最新記事

米海軍

なぜ米海軍は衝突事故を繰り返すのか

Why US Navy Warships Are Crashing Into Other Ships

2017年9月7日(木)20時00分
トム・カレンダー(米ヘリテージ財団シニアフェロー、軍事専門家)

伊豆半島沖でコンテナ船と衝突した米海軍のイージス艦「フィッツジェラルド」(6月18日) Toru Hanai- REUTERS

<8か月で4件のワースト記録、しかもすべてが横須賀を拠点とする第7艦隊に所属する船ばかり。いったい何が起こっているのか>

米海軍はここ2カ月半、平時に航行中だった洋上艦の衝突事故が相次いだ。過去41年間で最悪だ。

6月の米イージス艦「フィッツジェラルド」と8月のイージス駆逐艦「ジョン・S・マケイン」(以降、マケイン)は、いずれも太平洋西部で通常の「単独航行」を実施中に民間船舶と衝突し、乗組員17人が死亡した。

それだけではない。2月には米海軍のイージス巡洋艦「アンティータム」が横須賀市沖で座礁、5月にはミサイル巡洋艦「レイク・シャンプレイン」が日本の公海上で韓国漁船と衝突していた。8カ月の間にこれだけ事故が相次げば、米海軍の洋上艦の即応力や運用能力を疑問視する声が上がるのも当然だ。

【参考記事】米駆逐艦衝突、艦隊一時停止で太平洋での防衛が手薄に

さらに気がかりなのは、事故を起こしたすべての艦船が、神奈川県の横須賀基地に拠点を置く前方展開海軍部隊(FDNF)、第7艦隊に所属していたことだ。

マケインの衝突事故を受け、米海軍は即座に3つの対応を取った。

■事故原因や安全性を確認するため、世界各地に展開する全艦隊に24時間の「運用停止」を指示した

■60日以内に洋上艦隊の運用や訓練、人員、装備を包括的に見直し、とくに事故を起こした第7艦隊に対して徹底検証するよう指示した

■第7艦隊のジョセフ・アーコイン司令官を、統率力に疑問が生じたとして解任した

真摯な対応だが、これで十分とは言いがたい。

アメリカ国民の多くは、なぜ「世界最高の海軍」が基本的な操船や航行でこれほどひどい事故を繰り返すのか、理解できずにいる。GPS(全地球測位システム)やレーダーなど新型技術を搭載した駆逐艦なら、簡単に衝突を避けられるはずではないか。

【参考記事】トランプ政権の最後のとりでは3人の「将軍たち」

だが海軍、とくに第7艦隊には、事故を起こしそうな兆候がたくさんある。

「基本中の基本だった」

海軍上層部は、艦隊の即応力が低下していると繰り返し警告してきた。米議会や海軍が作った複数の報告書も、海上任務の長期化や、訓練不足、兵士の過労、メンテナンスの遅れについて警告している。

海軍による事故調査で、衝突を起こしたマケインやフィッツジェラルドの乗組員に業務上の過失が見つかるのは間違いない。だが、第7艦隊そのものを徹底的に調査しない限り、艦隊が弱っている本当の原因は明らかにならないだろう。

海軍上層部による報告書や警告は、主に国防予算の削減による艦船の老朽化を問題視してきた。だが事故が多発する最大の原因は、基本的な操船や航行をこなせる乗組員が減ったことだ。

米海軍太平洋艦隊のスコット・スウィフト司令官は事故当時の状況について、「基本運用の基本」だったと言った。なぜ海軍はそんな状況で衝突事故を起こすほど落ちぶれたのか。

【参考記事】「トランプ大統領が命令すれば、米軍は中国を核攻撃する」米太平洋艦隊司令官

ニュース速報

ワールド

北朝鮮、板門店の警備兵を交代=聯合ニュース

ビジネス

日経平均は3日続伸、物色意欲が強く安寄り後切り返す

ワールド

アイルランド、政権崩壊の危機 12月のEUサミット

ビジネス

ファミマがコインランドリー事業に参入、20年2月末

MAGAZINE

特集:北朝鮮の歴史

2017-11・28号(11/21発売)

核・ミサイル開発に日本人拉致問題、テロ活動...... 不可解過ぎる「金王朝」を歴史で読み解く

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮の金正恩指導部に亀裂? 最側近の軍司令官を処罰

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 3

    東日本大震災の瓦礫に乗って、外来種がやって来た

  • 4

    「筋トレは、がんによる死亡リスクを31%下げる」と…

  • 5

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 6

    北朝鮮、亡命の兵士を追って軍事境界線を越境してい…

  • 7

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 8

    ジャーマンシェパード2頭に1頭が安楽死 見た目重視…

  • 9

    もう体に合わないことはない! ZOZO、採寸用ボディ…

  • 10

    NYは毒入りリンゴ? 子ども5400人が鉛中毒に

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 3

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は慎重に

  • 4

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 5

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 6

    飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

  • 7

    北朝鮮の金正恩指導部に亀裂? 最側近の軍司令官を処罰

  • 8

    東日本大震災の瓦礫に乗って、外来種がやって来た

  • 9

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 10

    「筋トレは、がんによる死亡リスクを31%下げる」と…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮の電磁パルス攻撃で「アメリカ国民90%死亡」――専門家が警告

  • 3

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 4

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 5

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 6

    人はロボットともセックスしたい──報告書

  • 7

    北朝鮮経済の「心臓」を病んだ金正恩─電力不足で節約…

  • 8

    トランプは宣戦布告もせず北朝鮮を攻撃しかねない

  • 9

    北朝鮮危機「アメリカには安倍晋三が必要だ」

  • 10

    「トランプ歓迎会に元慰安婦」の陰に中国?

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月