最新記事

AI

ウォール街を襲うAIリストラの嵐

Goldman Sacked

2017年8月3日(木)17時00分
ケビン・メイニー

Pretty Vectors/GETTY IMAGES

<トレーダーを襲う没落の危機、優秀な人材の過度な集中を是正する効果も>

AI時代の到来で職を失いつつあるのは工場労働者やトラック運転手だけではない。それ以上に差し迫った危機に直面しているのはウォール街のトレーダーやファンドマネジャーだ。強欲な連中が没落するなら、AI大歓迎だと言う向きもいるだろう。

市場予測の精度でも取引実績でも、AIは人間より優秀だ。当然、証券大手やヘッジファンドはこぞってAI化を進めている。導入は数年前からじわじわ進んできたが、ここに来て一気に加速したと、テクノロジー専門家のマーク・ミネビッチは指摘する。「(AI革命は)ウォール街の魂を直撃し、ニューヨークの街全体を変えるだろう」

調査会社ユーリカヘッジによると、AIを導入した23社のヘッジファンドは軒並み運用実績が高いという。「意識的にせよ無意識にせよ、人間が持つ偏見や感情」が投資判断を曇らせると、アップルの音声アシスタント機能Siri(シリ)の開発に携わったババク・ホジャットは言う。

アメリカの上位12社の投資銀行のセールス、トレーディング、調査部門の人員の年収は平均50万ドル。年収数百万ドルのトレーダーも珍しくない。年収100万ドルとすれば、時給は大体500ドルだ。ファストフードチェーンが時給8ドルの従業員の代わりにロボットを導入するなら、投資銀行がAIを導入したくなるのも無理はない。

【参考記事】AIを使えば、かなりの精度で自殺を予測できる

いい例がゴールドマン・サックスだ。00年にニューヨーク本社の現物株式取引部門に配属されていたトレーダーは600人だったが、今ではわずか2人。しかもAIの導入が進むのはこれからだ。「10年後にはゴールドマン・サックスは人員数で今よりずっと小さな会社になっているだろう」と、市況分析ツール開発会社ケンショーのダニエル・ナドラーCEOは言う。

トレーダーの没落を「いい気味だ」とせせら笑うわけにはいかない。とばっちりは広範囲に及ぶ。例えばニューヨーク市内や近郊の高級住宅の買い手は減るだろうし、高級ブランドのスーツや超高級食材も売れなくなる。

ニュース速報

ワールド

ペンス米副大統領、南米諸国に北朝鮮との関係断絶を要

ビジネス

NAFTA再交渉開始、米国「微修正では済まない」と

ビジネス

英EU離脱、大半企業は現時点で戦略変更なし=調査

ビジネス

貿易収支、7月は4188億円の黒字 米向け自動車輸

MAGAZINE

特集:2050 日本の未来予想図

2017-8・15号(8/ 8発売)

国民の40%が65歳以上の高齢者になる2050年のニッポン。迫り来る「人口大減少」はこの国の姿をどう変える?

※次号8/29号は8/22(火)発売となります。

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コントロール法

  • 2

    北の譲歩は中国の中朝軍事同盟に関する威嚇が原因

  • 3

    英グラビアモデルを誘拐した闇の犯罪集団「ブラック・デス」とは何者か

  • 4

    韓国の文大統領、北朝鮮と米国の対立緊迫化で外交に…

  • 5

    軍入隊希望が殺到? 金正恩「核の脅し」の過剰演出…

  • 6

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 7

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 8

    北朝鮮の金正恩、軍からグアム攻撃計画受ける 決定…

  • 9

    米軍に解放されたISの人質が味わった地獄

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 1

    北朝鮮、グアム攻撃計画8月中旬までに策定 島根・広島・高知通過を予告

  • 2

    米朝舌戦の結末に対して、中国がカードを握ってしまった

  • 3

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コントロール法

  • 4

    軍入隊希望が殺到? 金正恩「核の脅し」の過剰演出…

  • 5

    英グラビアモデルを誘拐した闇の犯罪集団「ブラック…

  • 6

    北の譲歩は中国の中朝軍事同盟に関する威嚇が原因

  • 7

    トランプ「軍事解決の準備完全」、北朝鮮「核戦争の…

  • 8

    核攻撃を生き残る方法(実際にはほとんど不可能)

  • 9

    北朝鮮巡る軍事衝突のリスク非常に高い、ロシアは回…

  • 10

    海外旅行格差から見える日本社会の深い分断

  • 1

    マライア・キャリー、激太り120キロでも気にしない!?

  • 2

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 3

    日本の先進国陥落は間近、人口減少を前に成功体験を捨てよ

  • 4

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 5

    北朝鮮、グアム攻撃計画8月中旬までに策定 島根・広…

  • 6

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 7

    米朝舌戦の結末に対して、中国がカードを握ってしま…

  • 8

    対北朝鮮「戦争」までのタイムテーブル 時間ととも…

  • 9

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コ…

  • 10

    軍入隊希望が殺到? 金正恩「核の脅し」の過剰演出…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月