最新記事

米大統領

トランプ最大の試練か マクロンとの高級ディナーは悪夢

Donald Trump's Odd Diet Could Be Tested at Macron Dinner Featuring Lobster, Caviar

2017年7月11日(火)19時28分
ティム・マーシン

ハンバーガー好きで知られるトランプ Lucas Jackson-REUTERS

<偏食で階段恐怖症のトランプにとって至上最悪のディナーになるかもしれない...>

エッフェル塔の上層のレストランで、最高のシェフが手掛ける素晴らしいコース料理を待ちながら階下に目を向ければ、街の明かりが瞬く――まるで夢のような話だ。

これは14日のフランス革命記念日の祝賀式典に参加するためにパリを訪れる予定の、ドナルド・トランプ米大統領が体験するであろうディナーだが、トランプにとって悪夢になる可能性がある。

ニューヨーク・タイムズのホワイトハウス特派員でトランプに関する報道で知られるマギー・ハーバーマン記者は10日、トランプとエマニュエル・マクロン仏大統領のこの夕食会について「トランプにとって楽しいわけがない」とツイッターに投稿した。

トランプにとって夕食会が辛くなる理由はたくさんある。まず、食事を共にするマクロンとの関係が良くないこと。トランプは、フランス大統領選でマクロンの対抗馬だった極右政党「国民戦線」(FN)のマリーヌ・ルペン党首をはっきりと称賛していた。さらに、温暖化対策の国際ルール「パリ協定」から抜けた。(報道によればこの食事会は、マクロンからトランプに協定脱退を考え直すよう説得できるチャンスだ)。

しかし問題は、食事そのものかもしれない。エッフェル塔の上層にあるお洒落なレストランでは、文字通りのお洒落な料理が並ぶ。一部報道によると、木曜の夕食会の間は一般の入場は制限されるという。地元週刊誌パリ・マッチによると、レストランは、世界的に有名なシェフのアラン・デュカスがプロデュースする1つ星の「ル ジュール ヴェルヌ」で、価格帯は約260ドル(約3万円)。ロブスターとキャビアが登場するだろうと言われ、ワシントン・ポスト紙も同レストランのお勧めメニューは、「caviar-laden golden potatoes from Noirmoutier(キャビア盛り、ノワールムティエ産のジャガイモとともに)」だと伝えている。

【参考記事】トランプ訪仏でマクロンと握手対決再び、リベンジへの秘策

外遊先でも「良く焼いたステーキのケチャップ大盛り」

これはトランプにとって試練になる可能性が高い。偏食で知られるトランプの好物は、トマトケチャップをたっぷりかけた良く焼いたステーキにダイエット・コーラ。そして特にマクドナルドやケンタッキーといった大量のファストフード、ミートローフ(減量手術を受けたニュージャージー州のクリス・クリスティ知事に同じメニューを注文させたことを同知事が告白している)が大好きだ。もちろん、メラニア夫人の手料理も。トランプはかつて「メラニアは想像力が豊か」で、「スパゲッティもミートソースも手作りする」とニューヨーク・タイムズに語った。

もしトランプの口に合わない食事が出てきたとしても、5月に訪問したサウジアラビアでは様々な調整の結果、大好きなステーキとケチャップにありつくことができた。

しかし問題はもうひとつ。

トランプは急な階段が苦手だ。今年1月にテレサ・メイ英首相と手を繋いで歩く姿が報じられ、BBCに階段や傾斜に対して恐怖を感じる「階段恐怖症」だと指摘されている。同じく訪問先のイスラエルでケーブルカーに乗るのを拒否したこともある。

地上125メートルの高さにあるレストランに登っていくエレベーターは、トランプの恐怖心を目覚めさせるかもしれない。

【参考記事】初外遊の憂鬱、トランプはアメリカ料理しか食べられない!
【参考記事】トランプは金正恩とハンバーガーを食べるのか?

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガリニューアル!
ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ビジネス

ECB、来週の理事会で資産買い入れのガイダンス維持

ビジネス

2017年の独経常黒字は2870億ドル、2年連続で

ワールド

英国がEU離脱撤回なら歓迎、方針変更は依然可能=E

ワールド

シンガポールとの鉄道プロジェクト、政治で脱線せず=

MAGAZINE

特集:トランプ暴露本 政権崩壊の序章

2018-1・23号(1/16発売)

政権崩壊の序章」予想を超えて米政治を揺さぶるトランプ暴露本──。明かされた大統領の「難点」は政権崩壊の引き金となるか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    インドの女子大生がレイプ防止パンティを開発

  • 3

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワンを予想

  • 4

    金正恩が背負う金王朝の異常性

  • 5

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 6

    「休みたいから診断書をください」--現役精神科医「…

  • 7

    【セックスロボット】数年以内に「初体験の相手」と…

  • 8

    今度の性被害者は男性モデル!ヴォーグ誌が著名写真…

  • 9

    年内にも発売されるセックスロボット、英研究者が禁…

  • 10

  • 1

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 2

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 3

    南北会談で油断するな「アメリカは手遅れになる前に北を空爆せよ」

  • 4

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 5

    「アルツハイマー病は脳だけに起因する病気ではない…

  • 6

    「筋トレは、がんによる死亡リスクを31%下げる」と…

  • 7

    イルカの聴力さえ奪う魚のセックス大騒音

  • 8

    「無理なハゲ治療」 ついに明かされたトランプヘア…

  • 9

    犬のうんちで方角が分かる? 犬は南北に体を向けて…

  • 10

    子供の運動能力から超常現象好きまで 指の長さで分…

  • 1

    米国防総省の極秘調査から出てきたUFO映像

  • 2

    朝鮮半島で戦争が起きれば、中国とロシアはアメリカの敵になる

  • 3

    北朝鮮による電磁パルス攻撃の現実味

  • 4

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 5

    決断が日本より早い中国、でも「プチ大躍進」が悲劇…

  • 6

    韓国大統領が中国で受けた、名ばかりの「国賓待遇」

  • 7

    金正恩がアメリカを憎悪するもっともな理由

  • 8

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 9

    中国当局、韓国への団体旅行を再び禁止 「禁韓令」…

  • 10

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月