最新記事

イスラム過激派

ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

2017年9月14日(木)17時36分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

テレビを見るウサマ・ビンラディンを撮影した映像より(2010年) REUTERS/Pentagon/Handout

<2011年の殺害から6年。アルカイダの指導者ウサマ・ビンラディンの隠れ家からの押収物をCIAが近々に公表する予定だが、"あれ"だけは公にしないとCIA長官が語った。新しい話でもない「ビンラディンのポルノ」が、なぜまた話題になるのか>

9.11同時多発テロを指揮したアルカイダの指導者ウサマ・ビンラディンの「隠しポルノ」の数々を、CIA(中央情報局)は開示しない――2001年の9.11テロから16周年を迎えた9月11日、マイク・ポンペオCIA長官はFOXニュースのインタビューにそう語った。

ポンペオは、2011年5月に米海軍特殊部隊がパキスタンでビンラディンを殺害した際に潜伏先の隠れ家から押収した膨大な書類や手紙などを、これから「数週間のうちに」公表すると宣言。一方で、押収した物のうち、ポルノ類だけは公にしないと明言したのだ。

ポンペオが「(押収品の中には)ポルノや著作権で保護された物もある」と語ったニュースは、9.11に哀悼の意を捧げるアメリカではいささか異様に響いた。

ビンラディンの隠れ家からポルノが見つかった、という話は、何も新しいニュースではない。第一報が出たのは、2011年5月2日にビンラディンが殺害された直後の5月13日。ロイター通信が匿名の米政府高官の話を元に、パキスタン北部アボタバードの隠れ家からポルノが発見され、これらは「現代的で電子的に録画されたビデオであり、かなり広範囲に及ぶ」とスクープした。

しかしこの高官は、「ビンラディン自身がこれらを入手したり観たりしていたかどうかは分からない」ともコメント。ビンラディンの所有物かどうか分からないまま、2015年にはネットメディアのBroBibleがCIAに対して情報公開法を盾に公開を請求していたが、「CIAは節度を欠いた物を送ることを連邦法で禁じられている」という理由で却下されていた。

【参考記事】イスラム過激派のポルノ観賞を監視せよ

アルカイダ支持者を幻滅させるのが狙い

ではなぜ今、ポンペオがビンラディンのポルノに改めて触れ、そしてそれが大きなニュースになるのか。

これまでの報道によれば、隠れ家から押収された物の中には、携帯電話10個や12台近くのパソコン、約100枚のディスクにUSBメモリ、武器や紙の文書が含まれていたという。ある国防総省高官はこれらの押収品について、ニューヨーク・ポスト紙に「高位のテロリストから一度に押収した物としては最多だ」と語っている。

そんななか、テロの情報解析に役立つかもしれない情報が公開されることへの期待よりも、「ビンラディンのポルノ」がニュースの見出しを飾る。

その理由は、人々の関心がそちらにあるという現実が1つある(ビンラディンの趣味嗜好を覗き見したいという需要が一定層あるのだろう)。

他方で、米政府側がポルノに言及したがる理由はおそらく、「ビンラディンがポルノを観ていた(かもしれない)」という言説を流布することによって、アルカイダに共鳴する支持者たちを幻滅させることが目的だろう。イスラム教ではポルノは厳禁であり、ポルノ文化はビンラディンが批判してきた欧米文化の最たるものであるはずだからだ。

【参考記事】「選ばれし者」アルカイダの次期指導者はハムザ・ビンラディンで決まり?

ニュース速報

ワールド

北朝鮮大使、米韓軍事演習続く限り交渉しないと言明

ビジネス

焦点:中国金融機関の外資規制緩和、早期活用は厳しい

ワールド

特別リポート:サウジ「王室分裂」の裏側、汚職口実に

ビジネス

中国人民銀、穏健で中立的な金融政策を維持へ=四半期

MAGAZINE

特集:ビットコイン 可能性と危険性

2017-11・21号(11/14発売)

高騰を続け、今や1000種類以上に増えた仮想通貨 未来を変え得る新技術のリスクとメリットを真剣に考える

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 3

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は慎重に

  • 4

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 5

    飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

  • 6

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 7

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 8

    絶滅したマンモスがクローンでよみがえる

  • 9

    女性が怯えて生きるインドのおぞましい現実

  • 10

    核攻撃にはトランプの一存と5分があればいい

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    「セックスしている子もいるけど私はしたくない」 アメリカの女子大生に浸透するパパ活とは

  • 4

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 5

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は…

  • 6

    【韓国侵攻】北朝鮮軍は数で米韓軍を圧倒する

  • 7

    体臭とセックスアピールの意外な関係

  • 8

    飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

  • 9

    日中首脳会談、習近平はなぜ笑顔だったのか

  • 10

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮の電磁パルス攻撃で「アメリカ国民90%死亡」――専門家が警告

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 5

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 6

    人はロボットともセックスしたい──報告書

  • 7

    北朝鮮経済の「心臓」を病んだ金正恩─電力不足で節約…

  • 8

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過…

  • 9

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料ま…

  • 10

    トランプは宣戦布告もせず北朝鮮を攻撃しかねない

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月