最新記事

米大統領

トランプ最大の試練か マクロンとの高級ディナーは悪夢

Donald Trump's Odd Diet Could Be Tested at Macron Dinner Featuring Lobster, Caviar

2017年7月11日(火)19時28分
ティム・マーシン

ハンバーガー好きで知られるトランプ Lucas Jackson-REUTERS

<偏食で階段恐怖症のトランプにとって至上最悪のディナーになるかもしれない...>

エッフェル塔の上層のレストランで、最高のシェフが手掛ける素晴らしいコース料理を待ちながら階下に目を向ければ、街の明かりが瞬く――まるで夢のような話だ。

これは14日のフランス革命記念日の祝賀式典に参加するためにパリを訪れる予定の、ドナルド・トランプ米大統領が体験するであろうディナーだが、トランプにとって悪夢になる可能性がある。

ニューヨーク・タイムズのホワイトハウス特派員でトランプに関する報道で知られるマギー・ハーバーマン記者は10日、トランプとエマニュエル・マクロン仏大統領のこの夕食会について「トランプにとって楽しいわけがない」とツイッターに投稿した。

トランプにとって夕食会が辛くなる理由はたくさんある。まず、食事を共にするマクロンとの関係が良くないこと。トランプは、フランス大統領選でマクロンの対抗馬だった極右政党「国民戦線」(FN)のマリーヌ・ルペン党首をはっきりと称賛していた。さらに、温暖化対策の国際ルール「パリ協定」から抜けた。(報道によればこの食事会は、マクロンからトランプに協定脱退を考え直すよう説得できるチャンスだ)。

しかし問題は、食事そのものかもしれない。エッフェル塔の上層にあるお洒落なレストランでは、文字通りのお洒落な料理が並ぶ。一部報道によると、木曜の夕食会の間は一般の入場は制限されるという。地元週刊誌パリ・マッチによると、レストランは、世界的に有名なシェフのアラン・デュカスがプロデュースする1つ星の「ル ジュール ヴェルヌ」で、価格帯は約260ドル(約3万円)。ロブスターとキャビアが登場するだろうと言われ、ワシントン・ポスト紙も同レストランのお勧めメニューは、「caviar-laden golden potatoes from Noirmoutier(キャビア盛り、ノワールムティエ産のジャガイモとともに)」だと伝えている。

【参考記事】トランプ訪仏でマクロンと握手対決再び、リベンジへの秘策

外遊先でも「良く焼いたステーキのケチャップ大盛り」

これはトランプにとって試練になる可能性が高い。偏食で知られるトランプの好物は、トマトケチャップをたっぷりかけた良く焼いたステーキにダイエット・コーラ。そして特にマクドナルドやケンタッキーといった大量のファストフード、ミートローフ(減量手術を受けたニュージャージー州のクリス・クリスティ知事に同じメニューを注文させたことを同知事が告白している)が大好きだ。もちろん、メラニア夫人の手料理も。トランプはかつて「メラニアは想像力が豊か」で、「スパゲッティもミートソースも手作りする」とニューヨーク・タイムズに語った。

もしトランプの口に合わない食事が出てきたとしても、5月に訪問したサウジアラビアでは様々な調整の結果、大好きなステーキとケチャップにありつくことができた。

しかし問題はもうひとつ。

トランプは急な階段が苦手だ。今年1月にテレサ・メイ英首相と手を繋いで歩く姿が報じられ、BBCに階段や傾斜に対して恐怖を感じる「階段恐怖症」だと指摘されている。同じく訪問先のイスラエルでケーブルカーに乗るのを拒否したこともある。

地上125メートルの高さにあるレストランに登っていくエレベーターは、トランプの恐怖心を目覚めさせるかもしれない。

【参考記事】初外遊の憂鬱、トランプはアメリカ料理しか食べられない!
【参考記事】トランプは金正恩とハンバーガーを食べるのか?

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガリニューアル!
ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ビジネス

中国人民銀、穏健で中立的な金融政策を維持へ=四半期

ビジネス

米10月住宅着工13.7%増、1年ぶり高水準

ビジネス

東芝、6000億円の第三者割当増資で最終調整 全額

ビジネス

トヨタとスズキ、インドで20年ごろEV投入へ 提携

MAGAZINE

特集:ビットコイン 可能性と危険性

2017-11・21号(11/14発売)

高騰を続け、今や1000種類以上に増えた仮想通貨 未来を変え得る新技術のリスクとメリットを真剣に考える

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は慎重に

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

  • 5

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 6

    子供を叩かないで! 体罰の影響を科学的に研究 

  • 7

    「ネコとの生活が小児喘息の発症リスクを軽減する」…

  • 8

    絶滅したマンモスがクローンでよみがえる

  • 9

    核攻撃にはトランプの一存と5分があればいい

  • 10

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    「セックスしている子もいるけど私はしたくない」 アメリカの女子大生に浸透するパパ活とは

  • 4

    【韓国侵攻】北朝鮮軍は数で米韓軍を圧倒する

  • 5

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は…

  • 6

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 7

    体臭とセックスアピールの意外な関係

  • 8

    日中首脳会談、習近平はなぜ笑顔だったのか

  • 9

    米空母3隻と自衛隊が共同訓練、米軍の士気高い

  • 10

    飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮の電磁パルス攻撃で「アメリカ国民90%死亡」――専門家が警告

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 5

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 6

    人はロボットともセックスしたい──報告書

  • 7

    北朝鮮経済の「心臓」を病んだ金正恩─電力不足で節約…

  • 8

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過…

  • 9

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料ま…

  • 10

    トランプは宣戦布告もせず北朝鮮を攻撃しかねない

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月