最新記事

テクノロジー

魔法のグローブが手話を「翻訳」する

This Magic Glove

2017年8月9日(水)11時30分
ティム・マーシン

手話のアルファベットをテキストに変換する Kimberrywood-Digittalvision Vectors/GETTY IMAGES

<ジェスチャーの解読はお手の物。低コストで高機能なスマートグローブがゲームや医療分野にVR革命をもたらす>

まるで魔法を見ているようだ。グローブをはめた手がアメリカ手話の指文字でアルファベットをつづると、それがテキストに翻訳されていく。「U−C−S−D」――カリフォルニア大学サンディエゴ校。同校の研究者たちこそ、このグローブの生みの親だ。

彼らは市販の柔軟性のある電子部品を使い、100ドル未満でグローブを製作した。アルファベット26文字の指文字を判別してテキスト化し、スマートフォンやコンピューターにワイヤレス送信できる。

カギは、革製のグローブ(野球の打者がはめるものにそっくりだ)の指の背側に搭載された9本のセンサー。素材を変えて何カ月も実験し、膨大な時間を費やして指文字をつづった末に、研究チームは理想の素材を突き止めた。ゴムとカーボンナノ粒子を混ぜたものだ。

magt170809-glove02.jpg

グローブには指の動きを感知するセンサーが9個装着されている Timothy O'connor/UC San Diego Jacobs School of Engineering/GETTY IMAGES

センサーは非常に薄く伸縮性があるので、グローブをはめても違和感がないという。指の屈伸をセンサーが探知して、電気抵抗を変化させ(伸ばすと「1」、曲げると「0」)、各アルファベットに対応する9桁のコードを生成する。コードは手の甲の部分に搭載されたマイクロプロセッサーによって文字に変換され、ブルートゥース接続でアプリやコンピューターに送信される。

難題は動きを含む文字をどうやって読み取るか。例えば、iは握りこぶしを作る要領で折り曲げた指の上に親指をかぶせ、小指を立てる。一方、その状態から手首を下に向けて右に回せばjになる。

こうした手の動きを判別するため、研究チームは加速度センサーを追加した。iPhoneに搭載されていて端末の傾きを検知するセンサーだ。

【参考記事】安全な治療室の中、VRで恐怖と向き合う最新の不安障害治療

研究チームによれば、ジェスチャー認識はこのグローブが持つ可能性の1つにすぎない。「究極の目標はバーチャルリアリティー(VR)に使えるスマートグローブだ」と、研究チームは声明で述べている。「ジョイスティックなど既存のコントローラーよりはるかに直感的に使える。ゲームや娯楽にも有用だが、それ以上に医療のバーチャルトレーニングなどにもってこいだ。手の使い方を実際にシミュレーションできればプラスになる」

手の動きを正確に追えればVRでモノを操作しやすくなる。ロボットハンドやバーチャルハンドを操作し、感触を手にフィードバックする新バージョンも開発中だという。まさに、かゆいところに手が届く夢の技術だ。

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガリニューアル!
 ご登録(無料)はこちらから=>>

[2017年8月 8日号掲載]

ニュース速報

ワールド

トランプ氏がイエレンFRB議長と会談、来週にも人事

ワールド

メイ英首相、EU首脳に離脱交渉の進展求める

ビジネス

寄り付きの日経平均は反落、円安一服で外需大型株に利

ビジネス

アップル株、iPhone8需要低迷を投資家が懸念

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 2

    iPhone8はなぜ売れないのか

  • 3

    トランプ、金正恩の斬首部隊を韓国へ 北朝鮮に加え中国にも圧力か?

  • 4

    自分を捨てた父親を探したら、殺人鬼だった

  • 5

    NYの電車内で iPhoneの「AirDrop」を使った迷惑行為…

  • 6

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 7

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 8

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 9

    iPhoneはなぜ割れるのか?<iPhone 10周年>

  • 10

    もし第3次世界大戦が起こったら

  • 1

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 2

    イージス艦事故の黒幕は北朝鮮か? 最強の軍艦の思わぬ弱点

  • 3

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 4

    トランプ、金正恩の斬首部隊を韓国へ 北朝鮮に加え…

  • 5

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 6

    iPhone8はなぜ売れないのか

  • 7

    NYの電車内で iPhoneの「AirDrop」を使った迷惑行為…

  • 8

    石平「中国『崩壊』とは言ってない。予言したことも…

  • 9

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 10

    自分を捨てた父親を探したら、殺人鬼だった

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 9

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 10

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月