北朝鮮の政権に取って代わることになる。その後も朝鮮半島には、米軍地上部隊を駐留させる必要があるはずだが、駐留期間はどうするのか。アフガニスタンでの米軍の駐留期間は16年に上るが、いまだに勝利していない。そのうえ、洗脳された北朝鮮軍まで相手にしなければならない」

米統合参謀本部議長室からの返事に対し、全員が退役軍人での人は連名で声明を発表した。

「我々は退役軍人として、戦争でアメリカを守り、今もアメリカの安全保障のために何でもする」「北朝鮮と地上戦に突入すれば、米軍部隊やアメリカの同盟国が破滅的な被害を受けることも分かっている。米統合参謀本部も我々と同じ見方だ。米軍の分析は、北朝鮮に対する望ましい軍事的選択肢など1つもない、という我々の見方が正しいことを裏付けている」

日韓の一般市民も危険

声明はそのうえで、もしアメリカが北朝鮮を地上侵攻すれば、米軍部隊だけでなく、韓国、日本、米領グアムの一般市民を含む数百万人が生命の危険にさらされると指摘する。

「アメリカが北朝鮮に対し軍事力行使に踏み切れば、どれほどの被害が及ぶのか、国民にきちんと説明すべきだ。」

声明は最後に、北朝鮮に対する「挑発的な」レトリックが米軍を危険にさらしているとし、口のきき方を改めるようドナルド・トランプ米大統領に要求した。さらに米議会に対しても、北朝鮮問題を慎重に議論するよう求めた。

リューはすでに、トランプの手を縛る行動に出た。民主党のエドワード・マーキー上院議員と共に今年1月、「議会が核兵器使用を含む戦線布告をしない限り」、大統領の先制核攻撃を禁止する法案を提出した。

トランプは11月3日、12日間の日程でアジア歴訪に出発した。大統領として初のアジア訪問で、日本を皮切りに韓国、中国、東南アジアなどを訪ねる。ホワイトハウスは、緊迫する北朝鮮情勢への対応をこの旅の最優先課題に掲げている。

(翻訳:河原里香)

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガリニューアル!
ご登録(無料)はこちらから=>>

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

マスク氏から寄付の計画聞かず、トランプ氏 巨額献金

ビジネス

FRB、7月利下げ観測一段と後退 9月開始 GDP

ビジネス

米新規失業保険申請、1万件減の23.5万件 予想以

ビジネス

ステランティス、上半期利益が40%減 減産・値下げ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに
  • 3
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 4
    【夏休み】お金を使わないのに、時間をつぶせる! 子…
  • 5
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 6
    年金財政は好転へ...将来は「年金増額」の可能性大な…
  • 7
    日本の若者はなぜ結婚をしなくなったのか? 「不本意…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    中国の一帯一路構想の象徴だった「フォレストシティ…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    【夏休み】お金を使わないのに、時間をつぶせる! 子…
  • 10
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 6
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 9
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 10
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中